僕の実家は、東北の片田舎。
小学生の頃、家の近所に突然日帰り温泉施設ができた。
一風変わった温泉である。
檻に入ったイノシシがいたり、居酒屋か屋台風のカウンターがあったり・・・。
風呂自体は普通の公衆浴場風なのだが、洗い場のドアを開けると、そこは屋外プールなのだった。
もちろんプールサイドには個室シャワーやトイレもあるのだが、ほとんどの利用者は、浴場の脱衣所で水着に着替えて、浴室内を通り抜けてプールに出るという、ちょっと間抜けな使い方をしていた。

プールは小学校にあるような普通の25メートルプールである。
でも張ってあるのは水でなく温泉。
しかも茶色っぽいにごり湯なのだ。
ぬるめの風呂という感じの温度で、北国なのに5月から10月くらいまで入れた。
そのプールは、休日の日中は親子連れで結構賑わっていた。
平日の夕方も、小中学生がちらほら。

ところがこのプール、夜になると実に微妙な雰囲気になる。
プールというより露天風呂的な感じになるのだ。
浴室の洗い場の外がすぐプールサイドになっているので裸のままベンチでちょっと涼んだり、そのままプールに入ったりする人がいるのだ。
もちろん夜でもちゃんと水着を着てプールとして使っている人も少し居るのだが、照明が暗いこともあり、裸の人と水着の人が混在していても、それほど違和感はなかったように思う。
一応25メートルプールなので、端と端に居ればお互いよく見えないし。

僕の家からは歩いていける距離だったので、この温泉には週1くらいのペースで通っていた。
ついでに30分くらいプールで泳ぐのが習慣になっていた。
田舎では、わざわざ暗いプールで泳ごうなんて考える人も少ないのだろう、大抵は広いプールを独り占めできて快感だった。
たまに入っている人がいても、せいぜい1家族か1グループという感じだった。
酔っぱらって露天風呂感覚で入ってくるオヤジもいたが、風呂にしてはぬるすぎるので、早々に内風呂へ戻る人がほとんどだった。

前置きが長くなってしまった。
そろそろ本題に入ろう。

その日も僕は気分良く泳いでいた。
確か夏休み前で、外はまだまだ薄明るかったのを覚えている。

バタンッ!
女湯のドアが閉まる音がして、競泳水着にキャップ、ゴーグルの女性が現れた。

(にごり湯だから、本格的に泳ぐには向かないんだけどなあ)なんて思いながらプールの中央で泳いでいた僕は、男湯側の端に移動して泳ぎ続けた。

その女性は僕と反対側の端で泳ぎ始めた。
ゴーグル無しで温泉に顔をつけるのが嫌だったので、僕はいつも顔を上げたままの平泳ぎだった。
手も足もゆっくり大きめにかく。
その日もいつも通り、のんびり泳いでいた。
すると先ほどの女性が、プールの中を僕の方へ歩み寄ってきた。

「平泳ぎ、上手ですねえ!」

(うわっ!僕パンツ穿いてないんだよ。あんまり近づかないでよ・・・。にごり湯だから見えないだろうけど)

「あ、はい(汗)、一応スイミング通ってたので・・・」

女性がゴーグルを外すと、なんか見覚えがあるような・・・。
相手もなんか気付いたみたいだった。

「あれ!?◯◯塾の・・・美咲先生!」

女性は隣の市にある塾の先生だった。
僕は長期休暇の時だけ、その塾の講習会に参加していたのだ。
その塾には、他にも同じ名字の先生がいたので、みんな『美咲先生』と名前で呼んでいたのだ。
授業もわかりやすく、相武紗季ちゃん似で人気のある先生だった。

