このところ、終電で帰る日が週2回はあります。
4月になって、終電で同じ駅から乗車する、20代前半の女性がいるんです。
なんか、都会に染まっていない、ウブって感じの方。

彼女、4月前半まではリクルートスーツを着ていたんです。
私、女性なのにリクルートスーツフェチ。
自分ではもう年なので着れないけど、スリットから見える足に興奮してしまうんです。
それに、リクルートスーツの着れる年代って20代前半まででしょ?
一番いやらしい盛りじゃないですか。

昨夜、チャンスが訪れました。
ホームで電車を待っていると、彼女が千鳥足状態でこちらに。

彼女「あの~、◯◯で降りますから、起こしてもらっていいですか?」

私「えっ、あっ、いいですよ。ねえ、大丈夫ですか?ふらついてるけど」

彼女「ちょーっと、飲み過ぎちゃって・・・」

大型連休中の金曜の最終ということがあって、終電にしては、いつもの半分くらいの混み具合。
トイレの隣の4人掛けのボックス席に2人で並んで座りました。
他の人が座らないようにハンドバッグを置いて。
彼女は座った途端、「ふぅ」と一息ついて眠ってしまいました。

私「気持ち悪くなったら言ってね!すぐ横、トイレだから」

彼女「ふぁ~い」

かなり酔っ払っている、ビッグチャンス!

私は着ていたスプリングコートを脱いで、きれいに畳んで、私と彼女の太ももの上に被せるように置きました。
もう、この瞬間に、私の右太ももと彼女の左太ももは完全に密着しています。
コートに隠れているので不意に乗客が来ても気付かれない。

焦りは禁物。
彼女のスカートに右手を潜り込ませ、内股を弄っていました。

(あぁ、舐めてみたい!)

徐々にパンツにまで手が届きました。

彼女「・・・していいよ、ノリ」

彼女は囁くように言いました。
きっと彼氏と勘違いしているのでしょう。
これは好都合!
パンツに手をかけると、彼女は腰を浮かせて脱ぎやすい体勢をとります。
左側は私が、右側は彼女が自分でパンツを下ろしました。
まだ中に指も入れてないのにグチャグチャに周りが濡れています。
この時点でこの車輌に乗っているのはオヤジ2人と私たちだけ。
私も、さすがにこの場所でこれ以上の行為は・・・という理性が働いてしまいました。

私「着きますよ」

彼女「・・・」

私「着きますよ!」

彼女「えっ、あっ、ハイ」

私「よく寝てましたね、かなり飲んだんですか?お酒抜けました?」

彼女「んー、ちょっと気持ち悪い、かな?」

私「うち、駅からすぐなんで、ちょっと休んでいきません?」

彼女「・・・いいんですか?」

私「私は全然大丈夫。熱い番茶でも飲んだらすっきりしますよ」

彼女「じゃあ、お邪魔しちゃおうかな?」

彼女が転ばないように、腕を組んだり、ぎゅっと手を握って歩いてみたり。
彼女と一緒に家の中に入りました。

私「ほら、スーツ、シワになっちゃうから、脱いで!」

彼女は言われたままにスーツを脱ぎます。

彼女「あれ?あれ?」

私「どうしたの?」

彼女「パンツ、穿いてないんです」

私「飲み会の時、やられちゃったんじゃないの?」

彼女「どうしよう・・・」

私「私が見てあげる。ねっ、四つん這いになって!」

彼女「でも、恥ずかしい」

私「女同士じゃない!大丈夫」

彼女「女の子に見せたことないしぃ」

私「じゃあ、見せて。そりゃ誰だって恥ずかしいよ。でも、中出しされている方がもっと大変だよ」

彼女「・・・ですよね」

その瞬間に彼女のあそこを丹念に舐めてあげました。
彼女、首が異様に感じるみたいで、舌を這わせるとものすごい声を上げて悶えます。
その仕草が可愛くて。

彼女は、昼過ぎに帰りました。
今晩は一緒に夕飯の約束をしています。
お酒さえあれば、こっちのものです。
今夜もきっちりレズ調教してあげるつもりです。