この前、女子大生と合コンしたんだけど、一人だけ、えらく胸のデカい女がいて、その子が隣にいたんだ。
顔は派手目なんだけど、ケバいってわけではない。
酒飲んでたら、どんどんエロっぽくなって(色っぽくではなく、エロっぽく)、俺の手を握って小声で囁くんだ。

「トイレに行きたい」

しゃーねーからついてったんだけど、童貞の俺は、期待があるから息子がビクッとして、反応するわけだ。
トイレ行ったら、「広いから一緒に入れるよ」と。
俺は、今まで借りたあらゆるAVのデータベースを頭から引っ張り出したんだ。

(これはムーディーズにあった、いやSODだ)って。

で、一緒に入ってしまったんだな、これが。
大きい方に入って、彼女が便器に着衣のまま腰掛けて、俺を股間越しに見上げるんだ。
このシーンだ!
俺は待っていた!!
散々オナテツで夢見たシーンが眼前に!!
もう、だめ、テントが設営されてるんだ。

彼女、笑うんだ、にっこりと。
そして小さな声で言うんだ。

「期待しちゃって~、童貞~さん」

たぶん俺は小刻みに震えてたと思うが定かではない。
彼女の唇と目に見惚れてたし、股間が痛いくらいになって我慢汁が溢れてた。
彼女がジーンズの上を撫でて、また言うんだ。

「何もしてないのに、凄いことになってるね!」

おもむろに彼女はベルトを引っ張って、リベッド、チャックと下ろしてく。
そして硬めの布地から解放されて、トランクスが三角定規入れてるみたいに情けない角度で引っ張られてるんだ。
彼女、恐らくわざとだろうな、トランクスのゴムを息子に引っかけて下ろすんだ。

バチーーーン!!

えらい反動で俺の息子は初土俵。
女性に晒されたんだ。

「うわーーー、こんなに、そそり立ってるよw」

Mッ気のある俺は、その笑いでもうパニック!
彼女、いきなり握って、痛いくらいにそそり立つこいつを倒して咥えるんだ。
洗ってないじゃん!もうサイコー!
痛みから快感に変わって、だんだん彼女の口に合わせて角度のゆるみが出来てくる。
こんなに気持ちいいんだ~~~!
たぶん物凄く情けない顔してたんだろうね。
すぐに絶頂に来て、放出!!
そして言わせたよ。

「うわぁ~、凄いね、お口にいっぱいだよ~」

もう我慢出来ずに、しゃがんで彼女の胸を揉んで顔押しつけたんだ。
そしたら・・・。

「はい、今日はここまでね」

(・・・?終わり、ですか?)

寸止めのままだけど、何か言われたら怖いし。
結局、その日は終わり。
ヘタレぶり全開だけど、メールはいつも送ってくれる。
次に期待・・・。

『今度の休日、バイトがいい具合に空いたら続きしよぉ~』だって。

人の気も知らんで・・・、明日ゴム買ってきます。

日曜に彼女と再会した。
あんな事があってからの初めての再会。
『続きしよぉ~』ってメールの後だから、俺は期待しかない。

彼女見た時、ブーツにミニスカ、パンスト・・・。
妄想が現実になってる。
脚がエロい。
顔を瞬間埋めた胸がそこにある。

(あぁ~、あのミニスカの中に俺のゴールが、待ちこがれたゴールが)

俺の気持ちを弄ぶように、飲みたくもないコーヒー、興味のないウィンドウショッピング・・・。
ラブホだ、ラブホ!
早くしてくれ、もうこれだけで出そうだよ。

ようやくホテル街に近づく。
すると、彼女。

「トイレでしよ」

「えっ??トイレ?」
(またフェラ??お預けなの??)

ホテル街を目の前にした、某商業施設にあるトイレ。
二人で入って、また股間を触り始める。
今日も相変わらずビンビン物語。

「ホント、元気だね、寒いのにw」

今日はズボンとパンツを一緒に脱がされた。
そして彼女、スカートをゆっくりとたくし上げた・・。

(!!!!)

ストッキングの下に、あるべきモノがない。

(穿いてないの??嘘でしょ?)

「ふふっ、すごい、ずっと見てるんだね、やっぱり初めてなんだね、童貞ーさん」

俺はしゃがんで目の前にあるモノを凝視した。
リアル、リアルなんだよ。
ブラウン管越しでもないし、地デジよりも鮮明!

「触っていいですか?」

「だめ、指じゃなくて舌でならいいよ」

(エロ過ぎる・・・この子、どんな道程を歩んできたんだ?)

