(・・・目、目のやり場にコマッティ・・・。)

雨宿り代わりに入ったデパートの水着売り場。
由紀(俺の彼女・本名)は女だから別にいいが、俺は付き添いなんだから。
っっって、俺から離れンなよ、勝手に。
こんなとこに一人でいたら、怪しまれんだろが。
恥ずかしいんだよ、マジで。

俺が白い水着に見とれている間に、隣の列へ行ってやがる・・・。

そのとき俺の鼻の下は20センチくらいはあったかと思う。
下を向けていたチンコもジーパンの中でもがき始めていた。
出せー・・・出してクレーって。

「どういうのがいいかなぁ・・・」

真剣に俺に聞くなよ。
まだ6月上旬だぞ。
季節は夏へ急いでるけど、これから梅雨だぞ・・・。
この雨だって、梅雨入りなんじゃねぇの?

「大人びてるのがいいかな・・・」

俺は鼻の穴をふくらませながら言ったけど、チンコもふくらませてしまった。

実に由紀は俺よりも5歳年上、26歳。
ちょっとした旅行で知り合って、何となく付き合っている。
まっ、一応交際しているということでお互い納得している。
デパート店員の由紀にとって他のデパートを見るのは面白いらしい。
参考になると言っていた。
そんなのはどうでもいいことだが、俺のチンコ、何とかならねぇかなぁ・・・。

水着売り場って、なんか淫靡な雰囲気と匂いがしてて、好きなんだけど、好きなんですよ。

「もう、ビキニなんて着られないかなぁ・・・」

マジな顔して呟いている。

(手にとって眺めてる、それ、買えよ。買って下さい。)

・・・と、俺は思ったね。

(いや、こっちのもいいかな)

・・・なんて思いながら、腕を組んで眺めてた。
マネキンに着せている水着は、腰まで切れ上がったやばいビキニ。

「ブルーのラメ入りなんて、ちょっとヤらしいよね」

由紀はニコニコしながら言うんだけど、これを着せて、ホテルで一発したいよぉぉぉぉ、と心の中で叫んでた。
小便までしたくなってきやがった。

「トイレ、行ってくる」

俺はいささか腰を引いて由紀に伝えた。

「何しに行ってくるの?」

こ、こいつ、何考えてんだ?
小便に決まっとろうがっ。

「しょんべんだよ」

俺は冷静に伝えたら、彼女は自分で何を言ってしまったのかを思い出して、苦笑い。

俺はポケットに手を突っ込んでトイレへ行ったよ。
苦しかったから。
個室に入ってズボンを下げてチンコ出したら、どひゃぁぁぁぁぁ・・・。
カウパー氏の涙が音もなくしたたり落ちた。
苦しがっていた息子も一息ついたらしく、血液が素直に流れながら、独り勃ちをしていた。
小便が満足に出ない。
早く出して由紀のところに戻らないと、いらぬ想像をされてしまふ。
俺は屁を伴いながら括約筋に逆の指示を出し、放尿を続けた。
小便はとんでもないところに飛びながら、中腰になってチンコを下へ向けた。
俺の意志に反して勝手にそっぽを向くンぢゃねぇ・・・。
叱りつけた。

しつけはいい方なんだが、由紀といるとどうもわがままになるらしい。
トイレットペーパーで雫と涙を丁寧に拭いて、水着売り場に戻った。
由紀は何も言わなかったが、疑惑の目。
俺がオナニー好きだということを知っているから、余計にやっかいだ。

「してねぇよっ・・・」

そういうまなざしを向けるから、俺は念を押して言ったんだが・・・。

「おしっこ、してきたんでしょ?じゃ、何をしてこなかったの?」

・・・笑っていやがる。
俺はしくったと思ったね。
余計なことを言ってしまった。

くっそぉ・・・。
女の買い物は長くてまいる。
ちょっと寄っただけなのに、買う気で選んでる。

「◯◯(俺の名前)の気に入ってるのはどれ?」

全部だ、と言いたかったが、腕を組んで考えているふり。
マネキンが着ているのもいいし、銀色のヤツもいい。
そのまま由紀に伝えると、やっぱりという表情で笑っている。

「結構センスがいいね、◯◯は」

おまえ、お世辞になってねぇよ。
すごいスケベだね、って言ってもらった方がスッキリできるんだが。
いつまでも俺をガキ扱いするなっての。
五歳上って言ったって、いつかは46歳と41歳だぞ。
そんなにかわんねぇじゃねぇか。

「試着してくるね」

銀色のビキニを手にとって、店員を呼んでる。
ラメ入りのをマネキンから外してもらってる。
もう一つは淡い水色のビキニ。
3つ持って試着室に消えた。

(・・・俺はどこにいればいいの???)

