最近、嫁とちょっとアブノーマルなプレイに走るようになった。
嫁の有美は今年34歳になる。
早くに子供を作ったので、子供はもう中学生だ。
息子が少し親離れしてきた今、二人で過ごす時間が増えた。
子供が生まれて以来、すっかりと少なくなっていたセックスも、最近は恋人同士だった頃のように増えていた。

有美は、夫の私が言うのもアレだけど美人な方だと思う。
グラビアアイドルの杉本有美の8掛けくらいだと思う。
ただ、顔はそうだけど、スタイルはあそこまでは良くない。
胸も貧乳とは言わないが、ちょっと寂しい感じだw

でも、そんな有美が、メチャメチャエッチが好きというのは夫としては嬉しい。
ウチに関してはセックスレスは無縁だと思える。
女盛りでエッチが好き・・・、浮気が心配になったりもするが、有美は一途で貞操観念の強い女だ・・・と思っていた。

今日は土曜日ということもあり、朝から友人と遊びに出掛けていった息子。
私と有美は、いつものように支度をして家を出る。
有美は、ふわっと広がるタイプではなく、巻き付くような感じになるミニスカートを穿き、胸元や肩が露わになったカットソーを着ている。
夜の大久保とかに立っている外人さんみたいな格好だ。
こんな格好を近所の人に見られたくないので、その上にハーフコートみたいなものを羽織り車に乗り込む。

「どうする?映画館?ハプバー?」

私は、質問しながら、すでに軽く勃起している。
私と有美は最近、“寝取られプレイ”にハマっている。

最初は、有美を他の男に触れさせるなんてあり得ないと思っていた。
でもある日、有美が読んでいた女性誌に、カップル喫茶のことが書いてあった。
その雑誌はアラサーとか向けの、ごく普通のファッション誌だ。
そんな雑誌にカップル喫茶のことが書いてあるのに驚いたが、エロビデオまがいの付録DVDが付く女性誌もあるので、今時は普通のことなのかもしれない。

「パパ、こういうのって知ってる?」

有美が驚いたような顔でそのページを見せてきた。
私は有美よりも多少長く生きているので、寝取られプレイというものは知っていた。
でも、まったく興味がなかったし、変態がするものだと思っていた。

「ない」と即答した。

「他の奥さんとしてみたいとか思わないの?」

好奇心で目をキラキラさせた有美が聞く。

「それは・・・多少は興味あるけど、浮気するつもりはないよ」

「でも、お互いに公認で交換なら浮気じゃないでしょ?」

謎理論を言う有美。
ここで私は気がついた。

「もしかして興味あるの?」

少しショックを受けながら質問すると・・・。

「うん・・・だって私、パパしか知らないから・・・どんな風かなぁって・・・」

有美は少し声が小さくなったものの、割とはっきりとそう言った。

「いや、ダメだって!そんなの浮気でしょ!?」

私は少し声が大きくなってしまった。
滅多に怒らない私が声を少し荒げたので、有美は驚いた顔になった。

「浮気じゃないよ。だって私はパパの奥さんだよ?パパをずっと、死ぬまで愛してるよー」

「だったら、どうして?」

「心と体は別だもん。パパだって自分でする時、私の事なんて想像しないでしょ?」

そんな事を言われて言い返せない私。
確かに嫁を想像してオナニーはしない。
口篭る私に、「パパは、アナルセックスに興味あるんだもんねw」と、イタズラっぽく言う有美。

「な、なんで?ど、どうして?」

図星だったので死ぬほど焦りながら聞いた。

「だって、そんな動画ばっかり見てるもんねw知ってた?D◯Mのヤツって購入履歴が簡単に見られるんだよw」

有美が笑いながらタブレット端末をヒラヒラさせた。
確かに私はアダルト動画をしょっちゅう買っている。
DVDで買うより安いし、ダウンロードすらしなくても見られるから秘守性が高いと思っていたからだ。
そして私の購入するジャンルはアナルセックスものが多かった。
スカトロとかは苦手だが、生殖器じゃない場所を使って浅ましくセックスをする女性の姿に、10代の頃から心惹かれていた。
嫁には、タブレット端末で映画とかを見られるようにしてあげていた。
でも、アダルトと一般作品は連動していないと思い込んでいた・・・。
嫁に秘めた性癖を知られて、恥ずかしくて顔が赤くなるのを感じた。
そんな私に、有美が恥ずかしそうに言う。

