俺の両親は、同級生で結婚した(らしい)。
ある日の事、17時頃に学校から帰ると、母親がワクワクしながら待っていた。

「これから、お父さんと一緒に同窓会なの。で、今日は泊まりになるから、御飯とか、朝美(妹)の面倒を見てやって」

一万円札を一枚俺に握らせると、嬉々として出かけて行った。
共働きの母にとって、こういうイベントは楽しいのだろう。
帰宅部で高2の俺は、割とまめに家事等をやっている。
母親が働いている事もあって、料理、掃除、洗濯もろもろ色々手伝ってきた。
そのせいか母は結構俺のことを信頼している。

妹の朝美は高1で、陸上部で走り高跳びをやっている。
朝美は大雑把で、服を脱いだら脱ぎっぱなしのタイプだ。

俺は冷蔵庫の中身を確かめると、足らない食材をスーパーに買いに行き、夕食を作って、TVを見ながら朝美の帰りを待っていた。

「ただいま」

妹が帰ってきた。

「あれ、お母さんは?」
「今日は同窓会で泊まりだと」

「ああそう、シャワー浴びてくる、御飯は?」
「作ってあるよ」

「ラッキー」

妹は嬉々としてバスルームに向かった。
仲良く夕食を食べた後、俺は朝美に言った。

「後片付けくらい手伝え」
「むー、わかったよ」

「俺、風呂入って来るから」
「了解」

俺は風呂に入る前に洗濯を済ませてしまおうと、自分が脱いだ衣類を含め、洗濯物を放り込もうとした。
その時、朝美の汗の浸み込んだウェアや下着に気づいてしまった。
もう止まらない。
全裸の俺は、その匂いにたちまち勃起してしまった。

「お兄ちゃん、ウェアのポケットに何か入ってない?」

ドアの向こうから朝美の声が聞こえる。
俺は朝美のジャージのポケットを探ってみた。

「小銭入れが、入っているぞ」

「やっぱり、帰りにジュース飲んだから。どっかに入れ忘れたと思ってたんだ」

そう言うなり妹は脱衣室のドアを開けやがった。

「ば、馬鹿、いきなり開けるな」

朝美は俺の顔を一瞬見つめた後、視線を下に下ろしていった。
俺の勃起を見つめると、そこから視線が動かない。

「見つめるな、スケベ」

俺が雰囲気を変えようと声を掛けると、朝美は声も出さず、ウンウンと頷いてドアを閉めた。

徹夜明けで帰ってきた俺は、自分の部屋で寝てたんだ。
でも、何か違和感を感じて目覚め始める。
左腕の痺れ。
甘ったるい匂い。
妙な抱き心地の良さ。
きっとそれらを無意識に感じていたのだろう。
俺の寝呆け眼な視界いっぱいに誰かの顔。

(・・・あぁ、朝美か・・・)

俺が右手で妹の髪を撫でてやると、「ん・・・」と気持ち良さそうだ。
ちなみに、俺がなぜこんな事をしたのかというと、『そこに山があったから』みたいなノリだったとしか言い様がない。
そうこうしてるうちに完全に目覚め、現状を把握する俺。
・・・って、できるか!

「うおっ!?」

「きゃ!?」

俺は慌てて跳ね起きた。
パニくりながらも妹を問い詰める。
どうやら抱き枕に対する興味からやった事らしい。
昼飯時なので呼びに来たけど俺は無反応。
で、爆睡してる俺の体勢がちょうど良さげだったからだと。
マジでビビったし心臓に悪かったけど、自分の妹属性を自覚したきっかけなのは内緒だ。

朝美が去った後、俺は我慢できず、匂いを嗅ぎながらオナニーしていた。
下着を巻き付け、擦り立てる。
ウェアの匂いを嗅ぎながら大量に出した。
イッた後の虚しさは、たまらなかった。
オカズにしたウェア洗濯機に放り込み、回した。
風呂上りの俺はリビングに戻った。

