Aは取引先のグループリーダーの子。
イメージで言うと顔は観月ありさ系の顔立ち。
ちょっとぽっちゃり(つか太め)してるけど、色白でパイもそこそこある感じ。
身長は160cmくらいで歳は25、6歳かな。

大体、月1で打ち合わせをする程度の仕事の関係だったが、Aがサブリーダーからリーダーになった頃から打ち合わせ回数が増え、また、マンツーマンで打ち合わせをする機会も増えたことから、徐々に仲良くなった。

そのうち、打ち合わせ後に喫煙室で少し話すようになり、プライベートな話もできるようになってきた。
Aは実はものすごくお酒が大好きだということがわかり、美味しい日本酒の店を知っている、という話をすると目をキラキラさせて連れて行ってくれと言ってくれて、個人の携帯番号を交換した。

その時は別にお互いに下心など無く会話してた。
取引先だし、オレは結婚してるし、Aも彼氏がいたわけだし。
第一オレはあまりAのことがタイプではない。
そんな話をしたのはいいが、それからお互い予定が合わず半年近く経ってしまい、加えてオレも仕事が変わってしまい、Aとの打ち合わせも無くなって会う機会もなくなってしまった。

ある時、Aから久しぶりに仕事の問い合わせを受け、その返信をしたところ、さらにその返信で、「ご無沙汰です。お元気ですか?相変わらず飲んでますか?」と返ってきた。
それまでの会社のメールでは仕事のことしかやりとりしたこと無かったので、ちょっとビックリだったが、(これはオレと飲みたいオーラがバシバシ出てる!)と直感し、加えてちょっと最近溜まり気味ということもあって、初めて下心がムクムクと湧き上がってきた。
ちょっと間をおいてから、「久しぶりです。飲みたいですね」という内容でメールをしたところ、トントン拍子で話が進み、その日のうちに飲みに行くことになった。

待ち合わせ場所に現れたAを見てびっくり!
なんと、ポッチャリイメージだったのが見事なスタイルに変貌している。
もともと姿勢は良かったんだけど、首、肩周り、ウエストがすっきりしていて、形良くお尻を突き出し、胸はドドンと強調されてる。
服は、お尻の形が良く見えるぴっちり系黒ジーンズと、上はファー生地のブラウン系色の薄手のセーターに黒のジャケットを着ていた。
髪も半年前はどちらかというとショートっぽい感じだったんだけど、セミロングになって大人っぽくも見えた。
膨れ上がる下心を顔に出さないようにするので必死。

「痩せてきれいになったよね」と普通の感想を言うので精一杯。

どうやら、ダイエットに成功したらしい。

Aの後ろ姿を視姦しつつ、Aがお薦めの焼鳥屋に向かう。
お尻がプリプリしてて、もーチンコ痒い。
店の階段ではプリプリジーンズを触ってしまいそうだった!

飲み始めて最初は仕事の話。
が、徐々に彼女が「最近彼氏とうまくいってない」という話になった頃から親密トークへ。
飲めば飲むほど砕けた話になっていく。
結構飲んだ後、店を変えてダーツをやりながら飲み、お互いにテンションがどんどん上がっていく。

A「Kさんと飲みたいなーって思ったのは、酒飲んだら楽しそうだったからですよーー!」

オレ「オレもAさんとは気が合いそうだなぁって気はしてたよ!」

とか言いながら、もう体に触りたくて触りたくてしょうがない。
飲んで楽しいのはいいが、今のところそれだけ。
初めて一緒に飲むわけだし。
第一取引先であり、お互い身持ちも堅く・・・。
でも触りたい触りたい。

どうにかしたいよよよようううう!!

ダーツを一回やった後、急にAが、「難しいからつまんない、やめてどっか行かない」とかと言い出した。
今思えばAもエロエロモードが始動していたんだと思う。

既に下心が抑え切れないオレは「じゃあちょっと歩くか!」と言って、自分のお薦めの日本酒の店の方へ行こうと誘った。
その店の方角にはラブホ街があるが、それを隠したままひたすらその店を目指す。
ラブホ街の入り口を横目に見ながらその店に行くと、何と定休日!
これはもう、ラッキーとしか言いようがないでしょ。

オレ「あれー知らなかったよー」

A「仕方ないですねー」

オレ「ちょっとこの辺歩いてみる?」

と言ってラブホ街の方を遠い目で見てみる。

A「でも、この辺二人で歩くのヤバくないですか?」

たしかにヤバいと言えばヤバい。
Aの会社の本社も結構近くにあり、もしかしたら知り合いに会ってしまうかも知れないのだ。
しかしながらAから放たれるエロオーラには逆らえず、もうどうにでもなれモードになっていたオレは・・・。

オレ「正直、歩いてみたいんだよねえ~」

A「えー!?」

オレ「来るモノ拒まず去る者追わず。オレはいいよ!」

A「・・・」

さすがにオレの下心丸出しに引いてしまったか?
まあその時は、諦めて帰るだけ・・・と思ったら・・・。

A「じゃあ、ちょっとだけ探検しましょうか!」

来ましたよ来ましたよぅ!
もーチンチンむず痒い!

ラブホ街を歩き始めて2軒目、Aの手を取ってさっとラブホに引っ張り込んだ。
さすがにビックリしたようだが、Aは大人しくついて来た。
ささっと部屋に入り、「ジュースが飲みたい」と言っていたAのためにポカリとウーロン茶を出した。
オレはポカリを持ってソファーに。
Aはウーロン茶を持ってベッドに腰掛けており、微妙な距離感。
Aが、「ポカリも飲みたい」と言って隣に座ってきたその瞬間、Aに顔を近づけてキスをすると、Aはなんとむしゃぶりつく様なキスをしてきた。
既にエロエロモード全快でいらっしゃった!