「いいよ。パパがしたいなら、お尻でしても・・・」

私は本当に驚いていた。
昔、有美に一度だけアナルセックスを持ちかけたことがある。
その時の有美はかなり怒り、一週間も会ってくれなかった。

「そんな変態なことを要求するのは私のことを愛していない証拠だし、私を性欲処理の道具としか思っていないからだ」と散々怒られた。

私は確かに正論だなと思い、それ以降二度と言わなかった。
それが許可してもらえる?
私のテンションは急上昇した。

「いいの!?本当に!?」

浮かれて聞く私に、「カップル喫茶に連れてってくれたらねー」と笑顔で言われた。

それから・・・、まず見学。
人が見ている前で二人でする。
そして私と有美がしている時に、他人に有美の身体を触らせること等を経て、最終的に有美が他の男に抱かれた。

それは、言葉では上手く説明できないほどの極度の興奮と官能の時間だった。
目の前で他の男に抱かれる有美。
嫉妬、怒り・・・そして吐きそうなほどの絶望と、それを上回るほどの興奮・・・。

有美も同じだったようで、それまで見たことがないくらいに狂ったように感じていた。
他人に正常位で責められながら、「パパぁっ!ダメぇっ!ゴメンなさいぃ・・・イッちゃうの・・・有美我慢できないのぉ!イ、イッてもいい?」と涙目で私を見ながら聞いてきた時、私は扉が開いてしまったことを理解した。

私がオルガズムの許可を与えると、「キスしてぇっ!パパとキスしてイキたい!」と、絶叫してきた。
すると有美を正常位で貫いていたご主人が有美にキスをした。
その瞬間、目を閉じて、身体をガクンガクンと激しく痙攣させた有美。
他の男とキスをしながらオルガズムに達した有美を見て、私は人知れず下着を汚していた・・・。

この日から私たちは、盛りのついたサルみたいにカップル喫茶に通い続けた。
エスカレートして成人映画館に行ったりもした。
大勢に取り囲まれてデッドライジング状態の中、私以外の男のモノをフェラしながら、複数の手でイカされた有美。
もう僕らの病気は進行する一方だった。

だけど、不思議なことに、夫婦仲はより良くなった。
元々良い方だったのだけど、今はラブラブと言っても良いくらいな状態だ。
他人とセックスをすることで、私への愛情が深まるのも不思議だが、他の男とセックスをする嫁に対して、より愛情が深くなる理由は今でもイマイチよく判らない。

今日も有美はすでに上気して頬を赤く染めている。
嫁が他の男に抱かれるのは激しく興奮もするが、やはり心配になる。
心まで寝取られないかと・・・。
でも、考えてみれば、目の前でしている分には安心なのかもしれない。
私の知らないところで浮気されるよりは、遥かにマシなのかもしれない。

そんなことを思い出していた私に、「パパ、今日はね、ちょっと試してみたいことあるんだw」と、ゾクっとするほどの妖艶な笑みを浮かべ言う有美。
何だろうと思いながら、私は期待で勃起していた。

車を走らせると、図書館の駐車場に停めるように指示をされた。
そして待つように言われて、30分ほど待たされた。
有美が戻ってきた時、三人だった。
有美の横には、息子と同じくらいの年頃の男の子が二人いて、緊張している様子だ。
そのまま車に近寄ってきて、有美の手引きで後部座席に乗り込んできた。

「失礼します」
「お邪魔します」

そんなことを口々に言いながら緊張したままの二人。
私は少し混乱しながらも、偶然息子の友人に会ったのかな?と、自分なりに解釈していた。
有美に説明を求めると、「二人とも、こんなおばちゃんと遊んでくれるんだってw」と、妙に色っぽい言い方をした。

