高校時代の夏休みの話。

俺の家は海が近い。
しかし夏休みになったら家族連れが大挙して訪れるような大型ビーチはない。
・・・が、50メートル前後だろうか、そのぐらいの小さな砂浜があるのだ。
って言っても満潮時には浜の両端が海水に満たされてしまうんだから認知度は極めて低く殆ど真夏でも人は見かけたことがない。
比較的遠浅で遊泳にも適してると思うし俺的にはお気に入りなんだけどね。
だから本当に地元の連中しか知らない穴場のような地元民のプライベートビーチみたいなもんだった。
俺は夏場になるとそこにしょっちゅう釣りに行ったり、のんびり体焼きにいったりしてたもんだ。

その日も俺は別に友達と約束があるわけでもなく、こっそりビールを持って浜にでかけるつもりだった。
チャリにまたがり表に出ると浜に向かう坂道をノンブレーキで下っていく・・・。
すると対面から女の子がえっちらおっちらと上ってくるのが分かった。
不思議なもんだが好きな子っていうのはどんなに小さなシルエットでも確認できるもんなのだ。
いくら上ってくるのが確認できたといってもなだらかで相当長い坂なのだ。
数百メートルはあるだろう。
でも俺は一見してむこうが中学生の時に憧れていた祥子ちゃんだと分かったね。
俺は最初はノンブレーキで走り降りていくつもりだったのに、急にブレーキをかけ(何て声をかけようか?)なんて柄にも無いことを考え坂をチンタラおりていったわけ。
視力のいい俺には祥子ちゃんの表情がずいぶん遠くからでもはっきりと確認できた。
祥子ちゃん、俺に気づくとニコニコと笑っている。

俺は10メートルぐらい手前でブレーキをかけチャリを降りた。
祥子ちゃんはとにかくとても可愛い。
お勉強もできるし町医者の娘だからというわけじゃないけど清楚だし俺的には超ツボな子だったのだ。
でも彼氏がいたんだよね。当時から。
そいつ顔はともかくとしてやっぱり勉強が超できる賢い奴だった。
剣道部だったと記憶している。
俺はと言えば不良グループの中では唯一上位校に行ったとはいえ、祥子ちゃんが行ったような県下随一の進学校に行けるようなできのいい男ではなかった事を告白しておく。
まぁ、だから不釣合いというのを自認してたというか分不相応ということを分かってたから、俺は祥子ちゃんを猛烈に好きでもコクったりせず、失礼な言い方だが相応な女の子でつきあってた。
だいたい厨房のお付き合いなんてそんなもんだろう?

「あれ~?高橋(俺)くん?ひっさしぶりぃ~」って祥子ちゃん。

ママチャリにのって俺に声をかけてきてくれたんだけどね。
Tシャツ姿の普段着の祥子ちゃんもまた格別に可愛かったのを思い出す。
厨房の時はちょっと細くて少年のような面影もあったんだけど、その時は髪もちょっと伸ばして良い意味でふくよかになってて女らしくなってんの。

「お!おぅ・・・祥子ちゃんじゃん。すげぇ久しぶり、綺麗なっちゃってて・・・一瞬分かんなかったよ」とか調子のいいこと言う俺。

偶然の神様のいたずら、メチャクチャトキメク俺だった・・・っていうか正直ど緊張状態。
あぁ・・・何で男っつぅもんはツボの女を目前にすると固まってしまうのか。
次の言葉がまったく続かないのだ。

「えぇ?アハハハ高橋くん相変わらず口が上手いねぇ、でもその手には乗らなぁい」と祥子ちゃん。

正直俺は祥子ちゃんにしばらく見とれて何もいえませんでした・・・。
すいません。
黙ってる俺をよそに「ほんと久しぶりだねぇ何してるのぉ?」と祥子ちゃん人懐こそうに話しかけてきた。
せっかく屈託のない笑顔で俺に話しかけてきてくださったのになかなか次の言葉が続かない。(う、うれしいっす)

「え?あぁ・・・これから浜行ってこんがり焼きに行こうかな・・・とか思ってさ」と俺。

ドキマギしながらやっとこさ応えた。

「あぁそうなんだぁ?いいなぁ・・・海かぁ、せっかく海近いのに私全然行ってないや」と祥子ちゃん。
「まぁた勉強ばっかしてんじゃねぇの?」と俺。

ようやく少しほぐれてきた。

「ええ?あはは、してないしてない、してないよぉ全然。わたし落ちこぼれだもん」と謙遜する祥子ちゃん。

この奥ゆかしさがたまらないのだ。

「じゃぁさ!じゃぁさ!い、一緒に行かね?いかね?せっかくだから」とか俺は言ったね。

ここは普通誘うよな?一応。
とにかく俺はそうした。
殆どダメ元っていうか、社交辞令というか期待すらせず誘った。
いや、期待してたら逆に俺はロレツがまわらなかっただろうな。
俺根性ないから。
したらさ!したら・・・したらなんと!