試着室の横で待ちぼうけ。
他の女の客にチラチラ見られる。
恥ずかしいんだよ、マジで。
ゴソゴソ由紀が脱ぐ音が伝わってくる。
チンコが苦しがってる。

「ちょっと見てくれる?」

ふざけるなぁ・・・でも、見たい。
やっぱ嬉しがっている俺。

カーテンから首だけ入れてる俺。
ドキドキ心臓、ドックンドックンチンコ・・・。
男は不便だ。
鏡の前で普通に立ってる。
俺はチンコ勃ってる。
銀色の水着だ。
おぴょぉぉぉ。

「いいんじゃない?」

試着室の中は由紀の香りでいっぱい。
チンコも血液でいっぱい。
暴発寸前。
俺が手を伸ばそうとすると、「見るだけだからね」と念を押された。
俺の行動がわかっている分、やりにくい。
蛇の生殺し状態。
由紀の水着姿を見たら、からだ全体からいろんな液体が出そう。
俺は大変な興奮状態だということを由紀に伝える。

で、年上の由紀は、俺の行動を読んでいる訳だ。
チンコはエベレスト山状態で、噴火寸前。
このまま襲って観音様のご光臨でもやっちまうかぇ。
せまっこいところで首つっこんでると、余計に興奮する。
さらにこいつ、水着だぜ。
楽しんでいやがる。
俺の興奮度を計りながら。

「次の、着てみるから」

額を押されて追い出される。
ゴソゴソと音がするが、大人しくお預け状態ね。

タバコでも吸ってくるか、落ちつかねえから。
と思っていると、今度は結構早い。
呼ばれたんで、さっきみたいに首だけつっこむ。
他から見ていると、バカだよな。
マネキンが引っぱがしたヤツ。
しまむらじゃねぇけど、そこにない時には昔はそうやって試着してたんだよ、マジに。
おめぇはまだ厨房だろ、時代を考えな、シッタカしてねぇで。
母ちゃんにでも、聞いてみな。
なんぢゃこりゃぁぁぁ、こいつが着るとエロビデオの世界じゃねぇか。

「それ、いいねぇ・・・」

生唾を飲み込む俺。
く、くるしいんですが・・・。
何とかしてください、由紀ちゃん。

「なんか、ちょっときついんだけどね」

鏡にケツを向けて、尻の辺りを触ってる。
俺にも触らせてよぉ。
股間が目の前。
匂いを嗅ぎたいよぉ。

また小便がしたくなってきた。
今度は我慢する。
変な想像されたくないし。
次の水着に着替えるんで、また追い出された。
オンナはいいよなぁ、苦しいモノがついてなくて。
俺は羨ましく思ったね。
体を駆けめぐる性欲が恨めしく思ったよ。
最後の水着が水色のビキニ。
自分で気に入ってたみたいだ。
見るとこれが一番しっくりいってるかなぁ。
落ち着いてる。
水に濡れたら透けそうなんだけどね。

結局全部買ってた。カードで。
大人だよなぁ、俺はカード持ってないから。
ふざけてる。
ちょっと悔しいかな。
学生の俺にとっては、カード、必要なかったけど。
持ってみたかったよ。

北口出たら、まだ雨が降ってる。本降り。
出たとこのコンビニ(今はないよ)で傘買って、ラブホ。
もう勝手にそっちに足が向いてる二人。
まっ、当たり前の行動だけどね。
いつものところではなくて、比較的広い部屋のラブホ。
千円高いけど、まっ、いいか。
集めている券はもらえないけど、水着で遊べると思えば、極楽浄土。
ウキウキしてるのに、変に冷静さを保とうとしている俺。
由紀は何も言わずに俺についてくる。
鍵あけて中に入ると、ベッドに荷物を置いて・・・

