甥のSちゃんは主人の姉のお子さんで、大学受験で上京するって連絡があって、うちを受験宿に提供しました。
私立大学を2校受験、中1日おいてのスケジュールのようでした。

うちに来たのは、1校目の入試が終わったあとの夕方。
小学校5、6年生の頃に会って以来。
ニコニコして、「こんちわ」ってお辞儀して、大きくなったSちゃん。
お風呂で、小学校前の可愛らしいおちんちんを、素手で洗ってあげた覚えがあります。

私「明日の朝食は?起きて一緒に食べますか?」

確認のため部屋をノックしました。
返事がありません。
受験生です、気を遣います、そっと開けてみました。
むこう向きにイスに座って、ヘッドフォンしてて、私に気がつかない様子。
毛の生えた太腿が見えてる。

(何してんのかな?)

そっと近づいてみました。
・・・おちんちんを手で握って自慰行為してる。
・・・受験生です、気を遣います。
見なかった事に。
そっと戸を閉めました。
まさか目の前で若い男性の自慰行為を見ちゃうなんて。
あとで、くずかごのティッシュから大量の精液の匂いがして・・・。
若いエネルギーをもて余してるんですよね。

翌日の早朝、私、いつも通り朝のシャワーしてました。
バスタオルで髪を拭きながら脱衣所の戸を開けたら、そこに主人が入ってきた。
タオルで全然見えないまま、「残業の時は、できるだけメール下さいね」と、主人に夕食の確認のいつものセリフ。

S「あ、おはようございます」

(あれ?)

主人の声ではなくて、Sちゃんでした。
そそくさと出て行きました。

(見られた・・・)

一糸まとわぬ姿っていうやつ、見られちゃったんです。
まあ、いいかな。
これでも私、ちょっとは自信あるので。

Sちゃん、最終日の入試が終わって、もう一泊してから帰ることに。
夕方、主人から連絡があって、大量の残業で終電に間に合わないかもって。
Sちゃんと2人で夕食です。
気を遣って入試の話題に触れず、部活の話題になりました。

私「Sちゃんスポーツは?得意なのかな?」

そしたら、「テニスって意地悪なやつが上達するんだよ」って。
どうやって相手の裏をかいてやるか、相手の裏をかくのに快感覚える。
そういう意地悪なやつが上達する、嫌なスポーツだねって、そんなこと言って笑わせてくれました。
色々話しててわかりました。
どうやらSちゃん・・・女性経験があります。
目線が何度も何度も、私の胸を狙ってるんです。

S「友人から電話がくる約束だから、お風呂は後で入ります」

Sちゃんがそう言うので、私が先にお風呂に入りました。
浴槽でくつろいでると・・・。

(あれ、Sちゃん・・・)

脱衣所に入って来て、脱ぎ始めるのが擦りガラス越しに見えました。
えーまさか、何してんのっていう感じ。
私とあなた、叔母と甥だよぉ。
心臓がドキドキしました。

Sちゃん、裸で入って来ちゃいました、どうしよう。
私、おどおどするだけで、どうにも出来ない。
なんか、怖い。
Sちゃんすらっとしてて、筋肉が締まって意外にいい体してる。
勃起したシンボル、・・・大きい。
一瞬、眼を奪われました。

S「一緒に入ろう、いいよね?」

そう言われて私、壁向いたままガタガタ震えて言葉が出ませんでした。
Sちゃん、かぶり湯してから、浴槽を跨いで入ろうとします。
私、入れ違いに浴槽を出たけど、それが自分でも不格好な仕草で・・・。
上向きに興奮してる男性シンボル、間近で凝視しちゃいました。
Sちゃん、全然、前を隠さないんだから、しっかり見えちゃって。

S「ぼくが嫌いなの?」

Sちゃんが聞きました。

私「違うの、Sちゃんのこと好きよ。Sちゃんは?私が好き?私はSちゃんが大好きよ、だから、こういうのやめようね。お願い」

そこまで一気に言ってから、やっとSちゃんの顔を見る事ができました。
Sちゃん、落ち着いた表情になってました。

「うーん」って言って、でも遠慮なしに私の体を見てるんです。

見られてるままシャワー浴びました。
恥ずかしいのを堪えてシャワーして、見られて、じっくり見られてあげちゃって。
若い甥に裸を見られてる、私は叔母。
・・・そのくらいは・・・いいのかなぁ。

私「先にあがらせてね」

そう言って、脱衣所に入りました。

「おやすみ」って言って、それで終わり、・・・そう思いました。

深夜に目が覚めて、なかなか寝付けませんでした。
間近で見たSちゃんの若い勃起シンボルが目に浮かんできます。

(あのままSちゃんを受け入れてたら?そんなの出来ない、出来ない。もし、そうしてたら、それって・・・嬉しいかも・・・)

