かなり以前、ヨーロッパの某国に出張した時の話だ。
あまり高級じゃないホテルで有料のアダルトチャンネルを見たんだが、なかなか面白い番組をやってた。
以下、おぼつかない記憶を適当に補正しながら紹介する。

タイトルは『ママを探せ!』・・・みたいな感じ。
いきなり頼りないが、なにせ昔の話だ。
出演者は全員ラテンっぽい白人。
セリフはイタリア語(たぶん)で、英語の字幕付きだった。
スタジオで収録した一般参加のバラエティー番組って体裁だが、たぶんプロの俳優を使ったフィクションだと思う。

内容は至って単純だ。
出演は一般公募という設定の母子4組。
息子役の男が順番にスタジオに入り、パネルの向こう側に並んだ女4人の裸の胸と下腹部だけを見たり触ったりして、どれが母親か当てるという、馬鹿バカしくも笑える趣向だった。
賞金は結構高額だったと記憶してる。

それぞれの息子が挑戦する前、事前に録画した親子一緒のインタビューが流れた。
この時点では母親も服を着てて、進行役の女が2人の年齢とか賞金の使い道とか、「ママの裸を最後に見たのはいつ?」なんて質問をしてた。

母親は4人とも自称アラフォー。
実年齢もそんなもんだろう。
さすがに絶世の美女はいなかったが、どれもそれなりに整った顔立ちで、妖艶というか大人の色気に溢れる感じだ。
熟女物のポルノ女優としては、それなりの水準じゃないかな。

一方の息子は自称15~17歳。
白人の年齢はよく分からんが、全員それくらいの年頃に見えなくもない。
プロの男優だろうとは思いながら、どう見ても30近い男優に平気で少年役をやらせる日本のAVとは違うなと、妙な所に感心した。

感心ついでに、親子は顔立ちもどことなく似てた。
まあ、日本人の“似てる”って感覚とは違うんだろうが、どれが親子か第三者が顔だけでほぼ当てられる水準。
雰囲気とかを含め、深く考えずに見たら本当に一般公募の母子と思っても不思議じゃなかった。

さて番組の方だが、男の子が1人ずつスタジオに入ると、書き割りパネルの向こうに女4人が全裸で立ってる。
観光地によくある顔の部分だけくり抜いた記念撮影用パネルと同じだが、胸と腰の所に大きな穴が開いてる。
顔の部分もくり抜いてあるが、見えないように布が掛けられてた。
つまり息子の側からは、パネルの穴からオッパイ8つと、陰毛の茂る下腹部だけが見える仕組みだ。

番組の趣旨からすれば当たり前だが、女4人は体格も体型も肌の色も似たり寄ったり。
全員Fカップ級の巨乳で、さすがに年のせいか重力に負け気味だったが、それほど形も崩れてないし十分観賞に堪えられる。
乳輪の色や形、陰毛の生え方はそれぞれ違ってたけどな。

番組中、何度もパネルの向こう側に立つ全裸ママ軍団の映像に切り替わったんだが、4人ともスタイルは悪くない。
無駄な肉が一切ない・・・とは言わないが、ウエストもくびれてて下半身のラインもそれほど崩れてない。
日本人と比べたら肌のきめは粗い感じだが、それが逆にリアリティーを感じさせるとも言える。
少なくともポルノ女優としては十分なクオリティーだったな。

女司会者の案内でパネルの前に来た男の子。
まずはじっくりオッパイと陰毛を観察するが、まさか日頃から見慣れてるわけでもなし、外見じゃ区別がつかない。
そこで女司会者に促され、4人の匂いを順番に嗅いだり、おっかなびっくり触れてみたりするわけだ。

この女司会者がなかなかの曲者で、ビビりながら指を這わせる男の子を、「ほら、ちゃんと触らなきゃ分かんないわよ」なんて焚きつける。
息子も言われるまま両手で巨乳を掴んで揉んだり、乳首を摘んで指先でこねたり。

