もう10年以上も前の話だが、当時はテレクラと伝言の全盛期。
伝言にメッセージを入れておくと、10代の女の子からの返事が山ほど返ってきた。
んで、Hに興味のある娘にアピールするメッセージを考え、処女を選んで会ってた。
あくまで『途中まで』っていう前提だったけど(俺もそれだけで満足)、そのまま最後までしちゃった娘も時々いた。

そんな中の一人と会った時のお話。
身長150cm位の細身で、ミニスカ+黒のストッキングが似合ってかなり可愛い。
私立の女子校で、出会う機会が全然ないとか。

ホテルに入って一通り話した後、ディープキス→耳舐め・首舐めしながら乳首コリコリ。
思いっきり緊張してるみたいで耳まで真っ赤。
どう反応していいかわからず、息を荒くしたり、ため息のように深呼吸を繰り返してた。

乳首は肌色で、そっと触れてると硬く立ってきて、身体をギュッとさせて感じてる。
その後、乳首舐めながら太もも&下着の上からタッチ。
下はストッキングが厚くてよく触れなかったが、乳首を思いっきり吸ってみたり、軽く舌先で転がしてみると、「ハァ~」とか「フゥ~」とか声が漏れ出した。

「ストッキング脱いで」と言うと、寝たまま大人しく脱ぎ捨てた。

ブラと同じ、白地にピンクのフリル付のパンツが可愛い。
再びディープキスしながら下着の上からあそこをタッチ。
最初は舌入れにかなり戸惑ってたが、今度は積極的に舌を絡めて来た。

俺「色々タッチするから、気持ちよかったら激しくキスしてごらん」

そう言ってあそこを円を描くように撫でたり、クリを摘んでプルプル震わせると、腰を浮かし、触わってる指を太ももでギュッと挟み込みながら、首に腕をまわして思いっきり唇に吸いついてきた。

(・・・この娘、メッチャエロい・・・)

俺「いっぱい触ってあげるから、パンツも脱いでごらん」

女の子「エ~ッ、恥ずかしいし・・・」

俺「(クリを触りながら)もっと気持ちよくしてあげるよ」

ウルウルした瞳でこちらを見て、寝ながらミニスカ穿いたままのパンツに手をかけた。

俺「見ててあげるよ」

女の子「イヤッ」

腰を浮かしながら、かなり恥ずかしいのか、ゆっくりゆっくりフリル付パンツを自分から下ろして、局部を露わにした。
陰毛はゴワッとした固まりになってて、範囲は狭い。
下ろす時、股間から白パンツの股布まで、ツーっと糸を引いてるのがやらしい。
脱ぎ終わった後に下着を受け取って股布の所を見せながら・・・。

俺「なんでこんなベトベトになってるの?」

女の子「知らない!」

真っ赤になりながらそっぽを向くのが可愛い。

俺「・・・気持ちかったの?」

コクリと頷く。

足下に回り込んで、ゆっくり両足を広げて見る。
毛は上部にのみ固まって生えており、脇はほぼ無毛。
ビラビラはちょっと発達し、少し色付いてた。
クリ皮は厚めでダボっとしてるから、先っぽは隠れてるもののポッコリ膨らんでる。
大人顔負けでパックリ開いており、太ももまで糸を引いてるのがエロい。
クリを指で摘んでそっと撫でてやると、ほとんど変色のない肛門がきゅっと締まり、「・・・ンッ」と吐息が漏れる。
そのまま皮の上からクリをそっと舌先で舐めてみた。

女の子「・・・ンッ?・・・ハアッ」

最初は状況が飲み込めなかったみたいだが、クリに吸いついて舌先で転がしてると、太ももで顔を挟み、腰を浮かして、「イヤッ・・・、アッ・・・」と控え目ながら声を出してきた。
そのまま舐めてると、入口に当たってる顎のあたりがメッチャヌルヌルしてきた。
口を離すと、顎からあそこまでキラキラと糸を引いた。
透明な大粒の滴が、タラーッと入口から肛門まで垂れてるのもエロい。

俺「気持ち良かった?」

女の子「うん・・・すごく・・・」

俺「もっと舐めて欲しい?」

女の子「・・・うん」

コクリと頷いたので、今度は激しく吸いつき舐め回した。
あそこは唾液と愛液が混じり合ってヌルヌル。
試しに小指を入れてみると、入口さえ突破できれば何とか入りそうだ。

俺「入れてみる?」

女の子「ウン!」

潤んだ目で、すぐに返事が返ってきた。
すぐに下だけ脱ぎ捨て、ギンギンになったアレをあそこに宛てがう。
入口は狭くて、押し返される感じ。
なんとか亀頭だけヌルっと押し込み、少しずつ進めていくが、「・・・イ、痛ッ・・・」とかなり苦しそう。

「最初我慢すれば痛くなくなるよ」「自分で指入れたことある?」などと会話で気を紛らわせながら徐々に進入。

ついに根元まで入った。
あそこはギューギュー締め付けてきて、こちらも痛いくらい。
そのまま10分位動かさずにキスしたりしてると、痛みは和らいだみたい。
入口が痛いみたいだから、ピストンではなく腰を使って奥だけ小刻みに振動させてみると、「・・・アッ・・・ンッ~・・・」と声が漏れてきた。

俺「痛い?」

女の子「ううん・・・、気持ちいいかも・・・」

入口が擦れないように注意しながら、円を描いて中を掻き回すようにしてみた。

女の子「ハァ・・・アッ・・・ダメェ・・・」

声の間隔が短くなって、あそこをキュッと締め付けてきた。
奥のざらついた部分が亀頭とこすれてヤバい。
そのまま続けると・・・。

女の子「イヤッ・・・」

小さく叫び、あそこ全体をビクンと締め付けて放心状態になってしまった。
竿の付け根から玉袋まで、密着してる部分にタラーッと温かいものが垂れる感じがした。
そのまま奥にグリグリを続けてるとこちらも限界。
引き抜いて腹上にたっぷりと放出した。
竿に白い愛液と血液が、点々とこびりついてるのがエロかった。

後で感想を聞いてみると、「最初は痛かったけど、だんだん奥の方が気持ちよくなって熱くなった」と言ってた。