僕(賢人)は、親友の翔太のお母さん(ひとみさん)のことが小さい頃から好きでたまりませんでした。
小学生の頃までは、どこか母親とは違う大人の女性という憧れの気持ちの方が強かったのですが、中学生になり、性に目覚めた頃から、ひとみさんの大きなおっぱいに甘えながら、ひとみさんに自分のおちんちんを手でしごいてもらいながら、射精させてもらうことを想像し、高1の今日まで、毎日のようにオナニーに耽るようになっていました。

翔太は幼稚園から一緒で、家が近くということもあり、両方の親が交代で送り迎えをしてくれていました。
翔太は元々甘えん坊の性格なのか、ひとみさんが幼稚園に迎えに来ると、必ずひとみさんに抱き付いて抱っこをねだりました。
子供が見てもちょっとなんとも言えない気持ちになるひとみさんの大きなおっぱいに抱き付いて、しっかりと顔を埋めます。
周りのお母さん達も、「翔太くんは甘えん坊だね」「まだママのおっぱいが恋しいの?」「まだ赤ちゃんなんだね」と微笑ましく言ってましたが、自分は羨ましくてたまらなかったのを覚えています。

ひとみさんは現在39歳ですが、翔太の他に、まだ5ヶ月の男の子の赤ちゃんがいます。
見た目は、とても39歳には見えないぐらい若々しく、それでいて熟女の色気もあり、男子の同級生の間でもちょっと話題になるお母さんでした。
そんな憧れのひとみさんと、本当に自分の妄想が現実になる日が来るとは思いもしませんでした。
今からその時のことを話したいと思います。

それは3ヶ月ほど前、期末テストの勉強を翔太の家で一緒にすることになった時のことです。
小さい頃からよく来ているので勝手知ったる家でした。
2時間ほど数学の勉強をした後、翔太がひとみさんに呼ばれ、赤ちゃんの紙おむつを買いに出ていくことになりました。

「自転車でひとっ走り行ってくる、30分ぐらいで戻るから」と翔太。

自分はそのまましばらく続きをしていましたが、お手洗を借りようと思い1階に下りました。
廊下を歩いてトイレまで行く途中、リビングのドアがちょっと開いていたので、何気なく目を向けると、ひとみさんがこちらに半分背中を向けてソファに座っていました。
赤ちゃんを抱いて座っている様で、よく見ると、ニットの薄手のセーターを胸の上までたくし上げて、おっぱいを赤ちゃんに飲ませていました。

(ひとみさんが、赤ちゃんにおっぱいを飲ませてる・・・、み、見てみたい)

その光景に釘づけになりました。
ひとみさんは赤ちゃんの頭を左手で抱え、左のおっぱいを赤ちゃんに飲ませています。
赤ちゃんはお腹が空いているのか、ゴクゴクと一生懸命のどを鳴らしてひとみさんの乳首を咥え続けています。
ひとみさんは、わが子を慈しむような眼差しでその様子を見つめます。
憧れのひとみさんの授乳姿を見てドキドキ感が止まらないのですが、同時に母性の象徴の様なひとみさんのその姿に神々しさすら感じました。

見ていたけど、ちょっと申し訳ないなと思った時でした。
それまでのひとみさんの柔らかい眼差しが崩れ、ちょっと苦しそうな、それでいてどこか遠くを見るような表情に変わりました。
そして、ひとみさんは、赤ちゃんを抱えている左手とは反対の右手で、セーターをたくし上げ、右側のおっぱいを露わにしました。
左のおっぱいは赤ちゃんが飲んでいるので乳首もあまりよく見えなかったのですが、今、ひとみさんのおっぱい全部が露わになりました。
それは今までネットやAVで見た、どのおっぱいよりも大きく、卑猥で、乳輪は500円玉ぐらいのサイズで濃いピンク色、乳首はぽろっとした感じの人差し指の先ぐらいの大きさでした。
その先端と周りから、白っぽい母乳が滲み出ていて、濃いピンクと母乳の白さのコントラストが鮮やかに見えました。