「ほら、乳首が大きくなってきたでしょ。これで分かりやすくなった?」

・・・て、そんなわけないだろ。

「じゃあさ、赤ちゃんの頃を思い出して吸ってごらん」

無茶ぶりする司会者と素直に応じる息子。
最初は舌先でチロチロ触れるだけだったが、次第に興奮したのかベロベロ舐めたり、音を立てて吸ったり、軽く噛んだりしてた。
さらに煽られた男の子、今度は女性の下腹部に手を伸ばした。
これも最初は陰毛を撫でる程度だったが、やがて茂みをかき分けて指先を這わせ、ついには指を差し込む。

「ネトネトしてる」と感激する息子に、女司会者は「この中のどれかから、あなたが出てきたのよ。思い出した?」。

う~ん、それじゃ思い出せないんじゃないか。

ちなみにこの間、司会者は男の子を名前では呼ばず、やり取りも全部小声。
なのでパネル反対側の女性陣は、今触ってるのが息子かよその子か分からない設定だ。
ママたちも最初こそ、「やだ、くすぐったいわ」「あら、結構上手じゃない」なんて余裕をかましてたが、乳首を吸われると顔が上気して息も荒くなり始め、アソコを弄られる頃には甘い声を漏らし始めた。

すると司会者が、「ほら、声もヒントになるわよ。もっと出させてあげましょ」と煽る。

一応、男の子は女4人を順番に触ることになってるが、そこは番組上の演出。
本物の母子の絡みが中心になるように編集してある。
2人とも互いに親子だとは気付いてない設定だけどな。
女司会者は『正解』を知ってるんだが、その辺は心得たもので、実の母親相手だと他の3人より激しく愛撫するよう仕向けてた。

息子は一通り悪戯するが、これだけじゃ分からない。
当たり前か。
そこで司会者が、「じゃあ、次のヒントね」と言って女性陣に合図すると、4人が一斉に後ろを向き、さっきまで陰毛が覗いてた穴からお尻を突き出した。
女は4人ともかなり立派なヒップ。
しかも前屈みになって突き上げる感じだから、パネルの穴から尻肉がはみ出てる。
当然ながら肛門も、そのすぐ下にある微妙な色合いのアワビも丸見えだ。
ちなみにモザイク処理はしてなかった。

「さあ、よく観察して」

女司会者に促され、男の子は厚い尻肉を掴んで広げると、アソコをまじまじと見つめたり匂いを嗅いだり。
既にかなり興奮してるらしく、今度はどの子もあまり躊躇せず指を差し込んだ。

「うわっ、すっごい濡れてきた」なんて呟く男の子。

言われるままクリトリスを指先でこねると、母親は尻をよじらせて甘い声を漏らす。
調子に乗った息子が舌を這わせたら、本格的に「あああぁ・・・」なんてよがってた。
司会が実の親子に激しく仕向けるのは、さっきと同じだ。
男の子が完全に興奮したのを確認して、司会者が小さなプラカードを取り出した。

『これが最後。あなたのオチンチンを入れて確認してみて』と書いてある。

男の子は当然ビビるわな。
何しろ4人のうち1人は(設定上)実の母親だし。
ここからが女司会者の真骨頂。

「なに言ってるの。もう硬くなってるんでしょ」

半ば無理やりズボンを下ろすと確かにどの子もビンビンだ。

「せっかくなんだから楽しんじゃいなさい」
「大丈夫。3人はよその奥さんだから」

揚げ句は、「実の親子なら本能で拒否感があるから分かるはずよ」なんて甘い言葉(?)に乗せられ、息子はおずおずと硬くなったチンポを握った。

にやりと笑った司会者。
パネルの向こうで屈む女性陣に、「これから太めの指が入りますよ~」と声を掛ける。
もちろん、パネルの反対側で誰が何をしようとしてるか、母親4人は知らない設定だ。
ここまでは息子4人とも大体同じパターンだが、後は少しずつ展開が違った。

最初の子は律儀にも、端から順番にチンポをズブリ。
腰を前後に振ると、パネルの向こうから「ああぁ~」「おおぅ~」と切ない声が響く。
3人とハメて最後の尻を抱えた少年、実はこの4人目が正解なんだが、しばらく迷った揚げ句、ゆっくりと太い竿を挿入。

