妻は31歳、私は33歳、小学生の子供が2人います。
同じような3家族でコテージに泊まった時の事です。

夜中に私は喉が渇き、何か飲み物はないかとキッチンの冷蔵庫に飲み物を探しに行きました
キッチンの奥の物置のような所で何かゴトゴトと物音が聞こえます。
ネズミか何かいるのかなと思い覗いて見ると、セックスしている男女がいました。

男は知人のAでした。
女性の方は私の妻でした。
ちょうど正常位で挿入されているとこでした。
妻は必死に自分の手で口を押さえて喘ぎ声を我慢している様子でした。
月明かりが差し込み、はっきりと妻の顔が見えます。
私は喉の渇きも忘れて呆然とそこに立ち尽くしました。

当たり前ですが自分の妻が他の男とセックスする光景を見るというのは初めてです。
私は悲しかったですが、それ以上に非常に興奮しました。
しかし2人に気づかれない様に、すぐに隠れられる場所を探して妻のセックスを見ていました。

妻は必死に声が出るのを我慢して口を手で押さえていました。
しかしAは妻の両手を掴み、手を押さえられないようにしました。
妻は必死に喘ぎ声を我慢していましたが、かすれた声で・・・。

妻「ああん・・・だめぇ・・・声が出ちゃぅ・・・」

妻は言います。
Aはニヤニヤしているようです。

A「ねえ・・・気持ちいい・・・?」

Aが妻に囁きます。
妻はコクリと頷くと・・・。

妻「うん・・・いい・・・気持ちいい・・・」

A「ねえ?オレのおっきいい?」

妻「うん・・・おっきいよぉ・・・すごいおっきい・・・」

妻は振り絞るような声で言い、自分で腰を動かしました。
Aは妻の口に指を入れました。
妻はうっとりした表情で指フェラしています。
Aは激しく腰を動かし始めました。
肉がぶつかる音とグッショリと濡れた音が聞こえてくるようでした。
Aは妻のTシャツをさらに捲り胸と乳首を摘んでいます。
捲られた黄色いブラも見えます。

A「ねえ、オレもうイキそうだよ、イッていい?」

妻は手で口を押さえながら、ウンウンと頷いています。
そして妻はAの首に手を回し・・・。

妻「突いてぇ・・・もっと突いてぇ・・・キスしてぇ・・・キスしながら突いてぇ・・・」

Aは妻にキスをします。
妻はAの首に手を回し相当に感じているようです。
やがて妻は自分から唇を離し、声にならない喘ぎ声を出して体を仰け反らしました。
どうやらイッたようです。

妻に続きAもイキました。
Aがコンドームをゴソゴソと外し、妻の口にチンポを持っていきました。
妻はチンポをフェラします。
お掃除フェラというやつです。
その後2人は倒れこむように抱き合いキスをしました。
もう熱々の恋人同士のようです。
私のチンポはもう射精寸前に勃起状態でした。

やがて2人は服を着て立ち上がりました。
私はヤバいと思い、すぐにその場を去りました。
自分の寝ている場所に戻り、妻が帰って来るのを待ちました。
Aがみんなに気づかれないように、こっそりと妻より先に戻ってきました。
少ししてから妻が戻ってきました。
私はその晩は一睡も出来ずに朝を迎えました。

朝、みんながまだ寝ている時に外へ散歩に出掛けました。
私はあの妻の激しいセックスを思い出してオナニーをしました。
物凄い量のザーメンがドクドクと出ました。

コテージに戻るとAは車の荷物整理をしていました。
何も私が知らないと思ってるようです。
妻は他の奥さんたち2人と談笑しながらコーヒーを飲んでいました。
妻は私に、「どこ行ってたの?」と声を掛けました。
こちらも全然気づいていない様子です。
帰りの車の中で私は悶々としていました。

あの事件があった後、しばらくは妻を責める事もできずに悶々とした日々が続いていました。
私はあの時の光景を思い出しオナニーをしていました。

ある日、私は決心して妻を問い詰めました。
妻はただひたすらに謝りました。
私はあれ以来、妻が私以外の男とセックスする事に異常に興奮を覚え、妻に「Aとセックスしている所をまた見せろ」と言いました。

直接は見れませんので私は隠れて見ることに。
妻も初めのうちこそ私に見られている事に緊張している様子でしたが、何回かやっていくうちに慣れていきました。
妻のセックスを見ながら私はオナニーをします。
セックスよりも興奮します。

妻は私の色んなリクエストに応えてくれます。
この前なんかは、頼んでいないのにAに顔射をお願いしていました。
ザーメンまみれの妻の顔は非常に興奮します。

こんな私達夫婦はおかしいでしょうか?