つい先日の話。

僕はケータイで、某無料出会い系サイトを見ていました。
10代でメル友を探したが、からっきし返事は返ってこなかった。

「あぁぁ、今日はもうダメだな。」
もう諦めようと思ったが、あっそうだ!20歳~24歳を見てみよう!!と思った。

「・・・・・・・・!!」

おぉ!!いたいたいた!!

「××(地名)の高校生いないかなぁ?」

僕の地元は県内でも都市部ではないので、地名が書いてあることは珍しい。
よし!この際年上でもいいや!!むしろお姉さんのほうがいいぞ!!

「××の高3だよ!お姉さん、何してくれるの??」

僕は馬鹿か!?
こんなので返事が来るわけないじゃないか!!

ブルルルルゥゥ・・・!!
うおぉ!?返ってきたよ!!マジか!?
ドキドキドキ!

「何がしてほしいの?」

えぇぇぇ!?ま・じ・で!??

僕 「何って?何でもいいの??」
女 「うん。年下の子にいろいろしてあげたいの。」
僕 「ほんとに~!?お姉さん何歳なの?名前は?僕は◯◯。」
ミカ「ミカだよ。20歳。」

おおおおぉぉ!!20歳!!いいじゃないですかぁ!!!

ミカ「電話で話そ?」
僕 「うん。090-****-****だよ。」

ドキドキドキドキドキ
まま、マジなのか?騙されてるんじゃないのか??
ドキドキドキドキ・・・

「!!!!!」

プルルルルルルルゥゥ・・・プルルルル・・・
ききき、キタァァァ!!!

僕 「・・・もしもし?」
ミカ「もしもし?ミカだけど・・・。」

おおぉ!!なかなかいい声だ!!

僕 「・・・・・・な、何でもしてくれるの?まじで??」

やばい!!緊張してきた!!

ミカ「・・・うん。何がして欲しいか言って。」
僕 「えっ!・・・何って、恥ずかしいよ。」
ミカ「恥ずかしいことするの?ちゃんと言って。」

やばいやばい!!
てれふぉんせっくすってやつじゃないですか!?やばい!!

僕 「・・・・・・な、舐めて欲しい・・・。」
ミカ「どこを?ちゃんと言わないとわからないよぉ?」
僕 「は、恥ずかしいよ・・・。」
ミカ「恥ずかしい所なの?」

い、いやぁぁぁん!!じょうおうさまぁぁん!!

僕 「・・・チンコ。」
ミカ「・・・ふーん。◯◯はおっきいの?」
僕 「・・・いや、わからないよ。」
ミカ「剥けてる?」
僕 「・・・うん。」

正直、仮性包茎だが。

ミカ「これから会える?」
僕 「えっ!これから?」

もう結構な時間だった。

僕 「い、いいよ。会えるよ。」

行くしかないでしょう!?ねぇ?

ミカ「じゃあ、・・・・・・・・・。」

僕は夜の町に原付で飛び出していった。
待ち合わせ場所に到着した。

僕 「もしもし?着いたけど・・・。」
ミカ「ちょっと待ってて。」

ドキドキドキドキ
ブサイクが来たらどーしよう!?いや!その確立は高いぞ!!
ドキドキドキドキ

「!!!!!」

きき、来た!!

ミカ「・・・◯◯?」
僕 「うん。」

おいおいおいおい!?
結構いいんじゃない?
ちょっとむっちりしてるけど、なかなかキレイなお姉さまじゃないか!!?

ミカ「・・・じゃぁする?」

ええぇぇ!?いきなりっすか!?

僕 「えっ?外で??」
ミカ「そのほうが良いでしょ?」

そそ、外っすか?やや、やばい!!緊張してきた!!
僕はミカに連れられて、ビルの裏の駐車場の隅っこに行った。
田舎なので、人は全くいない。
ドキドキドキドキ

ミカ「緊張してる?」
僕 「う、うん。」
ミカ「へぇ~。」
僕 「!!!!!」

うおおおぉぉぉ!!!
ミミ、ミカさんが僕の股間をさすってる!!!

僕 「・・・あっ。」
ミカ「・・・舐めて欲しいんでしょ?」
僕 「・・・う、うん。」

カチャカチャッ・・・ズズズッ・・・
僕はズボンとパンツを膝まで下げられ、丸出しになった。
もうヴィンヴィンです!!

ミカ「・・・初めて?」

ミカさんがチンコをさすりながら言った。

僕 「・・・うん。」

初めてではなかったが、そういうことにした。

僕 「!!!」

じゅるじゅるっ・・・。
あぁぁぁぁっ!!いいっ!!気持ちいぃぃ!!!

僕 「・・・あぁっ!ん!」

じゅるじゅるじゅるじゅる・・・。
あああああぁぁぁ!!うまい!!

僕 「あぁ!もうだめ!」

うぅっ!どくどくどく・・・。
ミカさんの口の中に出してしまった。
ミカさんはティッシュで口をふいた。

ミカ「・・・じゃあ帰ろっか?」

え!?もう終わりなの!??
まだやれるじゃん!!
ミカさん脱いで無いじゃん!!もったいないじゃん!!

僕 「・・・え、ああ、ああん。」

まま、まじで帰っちゃうの!?
いやぁぁぁん!!

ミカ「じゃあね。」
僕 「・・・・・・。」

あぁぁあ、まじ帰っちゃった。

しかし、美人局とかじゃなくてホント良かった。まじで。