「小銭入れだ」

「ありがと」

沈黙が続く。

「ごめんなさい」

朝美がつぶやいた。

「見たんだろ」

俺は朝美に問いかけた。

「うん」

「どうだった?」

「・・・思っていたのと、ち、違った」

真っ赤な顔で目を逸らしながら、あたふたと答える。
俺は緊張しながら言った。

「もっと・・・見てみるか?」

朝美がビクンとした。

「お兄ちゃん・・・いいの?」

その言葉に、さっき出したばかりなのに勃起した。
俺は下着と共にスウェットを脱ぎ捨てると、朝美の前に立った。
朝美は目の前にあるアレを、目を丸くして見つめている。

「・・・さ、触っても、いい?・・・」

上目遣いに聞いてきた。

「いいよ」

恐る恐る伸ばしてきた手を取り、握らせた。

「あっ、熱い」

朝美の言葉に俺はさらに勃起した。

「えぇっ!」

朝美は驚いたようだ。

「・・・またおっきくなったよ」

握り締めたままじっと見つめている。

「朝美、男がこうなったら・・・」
「だ、出したいんでしょう」

「何を?」
「せいし・・・」

床にペタンと座り込んだ朝美は、俺のを握り締めながらモジモジしている。

「そうだけど、いいのか?」

「うん」

俺はゆっくりと朝美に添えた手を動かし始めた。

「えっ、え」

朝美は俺に従うまま俺のをしこっている。

「いいか、こうするんだよ」

朝美の手に添えた動きを激しくした。
俺が手を離しても、朝美は激しく俺をしごいている。
真っ赤な顔をして、じっと見つめながら、俺をしごいている。

「で、出るぞ、その時は避けろ、見つめていると掛かるぞ」

「いいよ」

その瞬間、俺は朝美の顔に大量に発射していた。

「やだ~」

顔に大量に掛けられた朝美は、まず顔を洗って、ヌルヌルした白い液体を流している。

「お兄ちゃん、気持ち良かった?」

洗い終わった顔で俺を見上げて、白い息を吐きながら聞いてくる。
俺は朝美を思わず抱き締めていた。

「朝美、今日はもう寝たほうがいい」

体を離すと、俺は耳元で囁いた。
朝美も俺をぎゅっと抱き締めていた腕をほどくと、「うん、そうだね、今日は色んな事がありすぎちゃった」と自分の部屋へ戻っていった。
俺は自室のベッドに寝転がり、眠れずにいた。

(何でこんな事になったのかな?)

トントンとノックの音がした。
もちろん朝美しかいない。

「どうぞ」

「お兄ちゃん・・・、眠れないの」

パジャマ姿の朝美が入ってきた。

「来いよ」

「いいの?」

「眠れないんだろ」

朝美はおずおずとベッドに近づいてきた。

「一緒に寝てくれる?」

「いいよ、久しぶりだな」

「・・・」

朝美は潜り込んできた。
どちらからでもなく抱き合っていた。
朝美の手は俺のを握って、俺は朝美のアソコに手を当てていた。
お互いに弄りあう。

「あ」

朝美が声をあげた。

「どうした?」

朝美に話しかけた。

「どこか、痛かったか?」

「ううん・・・気持ち良かったの」

電気も点けていなかったので、お互いの顔はぼんやりとしか見えなかったけど、朝美は俺の顔をじっと見つめていた。

「あの・・・お兄ちゃんを気持ちよくさせてあげたいんだけど・・・」

「じゃあ」

俺は息を呑みながら朝美に言ってみた。

「今握っている、おちんちんをしゃぶってくれよ」

朝美の手と息が、止まった。
小さい声が聞こえた。

「いいよ・・・」

もぞもぞと朝美が動いた後、俺は温かい感触に包まれた。

「うむ、うぅ」

わずかに聞こえるその声と、下半身に伝わる感触に、朝美が何をしているのかがわかった。
俺は布団を捲ると、下半身を見た。
そこには、小さな口を目一杯広げ、俺を一生懸命愛撫している朝美の姿がいた。
口を離すと朝美は俺をじっと見て、右手を激しく動かしながら囁いた。

「出して下さい、お兄ちゃん」

その声を聞いたとたん、俺は発射した。
朝美は手を添えて激しくしごく。
朝美の手が動くたびに、快感が続く。

「す、すごい、こんなに出るの?」

「朝美、ティッシュ取ってくれないか」

「うん」

自分の腹の上に大量に放出した俺は動けない。
懸命に拭き取っている朝美を見ていると、また催してきた。

「あっ」

また大きくなってきた俺に朝美は気づいたようだ。

「・・・お兄ちゃん」

俺は朝美の脚を掴むと、顔面に跨らせた。
一気にパジャマとパンツを脱がす。

「ほら、足を上げろ」

すっかり脱がしてしまった。
朝美のアレが目の前にある。
俺はむしゃぶりついていた。

「・・・ん」

声に出さずに俺のを握り締めて激しく動かした。

「お、お兄ちゃん、あ、朝美、おかしくなっちゃうよぅ」

俺は次の瞬間、朝美から体を離した。

「もう、やめよう」

「やだ、お兄ちゃんの事、好きだもん」

上だけパジャマを羽織った朝美が涙目で俺を見ている。
朝美は体をずらすと俺の下半身に跨がった。
朝美は、そそり立った俺にアソコを擦り付けている。
俺の胸に手をついて目を閉じ、声を荒げながら腰を動かしている。