ひとみさんは、右手で、乳輪の周りを掴み、母乳を絞って自分の掌で受け止めています。
母乳が溜まってて苦しいのかなと思いましたが、今度は右手をおっぱいから離すと、ひとみさんの右手はスカートの中に入っていきました。
スカートの中でどんなことになっているのかはよく分かりませんが、もぞもぞと動かしてるように見えます。
その時ひとみさんは目を瞑り、歯を食いしばるように、「ん、んぅ」と小さい声を出しました。

(ひ、ひとみさんがオナニーしてる、赤ちゃんにおっぱい飲まれて感じてる)

僕は興奮を抑えきれませんでした。
ズボンのチャックを下げ、仮性包茎のちんちんを取り出し、しごきだしてしまいました。
生まれて初めてといぐらい興奮していたのでしょう、ほんの20秒ほどで射精感が高まり、堪え切れませんでした。
思わず「うっ」という声を漏らし、射精してしまいました。

当然その声にひとみさんが気づかない訳がありませんでした。

「だ、誰?誰かいるの?」

ちょっとびっくりしたような声で振り返られ、完全に目が合ってしまいました。

「す、すみません、ちょっとトイレを借りようと思って」

「な、なんだ、賢人くんか」

慌てて赤ちゃんをソファに置いて、セータを直し、こちらに近寄ってきました。

「ちょ、ちょっと、何これ?えっ?」

そうです、床にはさっき射精した精子が大量に飛び散っていました。

「ご、ごめんなさい」

「な、何してたの?」

「ご、ごめんなさい、おばさんが赤ちゃんにおっぱいあげている姿見てたら、つ、つい、が、我慢できなくなっちゃって」

ひとみさんは怒ってるというよりも、困惑しているという感じで飛び散った精子を見つめています。

「どうしたの、なんでこんなことしたの?」

ひとみさんが、ちょっと冷静さを取り戻して聞いてきます。

「お、おばさんのおっぱい見てたら、すごくいやらしい気持ちになってきちゃって」
「賢人くん、おばさん赤ちゃんにおっぱいあげてただけよ、別にいやらしいことじゃないでしょ」

「だって、お、おばさん、オ、オナニーみたいなことしてるから」
「・・・」

「そう、ごめんね、勇人最近、おっぱいを強く吸うようになったのよ、そ、そうしたら、おばさんもちょっとだけ気持ちいい時があって。おっぱいが張ってくることも多いし」

ひとみさんは恥すかしそうに、ちょっと辛そうにそう言いました。
しばらく黙っていると・・・。

「ねえ賢人君、おばさんのおっぱい見て興奮しちゃったの?おばさんのおっぱい飲んでみたいと思ったの?」

ドキッとしました。

「は、はい、おばさんのおっぱい、大きいし、いやらしいし、あ、赤ちゃんが羨ましくて、ぼ、僕もおばさんのおっぱい飲みたいと、思って」
「そうなんだ、じゃあ、賢人くん、おばさんのおっぱい飲んでみる?」

「えっ、い、いいんですか?」
「うん、おっぱい張っちゃってて、ちょっと痛いんだ。吸ってもらったら楽だし」

「飲みたいです、お、お願いします」
「じゃあこっちにおいで」

ひとみさんは赤ちゃんをベビーベッドに移して、さっきのソファに腰を下ろしました。

「さあ、おいで、私の膝の上に頭を乗せてごらん」

言われるままに、ひとみさんの膝の上に頭を乗せます。
ひざ上15cmぐらいまでスカートがずり上がるので、直接ひとみさんの柔らかい太ももに顔が当たります。
ちょっと笑いながら、「賢人くん、こっち向きなさい。じゃなきゃ、おばさんのおっぱい飲めないでしょ」と言われ、優しく顔をひとみさんの方に向けさせてくれました。
ひとみさんの太ももの柔らかさと、なんだか甘酸っぱい香りを嗅ぎながら向きを返ると、目の前にひとみさんの巨大なおっぱいが現れ、視界を覆います。