「シャワー浴びてくるね」

おっ、珍しい。
新しい水着を着るから????
インスタントコーヒーなんか淹れて、テレビつけてる俺。
いつもと違う興奮度。

ベッドの上に置かれた袋が気になって仕方がない。
出してみたい気もするが、俺にはそういう趣味はない。
結構まともなんだな、と安心している。
水着を着させて何とかしようってんだから、十分変態だけどな。
しかし、好きなモノは好きなんだから、嘘はつけないよな。
由紀も十分知っているし、納得して付き合ってる。
二人でそんなことをするんだから、別に他人にとやかく言われる筋合いはない。
親友に言ったことがあるが、そいつもレオタードとか看護婦の格好でやったこと、あるって言ってた。
妙に安心したんだが、お互いに気恥ずかしかったぜ、そんときは。

「◯◯も浴びてきなよ、汗かいてんじゃない、いろんなとこ」

子供扱いするなっての。
いろんなとこってどこのことだよ、全く。

バスタオルを巻いて、・・・たぶん何もつけてないな。
取ろうとしたら、「後でだよ」と念を押された。
チンコが勃ってきて、ホント、邪魔。
シャワーを浴びてても、起立状態。
タオルを巻いたって、その部分だけは見つかってしまう。
やばい状態であることが。
由紀の視線はいつもそこに集中。
バスタオルを持ち上げてるチンコを見ながら笑ってる。

「ちょっと、着てみてよ」

俺は横に座りながら言ってみた。

「もう、着てるって」

俺がシャワーを浴びてる隙に着たみたい。
俺って・・・果報者???
息が苦しい・・・。

実は俺、中学時代に水着にまつわるとんでもない経験をしていて、それはそれで違うスレ話なんで割愛させてもらう。
結構コスプレでセックスを楽しむ輩が多い中、俺の場合は「水着」というのがキーワードなわけよ。

「ブルマ」「レオタード」もキーワード。
こういうのを使って、今まで何度性欲を満たしてきたか・・・。
で、信じられないかもしれないが、こういう格好をさせると女の側も結構乗り気なんだよ、マジで。

「エッチなんだから・・・」なんて言いながら、ちゃんと要求に応えてくれる。

まんざらでもないらしい。

写真とかも撮らせてくれたし。
今もその写真とかでオナニーする、・・・時もあるかな???少ないけど。
水着の投稿とかしているから、それはそのコーナーで見つけてみてよ。
今も若い娘つかまえてやってるから。
スケベの権化だよな、俺も。
女も褒めるとすぐに許してくれちゃうし。
閑話休題。

「それは、俺に取らせてくれよ」

バスタオルを勝手に自分で取って水着を見せてんの。
俺が取るからこそ、意味があると思っていたからな。
由紀が慌ててまた体に巻くわけ、バスタオル。
もう遅いわい。と思いつつ、仕切り直しを要求してる。

「はい」・・・って、俺に喧嘩売ってんの?

感動が少し軽減しちゃってて、それでもスケベな俺は自分で取りたがってる。
俺がベッドに腰かけて、目の前に立たせる。

さてと、お披露目だ・・・。

俺の股間はタオルを浮かせたまま、真上に勃起。
由紀の視線もそこにあるんだな。

御開帳・・・。

あ・・・あれ??
こいつ、こんなに脚が長かったっけ・・・???
スリッパ・・・だよなぁ。
俺がベッドに沈みすぎてんの?シルバーの水着だ・・・。
すげぇ、興奮する。ホントに興奮する。
目の前に股間があって、俺は狂いそうになってる。
極度のスケベ男になってる。
歩く生殖器・・・飛び出す性犯罪。
俺は由紀の腰を引いて股間に口をつけたんだよ。

・・・えっ?
ゴワゴワ???
なんでパンティ履いてんだ???

ショワショワ???
なんの音だよ、これ。
水着が何で滑ってんだよ。
あん・・・ぢゃねぇよ。
見せろ!!!!!!