「ん、君はええと・・・」
「斎藤です、斎藤修。春期講習で先生に教わりました」

「あー、春期講習でねー。家、この近くなの?」
「はい、すぐそこです」

「私も実家がこの近くなの。普段は大学近くのアパートなんだけど。最近毎日泳ぎに来てるの」

美咲先生は大学生なのだった。
塾はバイトだったのか。

「先生、僕もう上がりますから。さようなら!」

やはり相手が水着を着ていて、自分が裸というのは、なんとも落ち着かないものだ。
午後8時を過ぎて辺りはすっかり暗くなっていたし、お湯はにごっているので、実際は見えないはずなのだが。
挨拶もそこそこに僕はプールを上がると男湯へ駆け込んだ。

翌日も一人でその温泉へ行った。
2日連続なので、入浴料をくれる時、母がちょっと渋い顔をしたのを覚えている。

(美咲先生、来てるかな?)

また会いたいような、会いたくないような・・・。
でも2日連続で来たということは、会いたいんだよな(笑)
昨日は恥ずかしかったけど。

温泉に着いた時、もう8時を過ぎて、辺りはすっかり暗くなっていた。
男湯の洗い場のドアをちょっと開けてプールを覗いてみると、美咲先生らしき人が泳いでいるのが見えた。
先生が向こう岸に着く頃合いを見計らって、僕は急いでプールに駆け込んだ。

(それにしても先生、泳ぐの遅いな。あれ?今日は帽子とゴーグルしてないな)

美咲先生は、やっとターンしてこちら岸に向かってきた。
ショートヘアの美咲先生は、帽子を被っている時よりも数倍可愛く見えた。

「あーっ!修くん!今日も来たんだー」

「あ、はい(汗)。先生、今日は帽子被ってないんですね」

美咲先生は笑うとえくぼが見えて、すごく可愛い。

「そうなの。修くんみたいに顔上げて泳げばゴーグルもいらないしね。実は今、平泳ぎの練習中でね、修くんの真似して泳いでるつもりなの」

(僕の真似?・・・それにしては、あまりに下手すぎるぞ!?)

美咲先生の話では、こういうことだった。
その夏、先生は小学校の教採を受けることになっていた。
試験には水泳の実技もあり、クロール25メートルと、平泳ぎ25メートルが必須になっていた。
ところが先生は平泳ぎが苦手で四苦八苦しているらしい。
そんな会話をしている時、今日の先生の水着に肩紐がないことに気付いた。

「先生、今日の水着・・・」
「水着?着てないよ」

「えっ!(大汗&絶句)」
「だって、修くんだって昨日海パン穿いてなかったでしょ?なんかここ露天風呂みたいな感じだし、暗くてにごり湯だから大丈夫かなと思って(笑)。いつも空いてるしね。今日で連続4日目だけど、長く泳いでたのって修くんだけだったよ」

確かにその通りだけどさ・・・。
たまにタオル片手に入ってくるおばちゃんは居るけど、若い女の人は珍しいと思う。
美咲先生は、また可愛いえくぼを見せて言った。

「もし誰か入ってきても、その人が出て行ってから上がれば見られる心配もないでしょ?」

首まで浸かっていれば、水着着ているかどうかなんて見えないし、確かに先生の言う通りだと思った。

(でも、先生も裸、僕も裸・・・)

中2男子にとっては想像するだけで鼻血ものだった。
しかも想像ではなく、今、目の前に裸の美咲先生がいるのだ!

「ねえ、修くん、平泳ぎ教えてよ」

美咲先生は心臓ドキドキで死にそうになっている僕にはお構いなしに、そんなことを言い出した。

「えっ、いいですけど」

「じゃあ私、泳いでみるね。どこが悪いか教えて」

そう言って美咲先生は泳ぎ始めた。
でもなかなか進まない。

「先生、たぶん腰の位置が下がりすぎてるんだと思いますよ」

いくらにごり湯といっても、蹴っている足の裏がチラッとも見えないのはおかしいのだ。

「え!?腰?」

美咲先生はそう言うと、ピョコッと腰を持ち上げた。
にごった水面に薄っすらと先生のお尻らしい影が見えた。

(わっ!先生のお尻だ!)