「朝美・・・」

俺が呼びかけたその瞬間、朝美の目からツゥーと涙がこぼれ落ちた。

「どうして私達、兄妹なの?」

ゆっくりと目を開けると腰の動きを止め、覆いかぶさる様にキスをしてきた。
しばらく舌を絡ませていたが、そっと顔を持ち上げ、涙を拭いてやった。

「このまま行くと、取り返しがつかない事をしてしまうかも知れない」

「いいよ、後悔なんかしない。だって・・・お兄ちゃんだから」

朝美は仰向けになり、パジャマの前を開き、俺の右手を取って自分の胸に導いた。
なるべく力を掛けない様に揉み始め、同時に左手で朝美のアソコを弄る。

「はぁん・・・」

さっき「もう、やめよう」と言っていた俺はどこかに行ってしまった。

「ほんとにいいのか?」

コクンと頷いた。
俺の先端をアソコに宛てがうと朝美の体がビクンとした。

「怖いんだろ?」

髪を優しく撫でながら聞いてみた。
朝美はじっと目を閉じて緊張している。

「力を抜けよ」

一気に押し込んだ。

「・・・、痛い」

ぎゅっと抱きついてきた。
俺はしばらく朝美を抱き締めながら、そのままでいた。
やがて、「お兄ちゃん・・・」と、俺の目をしっかりと見つめながら朝美が呟いた。

「大好きだよ」
「やめようか?」

「うぅん、お願い」
「動くと、もっと痛いぞ」

俺に抱きついていた腕を離すと、朝美は囁いた。

「お兄ちゃん、気持ちよくなって。私はどうでもいいの」

その言葉を受けて俺は激しく腰を動かし始めた。

「ん~、い、痛い・・・」

朝美は俺に配慮して痛みに耐えている。

「イクぞ」

「お兄ちゃん!」

血だらけの俺を抜くと、朝美の腹に出した。
・・・。

俺は朝美をキレイにし、自分のもキレイにすると、そっと頬に手を当てながら、ぐったりしている朝美に囁いた。

「痛かったな」

朝美は首をブルンブルンと振ると両手で顔を覆ってしまった。

「恥ずかしい」

朝美は涙を堪えながら、俺に振り向いた。

「き、気持ちよかった?」

「良かったよ。じゃあ、今度は朝美の番だな」

「えっ」

俺は朝美の胸をしゃぶりながら脇腹を撫で始めた。
徐々にアソコに手を近づけていくが、太股辺りで手を止める。

「お兄ちゃん・・・、触って・・・」

朝美の息が荒くなってくる。

「どこに触れば良いのかな?」

「クリトリス」

小さく呟いた。
俺は触れるか触れないかの微妙なタッチで朝美を愛撫し始めた。

「!」

両手でシーツをギュッと掴み、何かに耐えている。
俺が腋の下を舐めると、「ふう~ん」と可愛い声をあげた。
指の動きを激しくすると、荒い息遣いで自分から腰を押し付けてくる。
俺が指を止めると、「だめー、もっと朝美のオマンコ弄って!」とせがんでくる。
激しくしたり、優しく触ったりしてる内に朝美が俺の目を覗き込んで・・・。

「お兄ちゃん・・・、イッちゃうよ」

苦しそうに話し掛けてきた。
俺は朝美にキスをすると、舌を絡めながら指の動きを速めた。

「うぅん」

唇を塞がれたままなので朝美は声も出せない。
唇を離すと途端にに体を震わせ、「いゃ~」と叫び、ぐったりとして俺に体を預けてきた。

「はぁはぁ」

朝美の荒い息遣いと共に、火照った身体の熱が伝わる。

「気持ち良かったか?」

「・・・うん」

恥ずかしそうに笑みを漏らす朝美を見ながら、俺は、この後どうなってしまうんだろうと、ちょっと考えた。