私は、理解するとともに物凄く驚いた。
私は、有美が冗談を言ってるのかな?と思ったが、二人の男の子の様子を見る限り、冗談で言っているのではないと感じた。
男の子は少し怯えたような感じで、有美に私が誰なのか聞いている。
そして私が有美の夫だと知ると、慌てて車を降りようとした。
それを止める有美は、少し脅しとも取れるようなことを言った。

「卒業したいんでしょ?w」

有美はまるっきり痴女のようだ。
それにすごく楽しそうだ。
男の子のうち一人は「はい」と即答し、もう一人はゴニョゴニョ言っていた。

私は驚きが落ち着くと、有美が二人の若すぎる男の子達にやられてしまう姿・・・それを猛烈に見たいと思い始めた。
私と有美は、もう何度も寝取られプレイをした。
でも、いつも有美が抱かれるだけで、私は他の女性としたことがない。
スワッピングではなく貸し出しプレイみたいな感じだ。

そして有美は年上の男性としかしたことがない。
常に有美がリードされる感じだ。
若い男性はガツガツしていて、何となくイヤだというのが理由だったが、実際カップル喫茶などにいる若い単独男性は、カップル喫茶を風俗店と間違えているような勘違い君が多い感じがする。

なので、有美がリードしながら年下の若すぎる男の子達とするのは、凄く興味がある。
有美のどんな顔が見られるのだろう?
だけど、現実的に考えると、どこで行為に及ぶつもりなんだろう?
それを有美に質問すると、有美はニヤニヤ笑いながらナビをセットした。
少し郊外のその場所は、車で30分くらいは掛かりそうだが、私は素直に車を発車させた。

「週に何回くらいオナニーしてるの?」

有美が男の子達にそんな下ネタを振る。
有美はエッチが好きで、カップル喫茶や成人映画館の常連ではあるが、基本は真面目で淑女と言ってもいい感じの女性だ。
それが、こんな風に下ネタを少年達にするのは、とても新鮮でドキドキする。
有美の知らない顔が見れた気分になる。
男の子達は二人とも、「毎日です」と、恥ずかしそうに答えた。

「へぇw毎日出してるのに、もうこんななの?」

有美がエロい声で言うと同時に、「あっ!」「お、おばさん、ダメです!」と、男の子達が慌てて言う。
運転している私には有美が何をしたのかは見ることが出来ない。
でも話の流れで何をしたのかは明白だ。

「ダメなの?本当に?ふふw見せてー」

「あ、あぁ、そんなぁ・・・」

私はバックミラーで後ろを気にしながら運転するが、何をしているのかはわからない。
こんな事なら高速など乗らなければ良かった・・・そう思った。

「わぁ、大きいー凄いのね。パパのよりもwふふw」

有美が、そんな言い方をする。
その挑発的な言い方は私をひどく興奮させる。

「うぅあっ、おばさん、あぁ、気持ち良いです!」

男の子が呻く。
まさか口で始めてしまったのだろうか?

「ホント、硬くて、青臭いwおばさん、おかしくなっちゃいそうよ?」

「ぼ、僕も、して下さい・・・」

もう一人が泣きそうな声で言う。

「自分で出してごらん」

有美がゾクッとするようなSな感じで言う。

「は、はいっ!」

大慌てでゴソゴソ始める男の子。
二人とも本当にまだ幼い。
まだ、ひげ剃りも必要ないような年頃に思えるが、実際何歳なんだろう?

「え?これ・・・君って、お父さん外国の人?」

有美が驚いたような口調で聞く。

「はい、トルコ人です」

流暢な日本語で言う男の子。
かなり彫りが深いと思ったが、ハーフとは思わなかった。
でも、なぜそんな事を聞いたのだろう?

「そうよね・・・こんなの、大きすぎるわ・・・」

有美は少し怯んでいるような感じだ。
経験豊富な有美が、そこまで言うサイズ・・・、私は見たくて仕方なくなった。
でも運転中に振り返ることは難しい。
私は、また扉が開いた気がした。

幼い他人棒・・・、しかも有美が驚くほどのサイズの・・・。
それに狂う有美を見て、私はどうなってしまうのだろう?