童貞の俺がマジでそう思った。

また、舌がブルブル震えながら近づく。
シャリッ!
ストッキング越しだからそんな感じ。
一舐めしたら、もう止まらない。
夢中になって啜った、貪った。
吸うというより啜る感じ。
バカだ、俺スゲーバカな格好だろうな。

でも彼女を見る余裕無い。
彼女の前にしゃがんでる姿、逆フェラ状態。
俺の興奮が頂点に達しようとする時、俺はようやく自分の考えが浮かんできた。

左手を彼女のお尻に回した。
右手は・・・というと、悲しいかな俺の股間に辿り着いていた。
自分の股間を触ってしまった後、別の思考回路が『両腕で尻を抱けよ』と言っているのが聞こえた。
でも、この状態で一度触った股間の快楽はもう手放せない。
舌で啜り、左手で時にサワサワ、時に揉みしだき、右手はシコシコ・・・。

「もー、だめ!!自分でしちゃダメ!!!」

彼女が気が付いてしゃがんだんだ。
そして俺と同じ視線になって・・・。

「それじゃいつもと一緒でしょ。卒業出来ないよぉ。留年したいの?」

この子、優しいなぁ。
彼女、俺の右手を掴んで引っ張るんだ。
彼女と俺、二人が並んで立った状態。
彼女、俺173センチなんだけど、ブーツのヒールがあって俺より2~3センチ高いみたい。
俺は彼女を、やや見上げてる形になる。
今まで胸やら股間やら脚やらに目がいって、そこまで考える余裕がなかった。

「そういえば、まだキスしたことなかったねぇ」

うんうん、そうだった。
もっと言うと、俺の側からの彼女の肉体への接点はまだ無いんだよ。
みんな衣類越しなんだよ。

彼女、いきなり上から俺の唇に唇を押しつけてきた。
もの凄い圧力!

「うっっ・・・」

苦しくて口を半開きにした瞬間、彼女の柔らかい舌が入ってきた。
そして歯と歯の間に割り込んで舌に絡めてくる。
もう、とろけそう。
俺、目を思いっきり瞑ってたんだけど、ちょっと半開きにしてみた。
でも興奮しすぎて目が開かないんだよ。
イク瞬間に目が開かないって経験あるでしょ。
そんな感じ。
彼女の表情を見たかったんだけど、残念!
でも、マジでとろけそう。
気が付くと、歯茎やら唇やらをやたらに舐めてる。

(彼女、キス魔なのか、ベロチュー魔なのか??)

願ったり叶ったりとはこのこと。
もう頭に血が行き過ぎて、ボーッとしてきた。
彼女が俺の股間に手を擦り当ててきた、その瞬間・・・暴発!!
後で気が付いたんだけど、触ったのは手ではなく、先ほど捲ったスカートの布地。
そのサワサワした感触でイッてしまったんだ。

「あぁー、もう、スカートこんなにしちゃって!」

やばい、怒られる・・・。

「でも初めてだからしょうがないよねぇ~。内側だし、何か凄いエッチっぽいし、いいよ。許してあげる」

もう彼女に一生ついてきます!!!

その時、トイレに誰か入ってきた。
ヒールの音が遠ざかるまでしばし休戦。

「びっくりしたねぇ、ふふっ、ドキドキするよね。ねぇ、私ね、して欲しいことがあるの」

(なんでしょうか?)

「この前、服の上から、おっぱいに顔押しつけてきたでしょ?」

(はい、そうでした)

「私ねぇ、年上の男性が、年下のおっぱいに夢中になってるのが凄い好きなの!」

(へっ??なんて言ったんですか?)

「とにかく年下のお姉さんに凄い憧れるの、だめ?」

いや、実は、俺は年下で背が高くて胸がデカくてエロくて優しい子に憧れてました。
◯◯さんは全てを叶えてくれてます。
見てるだけで、いやもう見てるだけでは我慢出来ません!
俺、◯◯さんに一番情けない姿見られたけど、全部許してくれるし。
もう、◯◯さんっ!!俺!俺・・・。

「そう!それ!!それよぉ・・・!」

俺は彼女のニットに顔を押しつけた。
夢中で顔を押しつけた。
ドラクエで初めて知ったパフパフ。

(俺、今、勇者になれたのかな?)

バカ発言だけど、俺の脳のどこかでそんな声が聞こえてきたのも事実。
柔らかい、ホントに柔らかい。
これが、これが女性なんだ。

「捲ってもいい?」

「いいよ、したいことしちゃっていいよ」

今まで余裕を感じてた彼女だけど、ホントに胸に顔を押しつけるのって好きなんだな。
声が妙に艶っぽい。
目がトロ~ンとしてる。
積極的なあの調子が弱まってるのが分かった。

<続く>