僕はますます胸がドキドキしてしまった。
その時、先生の両足の甲がチラッと見えた。

(あ、そうか!“煽り足(あおりあし)”になってるんだな・・・)

「先生、もしかして煽り足で泳いでるんじゃないですか?」

僕がそう言うと、美咲先生は泳ぎを止めた。

「えー?煽り足って何?」

「ええと・・・、先生、平泳ぎって足の裏で水を蹴るんですよ。先生はたぶん足の甲で蹴ってるんだと思います」

「ああ、そういうこと!・・・。でも私、ちゃんと足の裏で蹴ってるつもりなんだけどなあ」

煽り足は初心者が陥りやすい失敗である。
でも、“ちゃんとできているつもり”の人に口頭で教えるのは難しいものだ。

「じゃあ、僕がやってみますから見ていてください」

僕はプールの端に掴まって、“かえる足”をやってみせた。

「こうですよ、こうやって足の裏で蹴るんです」

腰を上げすぎると、僕のお尻が先生に見えてしまう。
だから腰は低めにしたまま、足の動きを強調してみた。
それでも美咲先生は“まだよくわからない”という顔をしている。

「ねえ修くん、お湯にごっててよく見えないよ。プールの縁に腹ばいになって足の動きをよく見せて」

(えーっ!そんなことしたら、僕のお尻が丸見えになっちゃうよ。嫌だなあ・・・)

「先生、ちょっとそれは・・・」
「え?何?」

「あの・・・、僕、海パン穿いてないし・・・」
「あー!修くん、恥ずかしいんだ!ごめんごめん」

いくら周囲は真っ暗といっても、外灯の薄明かりと月明かりで、暗闇に目が慣れると結構見えてしまうのだった。

「修君、海パン持ってきてないの?」

「はい・・・」

先生はこんな提案をした。

「それじゃあ、私のタオルで隠してあげるから。大丈夫大丈夫!ほら、早く腹ばいになって!」

先生はかなり強引である。
僕がしぶしぶプールの縁に腹ばいになると、先生はすかさず僕のお尻にタオルを被せてくれた。

(先生のタオル・・・)

普通のフェイスタオルだったと思うが、なんか妙に興奮してしまった。

(いてて・・・)

ギンギンに硬くなったちんこがコンクリート面に押しつけられて、ちょっと痛かった。

「いいですか、先生、こうですよ。かえるみたいでしょ?だからこれは“かえる足”って言うんです」

「あ、なるほどー」

「足首をしっかり曲げて、かかとで蹴る感じです」

腕組みして、さりげなく胸を隠しながら美咲先生が言った。

「ふーん、あ!もっと続けてやってみて」

「はい」

美咲先生は僕のキックを熱心に見ているようだった。
キックを続けながら後ろをチラッと振り返ると、先生は水面から顔だけ出していた。

(あれ!?先生、僕のお尻、覗いてる!?・・・でも、女の人がそんなエッチなことするはずないよなあ)

でも、(見られてるかも)と考えると、ますます興奮してしまい、ちんこが痛くなった。

「修くん、脚曲げて引きつけたところ、よく見せて」

「いいですよ」

(やっぱり先生見てるな。でも、もういいや!)

「膝をこう曲げて足をお尻に引きつけて、足首はこう曲げるのね?」

「そうです」

ちょっと振り返ると先生の顔と胸が見えた。
すごくドキドキしてしまった。
おっぱいをよく見たかったけど、腹ばいの体勢では無理なことだった。

「ねえ、ゆっくりキック続けてみて」

「はい」

もう僕は先生に言われるがままだった。

(きっと先生には、僕のお尻の穴まで全部見えてるだろうな・・・。でも先生は、まじめに平泳ぎを覚えたがってるんだから、そんなこと気にしちゃダメだ!)