「そうか、賢人くんは、おばさんのおっぱいが飲みたかったんだ、こんなおばさんのおっぱいでいいの?」

「ず、すっと、おばさん、んん、ひとみさんのおっぱいに憧れてました、ゆ、夢みたいです」

「そうなんだ、ありがとう、なんかちょっと照れちゃうな」

ひとみさんは、セーターをたくし上げました。
さっきは見えませんでしたが、ひとみさんはワイヤーがガッチリ入った白いレースのブラジャー着けていて、さっき見て目に焼き付いている、大きめのママっぽい、いやらしい乳首はまだ見えません。

(は、早く、ひとみさんのいやらしい乳首に吸い付きたい、いっぱい、いっぱいひとみさんの母乳を飲みたいよ)

僕は興奮が抑えきれず、乳首を咥えたくてたまらない赤ちゃんのようになってしまったのでしょう。

「もう、賢人くん、ちょっと待って、今おっぱいあげるから、そんなに焦らないで」

ひとみさんは、さっきまで赤ちゃんにあげていたおっぱいとは違う方の右のおっぱいのブラジャーのカップを下にずらしました。
その瞬間、ブラジャーで隠されていても巨大だったおっぱいが、さらにその倍ぐらいの大きさになって現れ、そのいやらしい濃いピンク色の人差し指の先ぐらいの大きさの乳首からは、白い母乳が既にたらたらと染み出てきていました。

「さあ、どうぞ、賢人くん」

ひとみさんが右手で乳輪を摘んで僕の口に近づけてきました。
物心ついてから初めておっぱいを吸いますが、本能なんのでしょか、勢いよく、ひとみさんのそのいやらしい乳首に吸い付きました。
唇の先と顔全体が、その大きな、ぷにゅぷにゅのおっぱいに当たります。
なんとも言えない温かさと、やすらぎを顔全体で感じます。
と同時に、そのいやらしい熟れた乳首を口の中で思いっきり堪能します。
おっぱいの柔らかさとは違い、乳首はコリコリしていて、ちょっとざらざらです。
どうしたらいいのかよくわからないのですが、本能のまま、赤ちゃんのようにチュチューと乳首に吸い付きます。
気づくと口の中に液体を感じ、ほのかに甘い味がします。

(こ、これが母乳か・・・、な、なんか美味しい、あ、甘い!)

もう夢中で、首を咥え、母乳を吸い出します。

「ちょ、ちょっと、賢人くん、もうちょっと優しく吸って、歯を当てちゃだめ、もっと乳首の周りから押し出すように」

「ご、ごめんなさい、こ、こんな感じですか?」

言われた通り、なるべく優しく吸うようにしてみます。

「う、うん、そんな感じでいいよ・・・。上手に飲めるようになってきたね、賢人くん赤ちゃんみたいだね、可愛いね」

ひとみさんは自らも乳輪の周りを押して母乳が出やすい様にして、口の中に入れてくれます。

「いい子ね、可愛いね、そんなにおばさんのおっぱいが欲しかったんだね」

そう言いながら優しく頭を撫でてくれます。
本当に自分が赤ちゃんになったような気になって、思わず!

「ママ、おっぱい美味しいよ」

ひとみさんのことを『ママ』と呼んでしまいました。

「おばさんも賢人くんが本当の子供みたいな気持ちになってきたわ、いいわよ、ママ、ママって呼んで甘えてね」

「ママー、おっぱい、おっぱい、僕の、僕のおっぱい」

ひとみさんは優しくずっと頭を撫でながら授乳してくれていました。
5分ぐらい、おっぱいを吸い続けていたでしょうか。

「賢人くん、なんか、ここ硬くなってるよ、赤ちゃんがなんでこんなとこ硬くしてるの?」

ひとみさんは、ちょっと咎めるように、それでいて冗談ぽっく言います。

「賢人くん、さっきもあんなに精子出してたじゃない、また出したくなっちゃったの?」
「ご、ごめんなさい、ママのおっぱい飲んでたら、またおちんちんがムズムズしてきちゃって」

