「久しぶりィ。ヒトシ君。どう?元気してた?」

姉が結婚してから半年。
弟の僕から見てもとっても美人で、そしておっぱいとお尻も大きくて、僕の大好きな姉が半年ぶりに実家に帰ってきた。

「相変わらず、くっさい部屋ねえ。どうせまたオナニーばっかりしてるんでしょう?」

懐かしい姉の匂いに俺のチンポがむくりと反応した。

「ヒトシ君さァ。そんなに部屋に閉じこもってないでさ、たまには外の空気も吸いに、散歩でもして来たほうがいいよ」

姉が嫁いで以来、僕はショックで何も手がつけられないでいた。

「ヒトシ君、ホントは頭いいんだから来年はきっと受かるよ!」

今年こそ、今年こそはと思いながら、ついに大学受験に3回失敗してしまった僕だった。

「ヒトシ君。彼女とか、できた?・・・、できてないか・・・」

そう言うと姉は僕が座っていたベッドに腰かけてきた。

「ヒトシ君ももうハタチ過ぎたんだし、そろそろ、お姉ちゃんのことは忘れて可愛い彼女でも作んなさい」
「そんなこと言ったって、ぼ、僕お姉ちゃんのことが今でも・・・」

「いくらヒトシ君がお姉ちゃんのこと好きでも、私はもう人妻なの。分かって・・・」

僕は悲しくなって、泣きじゃくりながら姉の太ももにしがみついていた。

「ヒトシ君。今の私には、これくらいしかしてあげられないけど・・・」

姉はGパンの上から僕のチンポを擦ってくれた。

「もう硬くしてるのね。ヒトシ君がいい子にしてたら、前してたみたいにお口でしてあげてもいいんだよ」

姉のフェラチオ!
もう二度としてくれないんじゃないかと思っていた。
僕のチンポが急に硬度を増してきた。

「あら、思い出しちゃったのかしら?お姉さんのお口の味・・・」

そう言うと姉は自分の人差し指をゆっくりとしゃぶり始めた。
僕はすがるような目で姉のことを見た。

「もう。ホントに甘えんぼさんなんだから・・・」

姉は僕のズボンとパンツを下ろしてくれた。
僕のチンポがビクンと弾かれるように躍り出た。

「これ、これ。ヒトシ君のこれ、懐かしいなァ」

姉の優しい手が僕のチンポを包んでくれた。

「やっぱし、ヒトシ君のって大きいよ・・・ウチのダンナのなんかより全然っ」

大好きな姉を奪った男のモノと比較されるのは嫌だったが、大きいと言われて悪い気はしなかった。

「それに、ヒトシ君のって、硬いし・・・」

姉の手が竿から袋の方に移っていった。
これは姉のいつものパターンだ。
(すると、次は・・・)

「ちゅぱぽうッ。ちゅるぅっ、しゅぱあぁ」

僕の袋を大事そうに愛撫してから、次は怒涛のフェラチオ。
その流れるような姉の攻撃に僕はもうメロメロだった。

「あっ、うぅん、お姉ちゃんっ」
「いいのよ。ヒトシ君。どんどん感じて!」

半年ぶりの姉のフェラチオに僕はもう我慢できなかった。

「駄目だよ。ぼ、僕っやっぱりお姉ちゃんがぁっ、あぅっ、・・・」

激しい射精を姉の口に放ち始めたにも関わらず、姉は僕のチンポから離れずチンポの脈動にあわせて、吸い上げてきた。

「あぁあぅっ。姉さんっイクッ。僕、姉さんのお口でイッちゃうよ!」

姉は頷きながらも激しいバキュームを繰り返した。

「やっぱりヒトシ君のザーメンって濃いィね。この匂いも何か好きだし・・・また、飲んじゃった・・・。そうそうヒトシ君、受験勉強で英語だったらお姉ちゃん、ヒトシ君の力になれると思うからさ、また来るよ。だからあんましオナニーばっかりしてちゃ駄目だぞ・・・」

そう言って姉は僕のチンポの先っちょに、チュッっとキスをしてくれた。