僕はそう自分に言い聞かせた。

「なんか私もできそうな気がしてきた。ね、今度は修くん見ていて!修くん、今度は私のお尻にタオル被せてね」

美咲先生はそう言うと、両腕で胸を隠しながら、素早くプールの縁に腹ばいになった。
僕はすぐにお尻にタオルをかけてあげた。
でもタオルは小さすぎた。
お尻の割れ目はしっかり隠れたけど、柔らかそうな太ももはむき出しだった。
少し日焼けの跡が付いた背中も丸見えである。

「こう?こんな感じ?」

どうも先生はよく分かっていなかったみたいで、相変わらず煽り足になっていた。

「そうじゃなくて、足の裏で蹴るんです」

「んー、よくわからないな・・・。修くん、私の足、掴んで動かしてみて」

(えーっ!?先生の体に触るの!?)

つま先を持つだけなのに僕はすごく興奮してしまった。
それは、僕が足フェチに目覚めた瞬間だった。

「こうやって・・・、膝を曲げるのと同時に、足首も曲げてお尻の方にグッと引きつけるんです。それから、かかとでスーッと蹴る感じです。途中で止めないで、脚がすっかり伸びきるまでですよ」

「あーっ!なるほどー!足の裏で蹴るってこういうことだったのね」

先生は嬉しそうにニコッと笑った。
えくぼが可愛いなあ。

「こうでしょ?」

そう言うと美咲先生は、何度もかえる足をやってみせた。
先生のかえる足キックは、ちょっと脚を大袈裟に開きすぎていた。
もっと両膝を閉じ気味にしてもいいのだけど・・・。
僕はそう思いながら、口からは違う言葉が出てしまった。

「先生、もっとしっかり膝を曲げて、外側にしっかり開くんです!ガニ股みたいな感じで!」

そう、僕はタオルに隠れている美咲先生の“太ももの間”を見たかったのだ。

(先生にも僕のお尻が見えていたはずだ。それにこの体勢だと、先生は振り返っても真後ろの僕はよく見えないはず・・・)

先ほど自分が経験した体勢だから確信があった。

「修くん、さっきみたいに私のつま先持って教えてよ」
「わかりました。先生、ちゃんと前見て脚の感覚で覚えて下さいよ」

「うん、わかった」
「じゃあ、ゆっくり動かしますよ。膝をしっかり曲げて、股をしっかり開いて、足をお尻に引きつけます」

僕は両手で先生のつま先を持ちながら、先生が脚を曲げていくのを手助けした。
足をお尻に引きつけさせながら、顔だけ水面から出す体勢で美咲先生のお尻を覗き込んだ。
ちょうど僕はバンザイするような体勢になった。
美咲先生のお尻にかけたフェイスタオルは、まるで超ミニスカート状態になっていた。
この角度だと、スカートの中はすっかり丸見えだった。

「じゃあ先生、自分で何回もキックしてみてください。ゆっくり」

僕は先生の真後ろの、ちょっと離れたところまで下がった。

「こんな感じかなあ?」

先生は、かえる足キックをゆっくり繰り返す。
先生の脚は、ちょっと筋肉質で、少し日焼けしていた。
脚を引きつけた時に見えるお尻は、脚と対照的に真っ白に見えた。

(とても柔らかそう・・・。触ってみたい・・・)

僕は必死の思いで欲望を抑えた。

「先生、だいぶ上手になったから、ちょっと泳いでみてください」

「うん、やってみるね」

美咲先生の泳ぎを確認するためを装ったが、実はあまりに高ぶった自分の気持ちをクールダウンさせるためだった。

(あれ?また煽り足に戻ってるな・・・)

美咲先生は、初めの2キックくらいはしっかりかえる足になっていたが、泳いでいるうちに、だんだん元の煽り足に戻ってしまっていた。

「先生ーっ!また煽り足に戻っちゃってますよー!」

「えーっ?そう?それじゃあ、もう1回教えて。ごめんね、なかなか覚えられなくて」

美咲先生はちょっと悲しそうな顔をした。
僕は急に真面目な気持ちになった。

「いや先生、平泳ぎって簡単そうに見えて結構難しいんですよ。でも大丈夫。練習すればちゃんと泳げるようになりますよ」

「そう。もう少し頑張ってみるかな・・・。かえる足の形、しっかり身体で覚えたいから、修くん、また私の足持って手伝ってくれる?」

(やったー!また先生の足に触れる!)