・・・って、おいおい入れちゃうのかよ。

ところがこの子、腰を2、3回振ったと思ったらいきなり、「あっ・・・この人だけ違う」と抜いてしまった。
で、4人目の尻を指差して、「この人がママです」。

・・・って、何で分かるんだよ。

女性に体勢を戻してもらい、顔を隠してたパネルの布を外して正解を確認すると、見事賞金を獲得した。
お見事!
結果から言うと、2人目と3人目は不正解。
どっちも、「これがママに違いない」と決め打ちして、残りの3人とたっぷり楽しんだ。
ところが“ご開帳”で、他人だと思ってハメた中に母親がいたと知り、頭を抱えて苦悩してた。
う~ん、確かに頭を抱えたくなるわな。

最後の子はちょっと特殊だった。
『オチンチンを入れて確認してみて』というプラカードを出されると、少し困った表情で、「ボク・・・経験ないんだ」と告白。
ところが女司会者、少しも慌てずに、「実の親子なら本能で拒否感を覚えるの」と持論を展開した上で、「だから、オチンチンを入れたいって思う順番に選んだら、最後にママが残るはずよ」と囁くように言い切った。
やはりこの女、ただ者じゃない。

「こんな素敵な奥さんと初体験できるなんて、あなた幸運よ。一番ハメたいのは誰?」

なんて丸め込まれた男の子、4つの尻を前に少し考えてから1つを指差した。

「この人・・・かな。オッパイもエロかったし」

その女性が『正解』っていう、まあ出来過ぎた展開なわけだが、そんなこと露と知らない(設定の)息子。
満面の笑みを浮かべた司会者に手を添えてもらい、ママにチンポを差し込んだ。
指を入れられてると思ってる(設定の)ママは、「ああ・・・太い」なんて声を漏らす。
声を聞いたら母親と分かりそうなもんだが、興奮して耳に入らないのか、息子は一心に腰を振り始めた。

「そう、いいわよ。もっと激しく腰を振って」

煽る女司会者。
よほど気持ち良いのか、男の子の腰の動きが速く大きくなってきた。

「ああ~ん」と響くママの声。

見てる俺が、(こんなんで3人持つのかね?)と思った矢先、案の定というか、息子が「ああぁ~」と情けない叫び声を上げると、全身をガクンガクンと痙攣させた。

「あらあら、出しちゃったの?」

司会者はわざとらしく慌てた振り。
放心状態の息子がチンポを引き抜くと、アワビから大量の白濁液が流れ落ちた。

「え?何したの?」

ようやく異常に気付いてパネルの向こうから出てきた母と息子が、ここでご対面だ。

「まあ、坊や」

「えぇ!?ママだったの?」

衝撃の展開に司会者が、「はい、見事正解でした~」と引き取り、よく分からないまま、この親子もなぜか賞金をゲットした。

これで終わっても良かったんだが、ここから番組は第2部というか“敗者復活戦”に入った。
不正解だった2人目と3人目、今度はママの方が全裸のままスタジオに登場。
ボディーも妖艶だし、どちらもなかなかの上玉だ。

ここで女司会者が改めてルールを説明する。
何のことはない、今度は男の子のチンポだけ見て、どれが息子か当てるって趣向だ。
見事正解したら、それなりの賞金が出るという。
さっきの敗戦が悔しかったのか、母親2人とも即座に挑戦を表明した。
第1部じゃ息子は1人ずつ順番だったが、敗者復活戦は母親2人が同時に参加。
ただ、パネルじゃなくカーテンみたいな厚手の布の向こう側に息子が立って、腰の高さに開いた穴からチンポだけを覗かせてた。

「さあ、よく見て触って。匂いを嗅いでもいいわよ」

司会者に乗せられ、女性2人が2本のチンポに手を伸ばす。
竿を摘んだり玉袋を手のひらに乗せたりするが、長さも太さも似たり寄ったりだ。
さすがに若いだけあって、触られてるうちにムクムクと角度が上がってきた。

