俺は生意気そうな女を見ると興奮する。
背が高く、スリムで、美しい女であればなお良い。

先日、電車の中で俺好みの女を見つけた。
美しくしいが、見るからに気が強そうで、生意気な感じのする女だった。

その女は座っていたのだが、よたよたしたババアが前に立つとさりげなく席を譲った。
立ち上がって背筋をぴんと伸ばし、引き締まった表情のその女にはショートカットの柔らかそうな黒髪がよく似合っていた。
凛とした清潔な美しさを放っていた。
ババアに席を譲った女が長身で、しかもとびきりの美しい女だったので車内の注目を集めた。
その女は周りの好奇な視線など全く気にせず、真っ直ぐに前を向いていた。

(そうかそうか、お前は生意気な上に、人としての優しさを持ち、その上よっぽど気が強く、肝っ玉が座っているのだな)

俺はなんとしてもこの女を犯したくなった。
こんな女は滅多にお目にかかれるもんじゃない。
年齢は二十五歳くらいのその女の後を、俺はつけた。

女は一人暮らし用の賃貸マンションに住んでいた。
さすがにオートロック式のエントランスを一緒に入るわけにも行かず、ガラスドアから様子を窺うと女は郵便ボックスを開けていた。
かなり離れていたので郵便ボックスに書いてある部屋の番号を読み取ることは出来なかったが、右から三番目の列で上から二段ということはしっかりと確認できた。

まあ今日はここまで分れば上出来と思い、帰ろうとすると、その女が出てきた。
身を潜めて見てみると女はすぐ近くのコンビニに入っていった。
うまくいく時はよくしたもので、そのマンションの別の住人が出てきたのとすれ違いざまに中に入ることが出来た。
すぐにあの女の郵便ボックスの場所を確認し、203号室ということが分かった。
自分でもわかるほど心臓の鼓動が大きくなり、俺は緊張した。

チャンスだ、絶好のチャンスだ。
コンビニで買い物をした後、すぐに女は戻ってくるに違いない。

二階の非常ドアの陰に潜み、女が帰ってきてドアを開けた時に猛然と走りより、立て続けに脇腹を殴った。
俺の目の前でその女は苦しそうに咳きこみ、荒い息をしながら横たわっている。
気絶するまでには至らなかったが女の動きを封じることは出来た。

俺は自分のズボンのベルトで女を後ろ手に縛った。
痛みが和らいだのか女は、きっとした顔で俺を睨んだ。
女は大声を上げて助けを呼ぶ気配はなかった。
よほど聡明なのか、後ろ手に縛られ自由を奪われたことで、そんなことをしても無駄だとすぐに悟ったようだった。
ただ澄んだ瞳で俺を睨みつけてくる。
俺が女にのしかかりブラウスの襟もとに両手をかけても全く抵抗せず、真正面から睨みつけるだけだった。

俺は女のブラウスの胸元を引き裂き、シンプルなデザインのブラジャーをずり上げ乳房を露わにした。
小ぶりな乳房だったが形はよかった。
俺は気が狂ったようにむしゃぶりつき、両手で揉み、乳首を舐め回し、吸いたてた。
そんな俺を女は無表情に、ただよく光る瞳で睨みつける。
女の乳首は硬くしこっていたが、そんなことは単なる刺激に対する反応だと言わんばかりの無表情さだった。

俺はそんな女に畏れのようなものを感じた。
それを振り払うように硬い弾力に満ちた乳房を嬲り、乳首を責めた。
それでも女は無言でじっと俺を見ている。

女はロングスカートを穿いていた。
俺はそれを捲り上げ、パンストを引き裂いた。
そして白いパンティーを太腿の半ばまで一気に引き下げた。
少なめの陰毛に覆われた恥丘に覗く女の切れ込みを見たとき、興奮で手が震えた。

パンティーを足首から抜き取る時も女は全く抵抗しなかった。
そんな女に俺は言いようのない畏れと恐怖を感じながらも、下半身は焼け付くほどに硬く勃起していた。
ズボンとブリーフを一緒にずり下げ、男根を晒したまま女の股間に顔を埋めた。
脚を開かせる時も女はされるままにしていた。
俺は大陰唇を捲り、少しも濡れていない膣口に吸い付いた。
女の匂いがした。
一日中暑い時期にパンティーの中で蒸らされていたのだから当然だが、電車の中で初めて女を見た時の凛とした印象が鮮明なだけに、なおさら興奮した。
クリトリスを剥き出して口に含み、舌で刺激しても女の表情は変わらなかったが、俺だけバカみたいに興奮していた。

堪らなくなり女の両足を広げて肩に担ぎ、勃起した男根の先端を膣口に宛てがった。
それだけで痺れるような快感に身体を震わせながら、濡れていないその女に亀頭をめり込ませた。
女はわずかに眉間にしわを寄せたが、挑むように俺を睨みつけたままだった。
弾き返されそうな締め付けを味わいながら、男根を根元まで埋めた。
俺は下半身が溶けてしまいそうな快感にしばらくはじっと目を閉じ、情けない声を上げながらゆっくりと腰を使った。