水着をひっくり返したら、ビニールみたいなのが張り付いてんだよ。ホントに。
当時の新しい水着には、ついてたんだよ、マジに。
ちょうど女の大事な部分に触れるところへ。
試着のためにくっついてんだってよ。
俺はその時初めて見て、感動したよ。
男のにはないんだよな、ビニール。
そういえば、俺は試着して買った記憶がないなぁ。
なんかその時女の神秘を見たような気がしたよ。

「パンティ脱いでじかに穿いてよ」

懇願するように言ったら、その場で脱いでんの。
デリカシーのない女だ。
見えない場所で着替えてよ。
・・・わあぉ・・・そのビニール・・欲しいなぁ・・・。
じっくり見たいけど、ポイっってごみ箱行き。
由紀が無造作に引きはがし、捨ててんの。
後で拾おうかと思ったけど、結局ことがすんだら忘れてた。

で、また仕切り直しで、御開帳・・・。
俺のチンコは心臓の鼓動と共にゼーハー言っちゃってて、とんでもない危篤状態。
タオルに擦れて痛いから、取り去ったと同時に我慢汁の糸を引きまくってた。
チンコの先から涙が出ているのを由紀が見おろしてる。
口元に笑みを浮かべながら黙ってんの。
中学の時にとんでもないことをしたんだけど、女ってのは、自分の体を見てチンコを勃起させている男を見るのが嬉しいのか???
俺が興奮している姿に興奮しているような・・・。
そんな気がしてならなかったよ。
じっくり股間攻めから始める俺って、やはり、すごいスケベだよな。
ふつう、キスの次に胸を揉むとかだもんな。

う、うむ、確かにチンコがついてない、スッキリした股間であぁ~る。
オンナの股間には魔力がある。
シルバーの水着が部屋の照明に鈍く反射して、女の体の陰影を浮き彫りにさせてる。
内腿から股間に手を滑らせると、由紀は軽く息を細くしながら俺の肩に両手をついてきた。
俺は両足を彼女の脚の内側に忍ばせて、股を大きく開かせたんだよ。
目の前に広がる女の大宇宙。
股間に鼻を近づけてみると、いつもの独特な女の匂い。
新しい水着の匂いと相まって、俺の山椒亀は泣いていた。
水着の横から由紀の秘部へ指を這わせると、じっとりと濡れた渦巻きへのめりこんでいく。
黙って体を震わせながら、俺に倒れこんでくるのはいいが、チンコが折れそうになって身もだえしちゃったよ。

彼女が上になりながら、水着の横からチンコを挿入。
後はエロビデオと同じ世界。
腰を上下させながら、彼女が俺の背中に回した力の分だけ、激しいピストン運動。
イクときには俺にキスをする癖があって、2分も経たないうちにその動作。
口の中でゴロゴロ雄叫んだと思うと、大変な痙攣をしてゼーハーゼーハー。
俺も中におびただしい量の精液をぶちまけた(と思う)。
結構長い時間、抱き合ってたと思う。
チンコがふやけてたよ。

水着を変えて2R目。
69スタイルで手コキ射精2回。
この日、合計4回の快感。

かなりの交わりを続けて、いろいろなプレイを行なって、会うたびに獣道を通過して・・・。
この年の12月13日、俺に新しい彼女が出現。
(完)

まっ、他人のセックスなど聞かされたって、キモイだけだろうがな。
当事者たちは快感なんだよ、実に。

で、この後、新しい彼女ができたんだが、由紀とも何度か会っててセックス三昧。
由紀にはちゃんと新しい彼女のことは言ってあるし、それでもいいということで今でいうセフレ関係。
後々修羅場を迎える結果になるんだが、それまでは毎日がノウテンキ状態。
自動車に轢かれそうになるし、会社の上司には愛想を尽かされるし、コピーには火をつけられるし。
新しい彼女とは結局別れちゃうんだがね(寝てる間にチンコ切り落とすからねと凄まれたんで・・・)。
由紀に言われたんだが、「あんた、別れ際に優しくするから殺したくなるんだ」という言葉、怖かった。
まっ、またどこかに書き込みますか・・・。