オレも完全に火がついてしまい、キスをむしゃぶり、首筋や耳を舐め舐め、オッパイを激しくぐちゃぐちゃに揉みながら上着を脱がせ、セーターをずり上げていった。
もうAは感じてるらしく、キスしてる息がアフアフと苦しそうに喘ぎ始めている。
しばらくして口を離すと、「Kさん、強引ですよ」とAは俯き加減。

それは罪悪感なのか?
エロエロモードが止まったのか?

一瞬躊躇したが、お構いなしに彼女を押し倒し、さらに激しくキスをしながらジーンズを脱がせた。
もともとSっ気たっぷりだったことと、かなり酔っていたことと、浮気というこの展開にも、かなりどうにでもなれって気持ちもあったので、ひたすら強引にパンツ一丁だけにしてしまった。
Aは黒のパンティと揃いのブラを着けており、かなり光沢のある生地で、それがまたエロエロオーラを出していた。

オレ「かなり勝負下着っぽいよね」

A「Kさんって・・・ほんと強引・・・Sですよね・・・」

オレ「まあね。Aさんは?」

A「私は・・・Mかも・・・」

それを聞いてますます暴走!
照明を落としてくれというAの言葉は無視して、四つん這いになるように命令。
照明は部屋に入った直後のまま全点灯。
照らされている色白の肌と光沢の黒い下着が本当にエロエロ!

「そのままの姿勢でいてね」と言いつつ自分は素っ裸になり、後ろからお尻や背中をソフトタッチしながら胸を揉む。

乳首は触らないように!

Aは体中をくねらせながらハフンハフンと息を乱れさせて、体をブルブルさせてます。
その感じ方も最高にエロビデオだったので、見ているだけでオナニーしたくなってしまう。

ふと気が付いたのだが、Aの体を揉むと、今まで経験したことないくらい柔らかくモチモチしていた。
たぶん数ヶ月の間でかなりダイエットしたので、もともとの体の皮膚が少し余っているんだと思われる。
その感触は本当、正直スゴい。
触ったら皮膚が手に吸い付いてくる感じに思えるし、体を抱き寄せたら体中が吸い付いてくる感じに思えてくる。
四つん這いのままパンツを食い込ませて真っ白お尻を揉んでみると、ここもまた手に吸い付く様な、不思議な柔らか弾力感!
食い込んだパンツの上から顔を埋めてマンコに鼻先を押しつけてみると、顔の両脇から尻肉が吸い付いてくる!
ムッと臭ってくるエロエロマンコを臭ったり味わったりしながら、黒パンツを舐め回したり噛じったり、グググっと食い込ませて上下に擦ってみたり。
うーん至福!

しばらくその感触を楽しんだ後、黒パンツを脱がせ、もう既にびっしょりになっているマンコを撫でながら・・・。

オレ「すっごいビッショビショだよ」

A「ちょー気持ちいい・・・」

オレ「もっとお尻を上に突き上げて。尻の穴が上を向く感じで~!」

AVで見たセリフを決めつつ、生尻にガボっと顔を埋め、マンコから尻穴までをベロベロベロ、チューチューチュー!
Aは「ニュー!」だか「ウミュ~~!」だか変な声を出して尻を揺らす。
プハァーっと顔を離し、マイサンでマンコを上下に撫でつつズブっと挿入!
にゅるにゅるずっぽり、滑らかに入った。

キツ過ぎず、ユル過ぎず、適度な締め具合だったが、中はかなり体温が上がっているのか、チンコがとても熱く感じた。
Aは声にならない声をあげている。
字で書くと「オアンフゥ~~」って感じかな?

入れてからしばらく動かさずに、自分の興奮を少し落ち着けようとしてると、Aは焦らされているんだと思っているらしく(実際焦らしていることになるが)、ちょっとずつお尻を動かしている。
マンコはもう全快に濡れているらしく、オレの内もも辺りも何か液体で濡れていてピチャピチャして冷たかった。

まずはゆーーっくりグラインドグラインド。
出たり入ったりを目で楽しむ!
そして勢いつけてガシガシと突きまくると、Aは「アゥッアゥッウァッ」と声にならない奇声を繰り返す。
結構声が大きいので、「大きい声出すなんて、結構やらしいよね」と言ってあげると首をイヤイヤと振る。
たまんねー!

今度はAの両腕をAの頭の上で押さえ込み、クロスさせて片手で押さえ、尻の穴をもう片方の手で思いっきり広げながら突きまくると、やっぱり大きい声で奇声をあげる。

「興奮してる?」と聞くと激しく頷くA。

「オレもだよーー!」と叫びながらさらに突く突く!!

終始バックで突きまくり。
Aが先にイッてしまったらしく、声を出さなくなって体がガクガクしてる。
構わず突きを続行!

弱々しく「モウダメ・・・」とAが言ったところで、背中にたっぷりと出してあげました。

まあありがちな行きずりの話だけど、自分の体験としては最高のものなので文書で残したく書いてみた。
何が最高かって、ダイエット成功したてのお肉って、こーんなに柔らかいんだなってこと。
トロっぽいよ!

Aは久しぶりのエッチだったらしく、かなり楽しんだらしい。
聞くと、そろそろ結婚も秒読みだとか。
ただ今の彼氏に対する不平不満がかなりあり、エッチの方の不満も相当アリアリ。
Aとはまた会いたかったが、あれから3ヶ月、なかなか会う機会がないなあー。