たったそれだけで射精しそうになった。
俺が目を開けると、女がじっと俺を見ていた。
無言で、しかし俺には女が、『お前は男のクズだ』と言っているのが分かった。

俺はなぜか突然恐怖にとらわれ、それを忘れるため夢中で腰を激しく動かした。
女の膣内に男根を深く突き立てたまま、俺は奇声を発しながら射精した。
これまで数人の女をレイプしたが、こんなに冷静で気の強い女は初めてだった。
女達は必死に抵抗し、俺を罵り、しかし力尽きて俺に犯された後は哀しみに泣いた。
だがこの女だけは違った。
射精後で荒い息をしている俺を蔑むようにじっと見ていた。

たった今のことなのに、俺は本当にこの女を犯したのか確信したくなって、女の足を広げ、膣口を剥き出しにした。
確かにそこからは俺の精液が流れ出していた。

「俺に犯られたくせに、偉そうな顔をするな」

俺は女に言い、そして人差し指と中指を膣に差し込み、中を掻き回した。
精液を指に絡め、女の目の前にかざした。

「見てみろ、お前の腹の中に俺の子種をぶちまけてやったぞ」

すると女は静かに言った。

「気が済んだのなら、出て行きなさい」

初めて聞く女の声は落ち着いていた。
俺はその声に威厳すら感じた。
人としての格の違いを見せつけられた思いがした。

「何だとおっ、まだ満足してねえよおぉぉ、今度はここだあ」

俺は女の肛門に精液にまみれている人差し指を突き立てた。
女に完全に負けた俺はほとんどやけくそだった。
人差し指を肛門にねじ込もうとした時、それまで全く無抵抗だった女が急に身体に力を入れた。
そして後ろ手に縛られた身体をよじり、両足を閉じようと藻掻いた。
俺は(おやっ?)と思った。
なおも強引に肛門を責めると女の抵抗はさらに激しくなった。

「や、やめてっ」

これまでの冷静さが嘘のように女は顔を横に背け、頬を赤く染めていた。

「そんな所、触らないで」

排泄器官に嫌悪感を示す女はかなり多いが、この冷静な女がここまで狼狽し、嫌がるとは思ってもいなかった。
この女にとって肛門を嫌悪する特別な理由が何かあるのかもしれなかったが、そんなことは俺にとってどうでもよかった。
初めてこの女の弱点を知ることができ、俺は狂喜した。

「そんなに嫌か?どうだ、これでどうだ!」

硬く締まった肛門は容易に指を受け入れなかったが、どうにか第二関節まで入った。
俺は、この女だけは絶対にしてくれないだろうと諦めていたフェラチオを、肛門を責めることでさせようと思った。

「うっっ、いやー」

「そんなに嫌なら指を抜いてもいいが、その代わりフェラチオしてもらうからな」

女は、はっとしたようだったが、瞳をゆっくりと閉じると、小さく頷いた。
俺は承諾の意思表示を言葉にするよう迫り、その言葉を教えた。

「お、おしゃぶり、致します」

肛門を責めることでようやく女にその言葉を言わせると、俺は女を正座させた。
後ろ手に縛られたままブラウスの前をはだけ、乳房を露わにしたまま、ロングスカートを捲り上げられて正座する女の前に俺は仁王立ちした。

「咥えるんだ」

女は咽ながら俺の男根を口に含んだ。
屈みこむようにして女の横顔を見た。
上品な口元が俺の男根に歪められたその美しい横顔はなんともそそられた。

「舌を使えよ」

なかなか言う通りにしなかったが、初めてぎこちない舌の動きを感じた時、思わず射精してしまった。
男根から離れようとする女の頭を掴み、無理やり口内に射精した。
自分でも不思議だったが、射精後すぐに、俺の男根は女の口の中で硬さを取り戻した。
この女の口でなら五回や六回は簡単に射精できそうな気がした。
事実、男根を咥えている女の横顔を何度も見ては興奮を高め、ぎこちない舌使いが新鮮で三度続けて射精した。
もちろんすべて無理やり飲み込ませた。

そして四度目に再び硬く勃起した時、女の口から男根を引き抜き、キッチンへと向かった。
サラダオイルを探し当てるとそれを持って戻った。
女をうつ伏せにして男根と女の肛門にサラダオイルをまぶした。
俺の意図を悟った女は必死に抵抗したが、がっしりと腰を抱え込んだ俺の力に敵わなかった。

女の、「卑怯者っ」と俺を罵る声と共に男根を肛門に突き刺した。
サラダオイルの滑りで挿入は簡単だったが、女の苦痛は相当なものだったのだろう、呼吸を忘れたかのように喘いでいた。

俺は蕩ける快楽と突き上げる征服感に酔いしれた。
腰を使いながら背後から女の乳房を揉み、乳首を弄り、そして苦痛に喘ぐ女の顔を覗き込んだ。
苦しみに歪んだ美しい顔を見た時、こらえきれずに射精した。
女は肛門を犯された辛さに泣いていた。

俺は女の部屋からデジタルカメラを見つけた。
うつ伏せに足を広げたまま、肛門から精液を流している女の姿を何枚か撮っていると女が振り向いた。
その瞬間もカメラに収められたことを知ると、女はもう俺の言いなりだった。
どんな恥ずかしい姿でも写真に撮らせた。
気が強く、誇り高い女ほど一端崩れると後は脆いというのはやはり本当だった。

バスで身体を洗ってやり、膣と肛門は特に念入りに洗った。
女は恥ずかしそうに、「もう帰ってください」と小さな声で言った。

これは今週の月曜日の話なのだが、俺は明日の土曜日、またあの女の部屋に行こうと思っている。

<続く>