結婚して2年目、子供はまだいませんが、1つ年下の旦那と暮らしていました。

私の名前・・・美佳という事にしておきます。
旦那は29歳、昔は凄く優しくて、本当に私を大切にしてくれたのですが、結婚してからはあんまり話も聞いてくれないし、専業主婦の私は退屈で仕方ありませんでした。
髪を切っても、新しい服を着ても、何も言ってくれないんです。
帰ってきてもお風呂に入ってすぐに寝てしまい、夜の営みなんて一年以上ありません。
もう私を女として見てくれないのかな・・・。
そんな事を考える毎日が続いていたある日、大学時代の女友達から電話がかかってきました。

「美佳~!久しぶりぃ~!」

彼女の名は裕子としておきます。
裕子は週末、夜に食事をしにいこうと誘ってくれました。

(一日くらい、いいわよね・・・)

私はすぐに旦那に相談しました。
旦那も裕子の事は知っていましたし、たまには遊んでおいでと言ってくれました。

当日、私は気合いを入れて服を選び、丁寧にメイクをして出かけました。
裕子が予約してくれたレストランに行き、そのあと裕子が知っているBARに入りました。
そこは、外国人がたくさん集まる店の様で、少し薄暗くて聞いたこともない音楽が流れていました。

「ふふ・・・美佳も絶対気に入ると思うわよ・・・このお店・・・」
「う・・・うん・・・ちょっと怖いけど・・・」

私達はいくつもあるテーブルの一つに席をとり、カクテルを注文して飲んでいました。
すると、外国人が何人も声をかけてくるのです・・・。
私は英語が全くダメでしたが、裕子は英会話に通って3年。
流暢な英語で彼らと話をしています。

「なんて言ってるの?」
「ん?・・・奥で一緒に飲まないかって」

「奥で?・・・」

店を見渡してやっと気付いたのですが、カーテンにで仕切られた通路が一つありました。
その向こうは店内より更に薄暗く、真っ赤なライトが小さく灯っているだけだったのです。
裕子が何かを言うと、その外国人達は残念そうに引き下がっていきました。

「奥って何があるの?」
「ふふふ・・・それは後のお楽しみ」

裕子は笑っているだけで、何も教えてくれません。
ふと、他のテーブルを見ると、さっき私達を誘ってきた外国人が、一人でカウンターで飲んでいる女の子に声をかけていました。

(何よ・・・誰でもいいんじゃん!)

私は内心、久しぶりにナンパの様な事をされて、密かにドキドキしていました。
そして、その気持ちを裏切られた気分になってしまっていたのです。
そんな気分で飲んでいても楽しくないので、帰ろうかなと思った時、二人の外国人が声をかけてきたのです。

「ハーイ!ユウコ!」

二人は裕子の知り合いの様でした。

二人の外国人は、褐色の肌と引き締まった体を見せ付けるような、露出の多い服装でした。
それぞれにかなりの美男子で、モデルの様なスタイルに私は一瞬心の中で喜んだのを覚えています。
裕子は軽く挨拶をすませ、テーブルに二人を座らせると、楽しそうに会話を始めました。
私は気後れしたまま、一人ぼっちになってしまい、どうしていいかわかりません。
そんな私を気遣ってか、二人のうち一人が話し掛けてきました。

「アナタナマエハ?」
「え・・・あ・・・美佳です・・・」

「ミカ・・・ヨロシク、ボクハ、ルカ」
「ルカ?・・・えっと・・・あの・・・よろしく」

その様子を見て、裕子がルカに何か言いました。
ルカは少し笑い、突然私の手を握り見つめてきました。

「何?何て言ったの?」

「美佳は私の友達の中でも1番の美人なのよって言ったの」
「そんな・・・」

「いいじゃない・・・ほんとに美佳は綺麗なんだから」

ルカは、私の手を握りながら拙い日本語で囁いてきます。

「ミカ・・・トテモキレイデスネ。ワタシハ、トテモシアワセデス。キョウハ、オゴルヨ」

私は気分をよくして、ルカとの会話を楽しみました。

おそらく私より年下の、それもかなりカッコイイ外国人から優しくされ、お酒もかなり飲んでしまいました。

「あ~!美佳、ルカと仲良くなってきてるぅ~!」
「そんなことないわよ・・・」

「いいじゃない、今日は旦那を忘れて楽しんじゃいなさいよ、ルカは凄く優しくしてくれるから・・・」
「そ・・・そうね・・・」

「じゃ、私はリカルドと奥に行ってるから!」
「え?ちょっと!」

「帰りは私、待たなくていいから、別行動にしましょ!」

裕子はそのまま彼と奥の薄暗い廊下へと消えていきました。

(やだ・・・どうしよう・・・)

