中学の時、近所に住んでいた高校生のお兄ちゃんがいました。

日頃から良く可愛がってくれていましたが、そのお兄ちゃんが、「お前のお母ちゃん綺麗だよな、今度紹介してくれよ」と頼まれ、母が家に居る時、そのお兄ちゃんを家に連れて行きました。
そして、母にお兄ちゃんを紹介しました。
3人で話をしている内に、次第に二人も打ち解けて来ました。

その内、お兄ちゃんが陰に私を呼ぶと、

「悪いけど、ちょっと用事頼まれてくれないかな?」

そう言ってお兄ちゃんに買い物を頼まれました。

「急ぐこと無いからな・・」

私は母に、

「チョット買い物頼まれたから・・出て来るね」

そう告げると、母が怪訝な感じで、

「すぐ戻るんでしょう?」

チョット心配そうな顔で私に訊ねましたので、

「うん、買い物済ませ垂らすぐ戻るよ」
「そう・・ならいいけど」

母とお兄ちゃんを残して家を出ました。

頼まれた品物を買って家に戻ったのは、それから30分位してからでした。
家に戻ると、家の中が馬鹿に静かでした。

「ただいま!」

声を掛けて中に入ると、先ほどの場所に二人の姿がありません。

すると、奥の部屋の方から、女の人の微かなうめき声が聞こえた様に思いました。
足音を忍ばせて奥に進むと、次第にその声が母のものだと判りました。

「アァァ~ダメ・・ソンナ・・」
「小父さんに知られてもいい?」

それはお兄ちゃんの声でした。

「ダメ・・ソレダケハヤメテ」

その後、再び母のなんとも言えぬうめき声が続きました。

私はそこに居てはいけないと何となく感じました。
再び家を出ると、家の周りを何周かして戻りました。

玄関からお兄ちゃんが出て来るところでした。

「サンキュー、悪かったな。お母ちゃんによろしくな。それと今日の事、お父ちゃんには内緒だぞ。たぶんお母ちゃんもそう言うと思うよ」

それがどんな事だかそれなりに判るつもりでした。

家に入ると、母が鏡台の前で髪を整えているところでした。
私の姿を見ると、妙にソワソワとした素振りで、その後お兄ちゃんと同じ様な事を私に言いました。

「お兄ちゃんが遊びに来てた事、お父ちゃんには内緒だよ。知らない子、家に上げるとうるさいから・・」

その時の母は妙に綺麗に見えた。