「うん!行く行く!」って言ったんだよ祥子ちゃんが。

うっそだろぉ?って気持ちだったってマジ。
言ったこっちが驚いたんだから。
無理めな女の子が考えもせずに即答だもん。
マンガじゃないんだからっつぅ。
あぁどうする?こんな場合どうすればいいの?俺。
ぜんぜんわかんね。
取り乱す俺だった。

したら祥子ちゃん急に「あぁ!」と声を挙げたんだ。

俺はびっくりして祥子ちゃんを見た。
視線の先を追っていくと・・・俺のチャリのカゴにあるビールに辿り着いた・・・。

「いーけないんだぁいけないんぁー先生にいーってやろぉ」と祥子ちゃん。
「あぁこれ・・・親父に頼まれて・・・」と咄嗟に苦しい嘘をつく俺。
「プハハハうそくぁーい」と祥子ちゃん。
(マジでほんとかあいい)

「よぉし!んじゃ私水着取ってくるね、あたし勉強ばっかでクサクサしてたんだっ本当は。それまでにソレ捨てておうようにっ見つかったら私まで停学になっちゃうんだから」と言ってチャリで行ってしまわれた。

俺はしばらく遠くなる祥子ちゃんの後ろ姿をボカンと見送っていた・・・。(ああ祥子ちゃんやっぱ親父の後ついで医者になるんだろうなぁ、勉強大変なんだ・・・)とか思ってた記憶がある。
ハッっと我に返ると俺はカゴに入ったビールを取り出し開けた。
そしてそれをドブに全部捨てる俺・・・。
少しぬるくなってたのかビシャビシャと跳ねるビールが泡立っている。
そ、それより、み・・・水着っておいおいぃ。

いまだかつてこれほど舞い上がった事は記憶にない。
もしかしたら今後もないかもしんない。
俺は灼熱の太陽に後頭部を直撃されながら朦朧とした意識で約束の砂浜に向かったわけ。
バカ女で可愛い子とは付き合ったことがある。
・・・が、清楚な良い子とは付き合った事がない。
正直この時の俺の舞い上がった気持ちをどう説明したらいいのか、俺には文才が無いので説明できん。
すまん。

取り敢えず俺も予め水着を下に着てきたのでジーンズを脱いだ。
・・・が、焦がれる女を待つ時っていうのはどうしたもんだがソワソワしてしょうがない。
しょうがないぐらいしょうがない。

あぁ、何して待ってればいいだ?俺・・・。
清楚な子に合わせて浜に正座か?
そういうのが良いのか?
んなわけねぇじゃん!
やっぱ普段どおりだよな?
普段どおりだとやっぱり・・・ビール飲みながら・・・って。
ってダメじゃん!それ!
一人ボケ突っ込み繰り返す俺だった。

とにかく普段ならでれーん・・と太陽に背を向けて寝るわけだが、そういうのも何か品がないように感じられてしょうがないのだ。
浜における俺の位置。
俺のポーズ。
んなしょうがない事にいちいち拘ってたなぁ・・・あぁアホだった。
うん、確かにアホだ。
間違いない。

はたして彼女が来るまで何分ぐらい経ったんだろう?
現実には恐らく20分ぐらいだったと思うんだが長かったなぁ・・・。
小一時間は待たされたような感じだったよ。
(来たぁぁ!来た祥子ちゃん)

Tシャツにショートパンツ姿で再登場です。
もう俺の胸はキュゥゥゥゥンっと締め付けられてどうにもならない。

「ごめん待った?アハハ水着見つからなくってさぁ」と祥子ちゃん。

相変わらず屈託がない笑顔だ。
そもそも彼女の表情の基本形が笑い顔なのだ。
いるだろ?そういう子。
幸多そうな子。
そこが惹かれるポイントでもあった。

「じゃ、水着になっちゃおっかな。実はねぇ、もう下に着てきてるんだぁ」と祥子ちゃん。

スルスルとTシャツを両手をクロスして脱ぎ始めた。
(や・・・やばい・・・もぅ勃起しそう・・・おれ)