「あぁ、おばさん凄いです!気持ち良い!」

ハーフの子が叫ぶ。

「んっ、ダメだwどうやっても歯が当たっちゃうwゴメンね」

「だ、大丈夫です!凄く気持ち良いです!」

ハーフの子は完璧な日本語だ。
でも日本で生まれ育ったなら当たり前なのかもしれない。

「おばさん、ダメです!出ちゃいそうです!」

男の子の方が言う。
有美はハーフの子のを咥えながら、もう一人を手コキしていたのだろうか?

「ふふwダメよ。車汚しちゃwンンッ」

有美はそう言うと男の子のペニスを咥えたようだ。

「あぁっ!あーっ!おばさん、凄いぃっ!」

「ンンッ?」

私は運転に集中出来なくなってきた。
でも必死でハンドルを握る。

「毎日出しても、こんなに出るの?ごちそうさま?」

有美は心の底から楽しそうに言う。
飲んでしまった・・・。
カップル喫茶や成人映画館でプレイをしている私達だが、相手の男性には、いつも必ずコンドームをつけてもらってプレイをしている。
フェラの時ですらゴムフェラだ。
やはり病気のリスクは徹底的に避けたいからだ。
飲精など、とんでもない・・・、そのはずだった。
でも、たぶん性病にかかっているリスクがほぼ無い男の子達に対しては、私も妻もガードが緩んだのだと思う。
そしてそれは、私にとって信じられないくらいの快感だった。
他人の子種を飲み干す嫁。
人妻がして良いことではないはずだが、その背徳感は私を壊しそうなほど興奮させた。

「ぼ、僕もお願いします!」

ハーフの子が言う。

「君はまだダメよwお口じゃ無理だもんwそれに私も楽しみたいしねー」

有美が言い終わると同時に目的地に到着した。
それは古いラブホテルだった。
メゾネットというか、1階のガレージに車を突っ込み、そのまま二階に上がると部屋になっている。
そんな昔の古い造りだ。
確かにこれならば、招かざる客でも知られずに入ることが出来そうだ。
男性陣3人はドキドキしながら、なるべく音を立てないように階段を上がり、有美だけは楽しそうに軽い足取りで階段を上がった。
こういう時、女性の方が度胸があるのだと思う。

部屋に入るとすぐにハーフの子を裸にして、ベッドに寝かせる有美。

「パパ、そこで見ててねー」

ウィンクをしながら言う有美。
本当に始まってしまった・・・、そんな気持ちで黙ってソファに腰掛けた。
それにしても、さっきの有美の言葉の意味がよくわかる。
ハーフの子は子供のそれではなかった。
私のモノよりも大きいのは当然として、恐らく大人の日本人の誰よりも大きいのでは?と思うほど大きく立派なペニスだった。

カップル喫茶でも巨根自慢の男性はいた。
そして、そんな男性に有美が抱かれるのを見て、私は焦燥感で泣きそうになりながらも、激しく興奮した。
実際、有美の反応も大きかった。
でも有美は、その感じ方に反して、「独りよがりで、そんなに良くなかったよ。パパとのエッチの方が全然気持ち良いよー」と言った。
それは私に気を遣ったものなのかもしれないが、私は嬉しかった。

私は自分のペニスにコンプレックスを持っている。
と言っても、私のモノが極端に小さいとは思っていない。
ごくごく普通のサイズだと思う。
でもカップル喫茶や成人映画館でのプレイを経験するうちに、他人とのサイズの違いを思い知らされていった。
私の頭の中では、デカいペニスが私が与えることの出来ない快感を有美に与える・・・そう思っている。

ベッドに寝転がるハーフの子は、緊張と期待のこもった目で有美を見る。
でも有美はもう一人の男の子に、「脱がしてくれる?」と声を掛けた。

「ハ、ハイ!」

油断していた男の子は、ちょっとビクッとしたようにそう言うと、慌てて有美の服を脱がし始める。
と言っても、ボタンがあるような服でもないので、バンザイさせて脱がせるという感じだ。
そして、ランジェリー姿になった有美。
巨乳ではないが、セクシーな下着で凄くエロい。
脱がしている男の子もドギマギして、どこを見て良いのかわからない感じだった。