僕は瞬時にエッチな気持ちに戻ってしまった。
美咲先生はプールの中で腕組みして両胸を隠しながら立ち上がり、プールの端に腹ばいになった。

「修くん、足持ってフォーム直してね」

「はい」

(あれ?先生、「タオルかけて」って言わなかったよな。いいのかな・・・)

僕の胸は破裂するほどドキンドキンしていた。
僕は25メートルプールの中央付近からプールの角、ちょうど内風呂から一番遠い場所でお尻を突き出している美咲先生に向かって、ゆっくり歩いていった。
先生のフェイスタオルは、だいぶ離れたところに置いたままになっていた。
どうも美咲先生は、僕の前ですっかり油断していたようだった。
少なくとも、僕を男とは意識していない感じ。
要するに子供扱いである。
当時の僕は中2にしてはかなり小柄で、しかも声変わり前だった。
陰毛もまだ生え始めたばかりだった。
だから先生が油断するのも無理もなかった。

先生は一応おっぱいは手で隠していたけど、あまり恥ずかしそうではなかった。
一方で僕はすごく恥ずかしかった。
特にちんこだけは絶対に見られたくないと思った。

美咲先生は自分でキックの確認をしていた。
先生の両脚が、まさにかえるの脚のように、ゆっくり伸びたり縮んだりしている。

(きれいな脚だなあ)

僕はすっかり見惚れてしまった。

(大人の女の人のお尻って、結構大きいんだな)

今思うと、美咲先生のお尻はそんなに大きい方ではなかったように思う。
でも中2で成長の遅かった僕には、大きくて丸くて、とてもきれいに見えたのだ。
先生の真後ろに回ると、僕の目に真っ白な両足の裏が飛び込んできた。

(美咲先生って、足の裏までこんなにきれいなんだ・・・)

「ね、修くん、足掴んでみて」

(わ、また先生の足に触れるんだ!)

「はい!」

僕は前よりもちょっと大胆に、両足の土踏まずの辺りをしっかり掴んだ。

「修くん、ゆっくり動かしてみて」

「はい」

僕は先生の伸びきった両脚を、ゆっくりかえる足の形にするのを手伝った。
両足がお尻に近づくにつれ、僕の身体も先生のお尻に近づく。
僕は背が低かったので、プール内で立っても腰は水面下だった。
硬くなったちんこの先が、ちょうど水面すれすれだったのをよく覚えている。

美咲先生は上半身が陸上で、両脚がお湯の中という状態だった。
僕は先生の両足を、ゆっくりゆっくりお尻に近づけていった。
普段は水着に隠されている先生のお尻は、日焼け跡のせいで、まるで白い水着を着ているかのように見えた。
月明かりでは細かな色の感じは判らなかったが、お湯に濡れて光る丸みのあるお尻は、とても美しかった。

「先生、この足首のフォーム、しっかり覚えておいてくださいね」

僕は美咲先生の両足をお尻に近づけたところでそう言い、そのまましばらく手の動きを止めた。
僕は先生の両足の土踏まずを掴んでいる。
先生の両足はかえるみたい、つまりガニ股状態で、左右のかかとの間は30センチくらい。
かかとの間には濡れた丸いお尻が見える。

(あれ?先生のお尻って結構うぶ毛が生えてるんだな)

月明かりに照らされて、先生の白いお尻から背中にかけて、濡れたうぶ毛が光っていた。
そして、かかとの間の、ちょうど真ん中には、美咲先生の可憐なお尻の穴が見えていた。
水面下のちんこがビクビク、ビクビクし始めた。
身体全体が震えて、股間にカーッと痺れるような感覚が襲ってきた。