「旦那さんのと似てるかも。もっと大きくしたら分かるんじゃない?」

司会者の口車に乗せられたママたちは竿を握ってしごき出す。

「味はどう?」

女性陣は交代しながら、最初は舌先でチロチロ。
それがいつしかペロペロになり、しまいには亀頭を口に含んでしまった。

「すっごい・・・硬いわぁ」

「元気ねえ、お腹につきそうよ」

いつの間にか母親たちの方が楽しそうだ。
とはいえ決め手に欠く2人に、司会者が大胆な提案。

「本当の親子なら本能で・・・」というさっきの説明を繰り返した上で・・・。

「奥様たちが入れたいオチンチンを選んだら、それは息子さんじゃないってことよ」

もちろん母親たちは戸惑うわな。
さっきハメられたのは一応、知らないことになってるんだから。
だが、そこは口八丁の司会者だ。

「こんなに硬くて元気なのよ。奥様たちもハメたいんじゃなくて?」

女性2人、顔を見合わせて妖艶な笑みを浮かべると、それぞれ1本ずつ選ぶ。
これも演出だろうが、好みのチンポは別々で競合しなかった。

「じゃあ、入れちゃいましょ」

司会者の言葉を待ちかねたように、女性2人はカーテンに尻を向け、突き出たチンポに手を添えるとズズっと挿入した。
結構難しい体勢だが、2人とも器用に腰を動かしながら、「ああん・・・硬い・・・」なんてヨガリ声を上げてる。

「さあ、それでは正解の発表よ」

司会者の合図とともにカーテンが中央からさっと分かれる。
中から登場したのは、お約束通りというか、それぞれのママの実の息子。
もちろん全裸だ。

「ああ・・・え?ジョルジオ?(←仮名)」

背後からハメてるのが息子だと知って驚く母2人。
慌ててチンポを抜こうとするが、息子2人は完全に興奮状態だ。
「ママぁ」なんて叫びながら、巨大な尻を抱えさらに腰を振り立てる。
四つん這いの姿勢で揺れる4つの巨乳はエロさ爆発だ。

最初は、「駄目よ。抜きなさい」なんて母親ぶってた女2人も、バックから太い杭をガンガン打ち込まれるうちに平常心を失ったらしい。

「おおぉ・・・マルコ(←仮名)」とか言いながら、リズミカルにヒップを揺らした。

やがて母親が膝から崩れ落ちるようにマットに倒れた。
完全にギアの入った息子は、そのまま女性を仰向きにすると、今度は正常位で挿入。
もう1組はもっと凄くて、倒れ込んだ息子を仰向きにすると、母親の方が上に乗って騎乗位で腰を落とした。

こうなると完全にポルノ映画の世界・・・というか、最初からそうだけど。
2組とも当たり前のように親子で舌を絡め、息子がママの巨乳を揉み、アソコに竿を突き立てる。
イキまくる母親。
息子も相次いで絶頂に達した。
正常位息子は抜いてから腹に発射したが、騎乗位息子は思いっきり中出しして、アソコから精液が滴るところまでバッチリ撮られてた。
完全に放心状態のまま絡み合う親子に、女司会者がインタビュー。

「残念でしたね。でも、どうだった?」

4人とも「信じられない」なんて答えながら、心から満足した様子だ。
最後に司会者がカメラに向かい、「今回の正解は2組。次はあなたが挑戦してね!」と呼び掛けて番組は終了した。
う~ん、最後まで凄い演出だったな。

一応、スタジオ収録分はここまでだが、最後に“おまけ”のような映像が付いてた。
控え室に仕掛けた固定カメラで、収録後の出演者を隠し撮りしたという設定だ。
控え室に戻ってきたのは最初の親子。
ハメた息子がすぐに母親だと気付いて、見事賞金をせしめたペアだ。
なぜかここからは英語字幕がなかったので、以下の台詞は適当に想像した。

2人とも服を着た状態。
何やら言葉を交わしながらポットからコーヒーを注いで飲み始めたんだが、ここら辺の雰囲気もプロの男優・女優というより親子っぽいんだよな。
そのうち息子が何か尋ねると、母親が驚いたように聞き返す。

