正月に高1の妹の友達が遊びきてた時の話だ。

久美ちゃんというコなんだが、結構可愛い。
妹の兄という事で俺にも懐いている。
その日はWiiで遊ぶ約束で家に来ていた。
俺も交ざって一緒に遊ぶ事にした。

3人で盛り上がり、はしゃいでいるうちに、久美ちゃんが自分の膝の上に乗ってきた。

「ねぇ、これできないよぉ。マサくんやって~」と、くるっと俺の方を向いた。

可愛い目で見つめられたので、一瞬ドキッとした。

「貸してみな」

俺はゲームが得意なので、あっさりとクリアしてやった。

そんな調子で遊んでいると、お袋から妹を呼ぶ声がした。
買い出しに行くから一緒に行こうっだって。

「兄ちゃん、久美と遊んでて。ママと買い物に行ってくるから」

そう言い残し、妹は部屋を出ていった。

「マサくん一緒に遊んでよ!」

久美ちゃんと2人きりになってしまった。

相変わらず、俺の膝の上に久美ちゃんは座っていた。
柔らかいお尻の感触にチンポが徐々に固くなってきた。
後ろから『ガキだと思って久美ちゃんも、すっかり大人やね♪』とスケベ丸出しの気分になった。

「久美ちゃんさぁ~、おっぱいおっきくなったぁ?」
「やだ~、マサくん何言ってんのぉ~」

・・・と笑っていたが、俺はすかさず後ろからおっぱいを揉んでいた。

ハッとした表情で振り返る久美ちゃん。
まぁ、ビックリしただろう。

「やっぱりおっきいじゃん。彼氏はいるの?」
「居ないよ~。マサくんヤダょ~」

クネクネと身をよじる久美ちゃん。
揉みながら、耳も甘噛みしてやった。

「あっ!」とか声を出していたが、大人しくなってた。

そのまま唇も戴いた。

久美ちゃんのお尻の下にあるチンポは既にギンギンになっていた。
久美ちゃんも気付いてただろうね。

「久美ちゃんって、エッチした事あるの?」

処女だったやめようと思ったが、そうじゃない、と白状した。

久美ちゃん、やられる覚悟ができたのか・・・

「マサくん、おっきくなってるの?」
「久美ちゃんのせいだぞ~」

俺は久美ちゃんの手を取り、ジャージの上から握らせた。

「すご~い!おっきぃ~」と言いながら、ギュッと強く握ってきた。

「だろ?直接みせてあげるよ」

俺はベッドに座り、ジャージは自分で脱いだが、パンツは久美ちゃんに下ろさせた。

「や~ん、すご~い!」

ヤバイくらいに勃起したチンポが久美ちゃんの目の前に。

「こんなの入らないよ~」って言ってたが、フェラさせた。

69になり、薄毛のマンコもペロペロしてやった。
小振りでクチュッ!とした可愛いマンコだった。

入れる前に妹の携帯に電話。

「後どれくらいで帰る?」

1時間ちょっとで帰るとの事。
急に帰ってこられるとまずいので、帰ってくる前に1本連絡させるように言った。

あまり時間もないので、久美ちゃんをベッドに横にさせてスブリと挿入。
やばいくらい気持ちよかった。

「あん、あん、あん」

俺のが腰を動かす度に可愛い声をあげる久美ちゃん。

「内緒にしないとだめだぞ」

「貸しだよ~」とか言ってたが・・・。

色んな体位で遊んだ。
久美ちゃん、超~締まりいい。

「そろそろ帰ってくるから出しちゃうね」

正常位で射精体勢に入る。

「中はヤダよ~」

孕ませたらシャレにならん。

最後は久美ちゃんの中からチンポを抜いて腹の上に精子をぶちまけた。
かなりの量がでた。

「うわっ・・すご・・・」

久美ちゃん、出した精子を指でいじってた。

ちょっとしてから妹から電話が掛かってきて、帰る連絡があった。

妹が帰ってきても、何事もなかったように俺も久美ちゃんも振る舞った。
証拠隠滅で精子を拭いたティッシュはトイレに流しておいた。

その日は久美ちゃんが帰るのが遅くなったので、車で家まで送っていく事になったが、途中でも1回やった。

「マサくん、今度ウチに来て」

車を降りた時にそう言われたので、次の日に行って、また遊んだ。
久美ちゃんのマンコにハマっていきそうだ。

くれぐれも妹にはバレないようにしたい。