一人になった私は急に不安になりました。

「ミカ・・・シンパイナイ・・・」

ルカは相変わらず、優しい口調と可愛らしい笑顔で話し掛けてきます。
気がつくとルカは私の肩を抱き、かなり密着した状態で横に座っていました。

「ボクノクニデハ、コンナキレイナヒトイナイ」
「えぇ?嘘ばっかり」

「ホント!ウソジャナイヨ!ミカ・・・ボクノメヲミテ」

ルカの綺麗な目を見て話しているうちに、なんだか恥ずかしいような・・・、それでいてずっとこうしていたいような・・・、不思議な気持ちになっていきました。

ルカは私の腰に手を回し、もう一つの手で頭を撫でてくれます。
お酒の勢いもあり、私はルカの肩に頭をもたれさせて、甘えるような格好になりました。

「ミカ・・・スキダヨ・・・」
「うん・・・ありがとう・・・」

「ミカ・・・コッチヲミテ」

私はルカの言うままに、見つめ合います。
相手の顔があまりに近くにあった為、恥ずかしくなって顔が真っ赤になってしまいました。

「ミカミタイナヒトヲマッテタ・・・キミニアウタメニウマレタ」
「・・・ああ・・・ルカ・・・」

私はもう夢中でした。

旦那の顔が一瞬浮かびましたが、頭の中の彼の表情は私を冷たく見下してる時のものでした。
しかし目の前のルカは優しくて、愛の言葉を恥ずかしげもなく伝えてくれる・・・。
しかも慣れない日本語を一生懸命に使って・・・。

「オクニイク?」
「え・・・奥って・・・何があるの?」

「ヘヤダヨ」
「ど・・・どんな・・・」

「イコウ・・・フタリデ」

ルカは優しく私の手をとり、席を立ちます。
そして、バーテンダーに何かを言って、奥の廊下へと私を連れていったのです。
カーテンをくぐって見えてきたのは、暗くて小さな赤い照明に照らされた廊下に、いくつも部屋があり、それぞれの扉に番号を書いてあるという、不思議な空間でした。

「ココダヨ・・・」

ルカは2番の部屋の扉を開けました。

そこは、割と広い部屋でした。
ソファーとテーブルがあり、テレビや冷蔵庫もありました。
トイレやシャワールームまで完備され、部屋の1番奥にはキングサイズのベッドまであったのです。
そして大きな窓からは、綺麗な夜景が見えました。

「綺麗・・・」
「ミカノホウガモットキレイダ」

ルカは夜景を見ていた私を背中から抱きしめると、首筋にキスをしてきました。

「ん・・・」
「ミカ・・・アイシテル」

私はもうメロメロになってしまい、ルカの顔をどうしても見たいという衝動にかられ、振り向いたのです。
その瞬間・・・。
ルカは私の心を見透かした様に、優しくキスをしてくれました。
それは長い長いキスでした・・・。
旦那とは比べものにならないほど、そのキスは上手で、私の身体から力が抜けていくのが分かりました。

「ミカ・・・ワインスキ?」
「うん・・・好きよ」

ルカは、私をソファーに座らせた後、冷蔵庫を開け、冷えた白ワインをグラスに注いでくれました。
私達は乾杯して、ワインを飲みました。
ルカは、ワインを飲んでいる間も、私を抱きしめ、耳元で色々と囁いてきます。

「アイシテル・・・」
「キミシカミエナイヨ・・・」
「キレイナダヨ・・・」

私はいつの間にか自分からキスをするようになっていきます。
舌を絡めて、ルカに全てを任せていました。
ルカの手が服の上から胸を触ってきました。

「・・・あ・・・」
「ゴメン・・・イヤダッタ?」

「・・・・・・」

私は何も言えませんでした。

嫌じゃない・・・。
でも私には旦那がいる・・・。
そんな葛藤が頭の中を駆け巡ります。

「タバコクサイ?」
「え?・・・大丈夫よ・・・だって」

思わず旦那の事を口にしてしまいそうになりました。

旦那はヘビースモーカーで、キスするとタバコの匂いがするのはいつものこと・・・。
旦那とのキス・・・。
もうどれくらいしてないのかしら・・・。
そんな事を考えていると、ルカがポケットから何かを出しました。
それは、口臭予防のタブレットでした。
ルカはシャカシャカと音をたて、タブレットを口に入れました。