「そんなにいつもおちんちんから精子出したくなっちゃうの?」
「う、うん、毎日必ず2回はオナニーしてる。いつもママのおっぱい吸いながら、手でしてもらってるとこ想像しながらしてる」

「そうなんだ、じゃあ、ママがそうしてあげようか?」
「えっ、いいの!」

ひとみさんは僕の口から乳首を優しく離すと、まるで看護婦さんのような手際で、僕のベルトを外し、ズボンを下げ、ブリーフを下げました。

「賢人くん、まだ高1なのにこんなにおちんちん立派なんだ、翔太もこんなのかしら」

ひとみさんの手が伸び、僕の今にも爆発しそうなおちんちんを包みます。
ひとみさんの手、気持ちいい・・・。

「さあ、どんな感じにしてもらいたい?賢人くん」

「おっぱい飲みながら、ママのおっぱい飲みながら、ママの手でしごいて欲しいよ」

「うーん、でもすぐ出しちゃいそうだからな、賢人くん」

ひとみさんはそう言って立ち上がり、その場でセーターとスカートを脱ぎだしました。

「あ、あ、ママ」

白いレースのブラジャーがその巨大なおっぱいを下から突き上げる様に持ち上げていて、お揃いの白いレースのパンティは、ムチムチの、まさに熟女の下半身を最大限卑猥に魅せ、クラクラとする大人の女のむせるような匂いを漂わせていました。

「ママ、す、すごいよ、見てるだけでイッちゃいそうだよ」

「だめよ。ママがこれから気持ちよく、お漏らしさせてあげるから」

ひとみさんは下着姿のままソファに座ると、僕を膝の上に座らせました。

「さあ、ママがゆっくり、賢人くんのおちんちんしごいてあげるから」

僕はひとみさんの首にしがみつく様な恰好になりました。

「そう、そう気持ちいいでしょう、いいのよママに思いっきりしがみついていいのよ」

「ママー、ママー!」

僕はほとんど叫びながら、ひとみさんにしがみつきます。
ひとみさんはちんちんをしごくスピードに強弱をつけながら、僕がイキそうになり、口が開いて息が漏れそうになると、優しく、そして強くキスをして、まさに女の香りで窒息しそうになるぐらい、柔らかい、ねちょねちょした舌を僕の口の中で掻き回します。

「ママー、気持ちいいよ、もう出ちゃいそうだよー」

「大丈夫よ、ママが全部出させてあげるから、おしっこでも、精子でも、賢人ちゃんが出したもの、なんでも出させてあげる、ほら我慢しないで、ママにあずけて」

ひとみさんの手の動きが速くなってきました。

「ママー、お、おっぱい欲しいよ、ママのおっぱい欲しいよ、おっぱいが飲みたいよー」

「そうよね、賢人ちゃんはママのおっぱいが欲しいのよね、いっぱい、いっぱい飲みなさい、好きなだけ、好きなだけママのおっぱい飲みなさい」

そのまま二人ともソファに横になり、ひとみさんは左手で僕の頭を抱えて授乳させ、右手で今にも爆発しそうなおちんちんを根元から握り、しごきます。

「ママー、ママのおっぱい美味しいよ、僕だけのおっぱいだよ、誰にもあげちゃだめだよー。ママー」

「大丈夫よ、ママのおっぱいは賢人ちゃんだけのものよ、賢人ちゃんだけが飲んでいいのよ。さあ、安心してお漏らししちゃいなさい、ママのお手々の中で、いっぱい、いっぱい精子を出しなさい。おいで」

その瞬間、こんなに射精って長く、何度も出来るものなんだと、びっくりするぐらいの量をひとみさん手の中に放出しました。
どっくん、どっくんと射精が続く間、ひとみさんの母乳が口の中から溢れ出てくるのがわかりました。

<続く>