(触ってもいないのに、もう出ちゃいそうだ、やばいよ)

僕は思いきって、もっと顔を近づけてみた。
先生のかかとが僕のほっぺにくっつきそうだった。

(ああ、先生のお尻の穴、匂い嗅いでみたい。美咲先生のお尻の穴を見たり、匂いを嗅いだりできるのは、きっと僕だけだよな)

今振り返ると、なんで匂いなのかと思うのだが(笑)、当時の僕の興味の方向はそうだったのだ。

お尻の穴はキュッとすぼまっていて、当たり前のことながら何の匂いもしなかった。
そして、その3センチくらい下はスーッと縦に割れていた。
今思うと、美咲先生はずいぶん毛が薄い方だったようだ。
後ろから見る限り、毛はよく見えなかった。
割れ目はちょうど水面に見え隠れしている状態だった。
暗い中で目を凝らして見ると、薄い唇がぴったり合わさったような感じだった。
ガニ股状態で、両脚は最大限に広げているのに、唇はしっかり閉じられていて、中身は全く見えない。
お尻から割れ目両側までは真っ白なのに、唇は少し濃い肌色のように見えた。
薄いけど、ふっくらした唇。

(あー、触ってみたい・・・。口を付けてみたい・・・)

「脚曲げたままだと辛いんだけど」

美咲先生の声に僕はハッと我に返った。

「ご、ごめんなさい」

「脚曲げた時の感じは、しっかり覚えたつもり。でも何回か繰り返してみて、足持ったままで」

「はい!」

僕は美咲先生の身体に見惚れながら、かえる足キックのサポートを続けた。
両足がお尻に近づいた時に僕が少しグッと腰を突き出すと、もう少しでちんこが先生の割れ目にくっつきそうだった。

(これがあそこに入れば、セックス・・・赤ちゃんできちゃうのかな?)

僕はそんな妄想に耽りながら先生のキックの練習を手伝った。

「ありがとう。そろそろ自分でやってみるね」

美咲先生の声に僕は足を持っていた手を離した。
それから先生は、かえる足キックを繰り返した。

「先生、足首の力を抜いて、しっかりかかとで蹴る感じですよ」

「わかった。気をつけるね」

「それじゃあ、また泳いでみてください」

先生はゆっくり平泳ぎを始めた。
今度はちゃんとかえる足のフォームを保っている。
25メートルを泳ぎ切り、ターンしてこちらへ戻ってきた。

「先生、今度はちゃんとできてますよ」

「ホント!?修くん、ありがとう」

先生は本当に嬉しそうに満面の笑みを浮かべた。
白い歯が見え、いつものえくぼができた。

「もう私の平泳ぎ、カンペキ?」
「うーん、まだ手と脚の動きのバランスが良くないですね。手と脚のタイミングを上手く合わせられれば、もっとずっと楽に泳げるようになりますよ」

「えー、そうなの?難しいねえ、平泳ぎは。修くん、また教えてよ!」
「えー?どうしようかな・・・」

僕はとっさにそう答えてしまった。
教えるのは全然かまわないし、美咲先生の身体ももっとよく見たい・・・。
でも、なんかちょっと怖い感じもしたのだった。

「いいでしょ?ちゃんとお礼するから。今日はとりあえず風呂上がりにジュースおごるから」

「え?ありがとうございます」

僕は急に渋い顔の母を思い出してしまった。

「毎日温泉に来るのは親がちょっと・・・。『友達に水泳教えるから』って言えばなんとかなるかも・・・」

「あー、それじゃあ、私が入浴料出すね。そうすれば、お小遣いなくなる心配もないでしょ?」

「あ、それならたぶん大丈夫です!」

こうして、数日間の水泳教室と、保健の特別授業が始まった。

<続く>