「ミカモタベル?」
「うん」

私は何の疑問も持たずそれを2、3粒もらい、口に入れます。

(変な味・・・)

それからまた、ルカは私に密着したまま、キスをしてきました。
長い長い、熱いキスを・・・。

(ああ・・・ルカ・・・)

キスをしながらもルカは髪を撫でてくれたり、手を握ってくれたりするので、本当に優しさが伝わってきて、胸がドキドキしていました。

「カワイイヨ・・・ボクドキドキシテル」

ルカが私の手を、服の下へ導いて、ルカの胸に直接当てました。

(わ・・・すごい胸板・・・)

旦那とは違う男らしい肉体に、私のドキドキは大きくなるばかりです。

「ルカ・・・ドキドキしてる・・・」

「ミカモドキドキスル?」
「うん・・・」

ルカの手が再び私の胸に当てられました。
しかしそれは、いやらしく揉んだりするのではなく、あくまでそっと触れる程度でした。
その時、私は心の中で焦れったさを覚えます。

(ああもう・・・優しすぎるよ・・・)

ルカはまたディープキスをしてくれました。
私は胸の上に置かれたルカの手の平に、自分の手を乗せ、ギュッと掴みました。
まるでもっと強く揉んでと誘うように。
するとルカがこう聞いてきたのです。

「サワッテイイ?」

そんな事聞かないでよ!恥ずかしいんだから!と思いましたが、外国人が日本の女性に対してどう接していいのか分からないんだと思い、私は優しく頷いてあげました。
するとルカは私の服の裾から直接手を入れてブラジャーをずらし、いきなり直に揉みしだいてきたのです。

「あっ・・・」

ちょっと急過ぎる・・・。
そう思いましたが、ルカは夢中で胸を揉み、キスをしてきます。
私はなんだかとても愛おしく思えました。

「ミカ・・・ヤワラカイ」
「あんっ・・・恥ずかしい・・・」

ルカの指が乳首に触れました。
その瞬間、今まで感じた事がないくらいの快感がビクッと走りました。

「はんっ!・・・」

ルカは私の反応を見て、乳首を集中して愛撫してきます。

「あん・・・あっ!・・・」

「ココガイイノ?」
「あはん・・・聞かないで・・・」

ルカは丁寧に愛してくれます、時には強く、時には焦れったいほど優しく。
私はディープキスをしながらこんなに胸ばかりを触られる事はありませんでした。
旦那はいつも、軽く愛撫して、ほんの少し濡れただけで挿入。
何分か経ったら勝手にイッて、その後いびきをかいて寝てしまうのです。

(愛されるって、嬉しい・・・)

私はルカのロマンチックな愛撫に蕩けそうでした。
その時、自分の股間が湿っているのに気付きました。

(やだ!・・・私・・・キスと胸だけでこんなに・・・)

ロングスカートの奥で、確実に濡れていました。
足を擦り合わせてみると、ニュルッとした感覚が足の付け根あたりに感じます。

(パンストまでヌルヌルだわ・・・)

なかなか濡れないはずの私が、まだ触れられてもいないアソコから愛液を垂らすなんて・・・。
自分の身体は、ルカを欲している・・・。
そう思いました。

ルカは私の身体をソファー倒して、上から覆いかぶさる様に抱きしめてくれます。

「ミカ・・・スキニナッテシマウヨ・・・」
「嘘・・・みんなに言ってるんでしょ?」

「チガウヨ・・・ドウシテソンナ、カナシイコトイウノ?」
「だって・・・」

「ボクノメヲミテヨ!シンジテヨ!」

ルカは少し怒った様に言いました。
私はその言葉にキュンときてしまったのです。

「ごめん・・・ルカ」
「ボクモゴメン・・・」

そのあとのキスは、嬉しくて嬉しくて、涙が出そうなくらいでした。
私はまだこんなに素敵な男の子から愛の告白を受けるくらいの女なんだと・・・。
そして、徐々にルカに心を奪われていきました。