「どう?こんなおばちゃんだけど興奮してくれる?」

「ハイ!!メチャクチャします!エッチです!綺麗です!」

男の子は、一気に捲し立てるように言う。
その口を有美がキスで塞ぐ。
驚いた顔になる男の子にかまわず舌を差し込んで、いやらしくかき混ぜていく有美。
私は、有美の方から積極的にキスをする姿を見て、今までに感じたことのない興奮を感じた。
受け身ではなく、責めていく有美。
いつもとは逆の有美を新鮮な気持ちで見ていた。

「舌出してごらん」

有美が指示をする。
そして指示通り素直に舌を出した男の子。
そこに舌を巻付けるようにしてキスをする有美。
私は、それをただ見続ける。
すると有美が私を見た。
興奮した目で私を見る有美。
でも、どこか挑発的だ。
これは初めてのことだった。
有美は、他の男に抱かれる時、滅多にキスはしない。
自分からしたことは記憶の限りでは無いはずだ。
やはりキスは私以外とはあまりしたくないらしい。
でも今はそんな事は関係なく、私の目を見ながら若すぎる他人とキスをしている。

「どう?キスの味は?」

痴女かと思うような言い方をする有美。

「・・・すごいです・・・」

魂を吸い取られたようにボーッとしながら言う男の子。
初めてのディープキスはかなり強烈だったようだ。

「ブラジャー外してくれる?」

少し上擦った声で言う。
有美もかなり興奮しているようだ。
男の子は有美のブラジャーに手をかける。
でも全然外れない。
私は昔を思い出していた。
初めての時、私もかなり手こずった。

「ふふwその金具、摘んでひねってみて」

「はい・・・」

「ふふwよく出来たわねw」

ハラリと落ちるブラ、そしておっぱい丸出しになる有美。

「あぁ、すごい・・・さ、触ってもいいですか!?」

かなり興奮している男の子。

「いいわよw好きにしなさい」

こんなにも若い子の前でおっぱいを曝け出している有美。
いつものプレイよりも、なぜかすごく興奮する。
恐る恐る有美の胸を揉み始める男の子。
有美の小ぶりの胸が、男の子の手の動きにあわせて、面白いくらいに形を変える。
男の子は本当にぎこちなくだけど手を動かし続ける。

「もっと優しくね。じゃあ舐めてくれる?」

レクチャーする有美。
私は本当に羨ましいと思った。
少年時代に、こんな経験をするのは男子の夢だ。
男の子は有美の乳首に吸い付く。

「あんーそう、先っぽを・・・あぁ、気持ち良いわよ、そう、あっ、んっ!」

男の子に舐められて思わず声が漏れる有美。
そしてベッドを見ると、ハーフの子が我慢しきれずに自分のモノをしごき始めていた。
そうやって手で握っていると、大きさがより際立つ。
あんなモノでしてしまって、いいのだろうか?
有美の膣中がアレの形になってしまう・・・。
そんな恐怖を感じる。

しばらく夢中で舐め続ける男の子。

「んっ!ンフゥ・・・あ、あっ!上手よwそう、もっと突付くように、あぁっ!ふあぁっ!」

有美はレクチャーしながら、どんどん高まっていく。

「じゃあ、君にもしてもらおうかな?」

有美はそう言うとベッドに上がった。
そして男の子の横に寝転がる。
するとハーフの子もおっぱいにむしゃぶりつく。
二人の男の子に、それぞれ左右の乳首を舐められる有美。

「あんー落ち着きなさいwんっ、そう、あぁ・・・気持ち良いわよ。乳房も揉んで、んっ!あ、あっ!」

有美は二人の男の子達におっぱいを責められて、気持ちよさそうに可愛い声を漏らす。
二人の男の子は、本当に夢中という言葉がピッタリするような感じで舐め続ける。

有美は舐められながら男の子の方の服を脱がしていき、全裸に剥いた・・・。