「ねえ、他の奴らもママにハメたの?」と聞かれ、母親が、「ええっ?変だと思ったけど、やっぱり入れてたのね?」とでも言ったのか。

「うん・・・まあね」

ヤバいと思ったのか言葉を濁す息子に母親が畳み掛ける。

「ということは坊や、もしかしたらあんたも・・・?」

息子は言い逃れようとするが、仁王立ちになった母親の迫力に負けたのか、渋々挿入したことを認めた・・・らしい。

「でも、ママだと分かったから、すぐ抜いたんだよ」なんて言い訳してるようだ。

それでも母親はショックを隠せない。

「ああ・・・何てことしてくれたの、神様」って感じで頭を抱えてたが、やがて向き直ると、今度は息子の股間を指差して何やら詰問し始めた。

開き直ったように両手を広げ何やら説明する息子。

「でも変よ。だいたい実の母親に硬くなるわけないでしょ?」

「だって興奮したんだもん。ママも気持ち良かったでしょ?」

とか言ってるのか。

「じゃあ確かめてあげるわ」

かなり強引な想像だが、そんなやり取りがあったのか。
母親は控え室のドアに鍵を掛け窓のカーテンを閉めると、ブラウスを手早く脱いだ。
下着姿でポーズを取る母親に命じられ、息子は慌ててズボンと下着を下ろす。

「あらあ、立派ね」と言ったかどうかは分からないが、息子の股間を凝視しながらブラとパンティーを取り去る母。

確かにこの息子、出演した男の子4人じゃ一番の“大物”で、白っぽいチンポは20センチくらいありそうだ。
大きな亀頭が早くも上を向いてる。

驚きとも溜息ともつかない声を漏らした母親、太い竿を握ると上下に動かし始めた。
やがて興奮した息子が母親の体を抱き寄せ、オッパイを吸いながら下半身を弄る。
母親もその気になったのか、本格的に声を上げながら腰をくねらせて応じた。
固定カメラなのでアングルは限られているのが残念だ。
後はお約束の展開。
息子の股間に顔を埋めた母親が、巨根をねっとり舐め上げた。
太い竿が口を出入りするたび、切ない声を上げる男の子。

「入れたい」

「それは駄目。親子なのよ」

「さっきも入れたんだし、いいじゃん」

・・・なんてやり取りを想像したんだが、まあそれほど外れてないだろう。
観念したのか、ママが口からチンポを抜いた。
ソファーに横たわった息子に馬乗りになると、手を添えた亀頭を股間に宛てがい、ゆっくり腰を下ろす。

「ああぁ・・・」

同時に声を上げる母子。
後はうまく編集してあった。
騎乗位でたっぷりと楽しんだ後は、テーブルに手をついてのバック。
豊かな乳房を握り締めながら一心に腰を振る息子が健気だった。
最後はママがテーブルの上で仰向きになって、息子が正常位でズブリと挿入した。
獣のような声を上げて快感に身を委ねる母と、ママの両脚を抱えて突きまくる息子。
挿入部のアップは見えなかったが、最後は「ううっ・・・」って感じで息子が母親にしがみついて中出ししたようだ。

その後で母親が息子の後頭部を撫でながら優しく言葉を掛けていたが、「今日だけよ」なのか「素敵だったわ」なのかは不明。
テーブルの上で全裸のまま唇を重ねるシーンで、映像は途切れた。

最初も言ったが、この内容の番組を定期放映するわけにもいかないだろうし、たぶんプロを使った作品だと思う。
台本もかなり雑だったし、外人だから演技が上手かどうかもよく分からなかった。
ただ、日本じゃ見られないなと、その時は思った。

ところが最近、これとほぼ同じ設定のアダルトDVDを日本で見た。
ただ本家とは男女が逆。
つまり、親父が若い女の子の裸を見て、どれが娘か当てるという設定だ。
たぶん、どこかでヨーロッパ版を見た業者がパクって企画したんだろうが、日本で“母子バージョン”を作ったら、きっとひどい出来なんだろうな。