「アイシテル・・・」
「私もよ・・・」

ルカは胸を愛撫しながら、私の脚の間に手を差し込んできました。

(いまアソコを触られたら・・・)

私の股間は自分でも信じられないくらいに、濡れていました。
そこを触られたら・・・。
濡れている事を知られる恥ずかしさと、いやらしい女だと思われ、嫌われてしまわないかという不安が渦巻いていました。

「ミカ・・・チカラヌイテ・・・リラックスシテ」
「うん・・・でも・・・」

「ダイジョブ・・・ハズカシクナイ・・・ミカ」

優しい言葉に、私はキスをしながら、ルカにしがみついてしまいました。

そして、私のロングスカートが徐々にたくしあげられていきます。

「ぁ・・・」
「コワクナイヨ・・・」

たくしあげるその指が、脚にス~っと当たった時、全身に快感が走り、力が抜けていきます。
そしてルカの指は焦らすように、私のアソコの近くを愛撫し始めました。

「・・・ぁ・・・ぁぁ・・・」

私の胸を触っていた手は、背中に回されブラのホックを外してしまいます。
そして、爪を立てながらゆっくりと背中を愛撫するのです。

「・・・はぁぁ・・・ぁぁ・・・」

上半身のくすぐったさに近い快感と、下半身のとろける様な性感に、声が止まらなくなってしまいました。

「ぁぁあ!・・・ルカぁ・・・身体が・・・熱い・・・」
「ウレシイ・・・モットキモチヨクナッテクダサイ」

私は、いつの間にか脚を広げて、ルカが愛撫しやすい態勢をとっていました。

(ぁぁ・・・まだ触ってくれないの?・・・)

ルカは太腿に爪を軽くあてて撫で回す様にしたり、脚の付け根をコリコリと掻いたりしてくるんです。
でも肝心な所には決して手を伸ばそうとはしません。
背中をゆっくりとくすぐり回す指も、脇腹を撫で上げたり、おへその周りをくすぐったりはしますが、それだけでした。

「ぁぁ・・・ぁあんっ!・・・もぅ・・・お願ぃ・・・」
「ドウシタノ?ナニ?イッテゴラン?」

「・・・ぃゃん・・・恥ずかしぃ・・・」
「イワナイトワカラナイヨ?」

「・・・ぁぁぁ・・・ぁぁあん・・・」

焦れったい・・・、でも自分から触って欲しいなんて、旦那にも言った事がありません。
私が躊躇している間も、ルカの愛撫は続きます。

「ぁ・・・あっ!・・・やっ!・・・ああっ!・・・もう・・・意地悪ぅ」
「ドウシテホシイノ?」

「・・・触って・・・」
「ン?ドコヲ?」

「いゃ・・・お願いルカ・・・もっとちゃんと・・・触って・・・」
「ドコカイッテゴラン」

「あ・・・あそこ」
「アソコ?ドコ?」

「もう!・・・ぁはん!・・・もう!意地悪!」
「ココカナ?」

ルカの指がパンストの上から性器をボリボリと掻きむしりました。

「んあああっ?!」

下半身から頭のてっぺんまで、物凄い快感が身体を走り抜けました。

「あっ!・・・あっ!・・・あっ!・・・あっ!・・・ちょっと待って!!」
「イタイ?」

「ちが・・・あっ!・・・あっ!・・・あっ!・・・」
「ダッタラダイジョブ」

ルカは指を止めてくれません。
親指をクリに当てながら、残りの4本の指がボリボリと性器を掻きむしり続けました。

(だめだ・・・イカされちゃう!・・・)

私はオナニーではイッた事はありましたが、男の人にイカされた事はありませんでした。

「・・・あっ!・・・あっ!・・・あっ!・・・イ・・・イッちゃう!!」

ルカの手の動きが、より強く、より早くなって私を感じさせてくれます。

(もう駄目!!!)

あと一歩でイク・・・。
その時、ルカの手が急に離れ、私を強く抱きしめてキスをしました。

「ん・・・んぐっ・・・ちゅぱ・・・」

アクメ寸前で愛撫をやめられ、身体中を切なさが駆け巡ります。

(ぁぁあ・・・ルカ・・・もっとしてぇ!)