いけない妄想してる、私。
濡れてきちゃって、ちょっとトイレ。
用を足して出たら、あれ、Sちゃんが居てびっくり。

私「起きてたの?」

S「叔父さんは?まだ帰ってないの?」

私「たぶんカプセルホテルかどっかに泊まって、そのまま朝、出勤でしょ。よくあります」

そう言ってドキドキしながら見上げたらSちゃんと目が合って、・・・抱き寄せられました。
首筋にキスされて、すごい力で押さえ込まれて。

(どうしよう、どうしよう、だめだよー、だめー)

Sちゃんの手が私のお尻を掴んで、ぎゅって掴んで、下からお尻揉まれて、指先を食い込ませてくるんです。

私「だめ、だめ・・・」

弱く言うだけで、体が抵抗できない私。

(・・・いいかな・・・いいの、かな・・・こうなったらもう、いいんじゃないの・・・。このままお相手してあげようよ、私でよければって・・・。よくある事なんじゃないの・・・いいのよ)

私「Sちゃん、そこは叔父さんのベッドよ、こっち来て」

そう言ったら素直に座り直してるSちゃん。
今度は私からキスしながら、そっと押し倒しました。
ジャージとトランクス、一緒に下ろしてあげたら、愛おしいモノが元気にそそり立ってました。
どうしよう、まずお口で。
右手で握ってお口にしてあげました。
Sちゃん、びくって反応して、こっち見て。
吸って、吸って、揉んで、揉んで、刺激してあげて、(こみ上げる興奮を全部、吸い取っちゃおうか・・・)、そんな気持ちを込めて吸い続けました。

S「・・・あの・・・そろそろ・・・ゴムありますか?」

引き出しの中のゴムを手渡して、私、仰向けになりました。
黙っててもSちゃん、下着まで脱がせてくれました。

(あらあら、乱暴な脱がせ方、もう少し優しく。あれ、何してんの、見上げてんの?私の濡れた・・・見てんの?やだー、恥ずかし)

手で隠したけど、強い力で手首掴まれて・・・。

私「だめー、いやー、見ないのー」

心臓がドッキドッキして破れそう。
呼吸も乱れて、はあはあって。
足を閉じても無駄、簡単に開かれちゃって、そして・・・。
あーっ、急に、吸い付かれたんです、顔をべったり押付けられて。
吸われてる、吸われてる、ぎゅーっ、ぎゅーって吸われて。

(力が、体中の力が抜けて、力が入んない、私、もうだめ・・・)

Sちゃん、私の太腿を両手で抱えちゃって、その格好で強く、もっと強く吸うんです。
気が遠くなりそう・・・いい、気持ちいい、いいのー・・・。
無理に息を吸って、ふーって吐いた・・・でもだめ・・・。
呼吸が乱れて、・・・はぁはぁ言ってる私・・・恥ずかし・・・。
彼の熱く興奮した男性シンボルが・・・見える・・・。
私の・・・濡れた女性に向ってる・・・。

私「はぁはぁ」

・・・ヌルッて・・・受け入れました・・・。
Sちゃんもはあはあ言いながら、私のために一生懸命突いて・・・私を・・・刺激してくれるんです。
私の中に入ってる彼の男性部分が、あったかくて、気持ちいい。
ちょっと冷え性の私には、彼の男性部分の温かさが、とても気持ちよくって。
Sちゃんに力強く、突かれて、突かれて、突かれて、突かれて・・・。
密着して私の胸に顔を埋めてる彼。
背中が見えて、筋肉が波打ってました。
Sちゃんの若い精力を、私、全身で、受け止めて、受け止めて。
感じる、感じる、もっと、もっとよー、いい、いいわぁ。

私「いいわよー、Sちゃんは、どう?」

S「え、褒めて、くれる、んすか、うれしぃ、な」

腰振りながら言わなくてもいいのに。

(・・・あれ、中で勃起がちょっと膨らんだみたい、私わかるわ・・・。・・・あっ、すごく、強く、私を、突き、始めた、あっ、あっ、終わるの、かな?)

・・・ああーっ、ドクドクッって感触が伝わって、Sちゃん、私の中で射精。
動きが止まって、ふーって言ったSちゃん。
全身密着してて、心臓の鼓動まで伝わりました。
んーって、キス。
そのままじっとしてたら、私の中でまた硬くなってきちゃったSちゃん。

(元気ね。いいわよー、つき合っちゃうわよー、さ、もういっちょうやろうかー)

私、どうしちゃったのかな、いつもの私じゃないのよ。

Sちゃん、大学はどっちも合格したみたいです、良かった。
え?本命は国立?これからなの?
頑張ってねー!