3年前の冬、あるイベントがあり、打ち上げの飲み会があった。
学生時代の仲間数人と飲んでいた。

やがて打ち上げが終わり、皆と別れた後、私の隣にいた女の子が「この後、空いてる?」と声をかけてきた。
私は、「空いてるけど何ぞや?」と返す。

「ホテルいかん?」

何と大胆な奴だと思った。
最も、私が既婚者と分かっていて言うのだから。
私も私で、レスになり妻とのHが3ヶ月以上なかったので勢い余ってOKサインを出してしまった。

その後ホテルに直行し、一服。
ふと彼女が「あつさん、結婚する前からやった。結婚したと聞いてショックやったよ」と告白されもうドキドキ。
彼女はうっすら涙を浮かべ、私に抱きついてきた。

私はそのまま彼女の服をゆっくりと脱がし、ディープキスをする。
やがて小さな胸に、そしてあそこに手を這わせると、顔をピンクに染めながら、あえぎ声が漏れてくる。

時が進み、彼女が「お願い、欲しいの。来て・・・」と哀願する。
さすがに私も、理性が吹っ飛び彼女と体を合わせる事しか頭になかった。
挿入直前に彼女がゴムをつけてくれ、「私が妊娠したら、あつさん困るでしょ。でもほんとは・・・」と言ったので、私は「そうだね」と一言いって、挿入する。
私がゆっくり腰を前後し始めると、彼女からHな吐息が漏れる。
彼女は、153cmと小柄だったので、少しきつかったのですが、しっかりと濡れていたので痛くなく、よく締まるので最高に気持ちよかったですね。

「あつさんの大きいのが当たってるぅ。もっと、もっと。いっちゃうぅ」と言うのでゆっくり突いてあげた。

いつもとは違う背徳感が一層興奮度合いを高めていた。
いつもより早く10分ぐらいでイキそうになり私がペニスを抜こうとすると、

「抜いちゃいや。抜かないで」

彼女の言葉の通り、ゴム付きの中出しをしました。

ゴムをはずすのに抜こうとすると、「まだ抜かんといて。もっと温かいのを感じたいの。ほんと温かいね。ほんまは、思い切り中に出して・・・」と言うので、私は「その気持ち、有り難う。うれしかったよ。実は結婚前に気持ち揺らいだことがあった。あんたが頭から離れなかった。かわいらしい子やもんな」と返事をした。

すると彼女は「あつさん。今でも、好きやから」と、力無い言葉で呟いた。
一糸纏わぬ姿で何十分も、お互い熱い抱擁を交わしてました。

SEXの最初から最後までこんなに愛を感じたのはなかったです。
妻とのSEXも気持ちいいですが、いつもとは違う純粋な気持ちをストレートに表現することのすばらしさを感じました。

心から気持ちのよいSEXができたと思います。