追い打ちをかける祥子ちゃん。
俺は清楚な祥子ちゃんの事だからてっきりスクール水着か、せいぜいワンピの柄水着だと思いこんでいたのである。
もしかしたら腰の辺りにヒラヒラが着いてるやつとか・・・。
したら、何とビキニでやんの。
超驚いた・・・っていうかもう既にティンコギンギンっす。
だって巨乳なんだもん。
隠れ巨乳・・・。

谷間が超深くってさ、薄い布に包まれた豊満な乳房が窮屈そう。
あれ多分去年の水着だったと思うよ。
だって下乳がはみ出てたんだからマジで。
わざと小さめの選んだりするような子じゃなかったし。
明らかにサイズ違いだった事は間違いない。
俺は勃起を隠すように手を前に添えちょっと前屈みになるしかなかった。

「うぉ・・・」

思わず声を漏らす俺。

「なに?」と祥子ちゃん。
「しょ、祥子ちゃんスタイル良いね、びっくり」と素直な感想を漏らす俺。
「やぁだぁ高橋君えっち!」と言って手をクロスして胸を隠す仕草をする。
「昔はちびまるこちゃんみたいだったのに、いつの間にか大人になっちゃって・・・」とふざける俺。
「うるさい!」と言って俺のケツを蹴った。
(もっと蹴ってくらさい)

「さてと・・・」

すると祥子ちゃんカゴから黄色のビニール状のもんと、足でバスバスやる蛇腹状の空気入れをお取り出しになられております。

「バナナボート?」と俺。
「うん、私泳ぎ上手くないから。浮き輪じゃ格好悪いし」と言いながら、バスバスバスと勢い欲空気を入れにかかる。

おっぱいがユサユサ揺れておりまししたハイ。

「やるやる、俺やるよ」と言って代わる俺。

見る見る膨らみバナナの形がはっきりしてきた。

「こ、これも充分恥ずかしいような・・・」と思わず俺本音を言ってしまった。
「いいの!誰も居ないんだから!」と言って頬を膨らます祥子ちゃん。

ちょっとした動きでもプルルンと震える両乳房が目にはいってしょうがない。
はみ出ろ!ポロンとはみ出ちゃいなよユー!
空気を入れ終わると、さっそく波打ち際までそれを持っていった。

「つめたあい・・・意外と冷たいよ」と祥子ちゃん。

つま先でチョンチョンと水面を突いている。
俺はといえば、祥子ちゃんのお尻の食い込みばっかり見ていた事を告白しておきます。はい、すいません。
(あぁ・・・おちんちん入れたいなぁ・・・この割れ目に・・・)

清楚な彼女に無礼な妄想を止められない俺だった。
だって男の子なんだもん。

「別に冷たくないじゃん」と俺。

慣れてるからなのか本当に全然気にならない。

「うそぉ!高橋君鈍いんじゃない?冷たいってば」と祥子ちゃん。
「どーーーん!!!!」といきなり祥子ちゃんを海に突き飛ばす俺。
「ぎゃぁぁぁ!!!!」と絶叫をあげる祥子ちゃん。

派手な水しぶきが上がった。(ああ俺って青春してるなぁ・・・)

うっとりしながら、その時俺はそう思った。
俺は怒られる前に自ら海に突っ込み沖の方へ泳いでいく。

「こらぁぁ!心臓麻痺で死ぬとこだったぞ!待てぇ!」と言って祥子ちゃんバナナボートで追いかけてくんのモタモタ。

でも超遅い。
格好悪くてちょっと噴出しちゃいました。
しょうがないから戻っていって後ろからばた足で押す事に。
フルパワーのバタ足で沖に漕ぎ出す俺だった。
この時、他意は全くありませんでした。

「あ、あんまり沖に行かないでね?私あんまり泳げないんだから」と祥子ちゃん。
「大丈夫だって」と言いながら、押すのをいいことにバナナボートにしがみつく祥子ちゃんの後ろ姿を食い入るように眺める俺。

超柔らかくて気持ちよさそうなお尻っすぅぅ・・・。

しばらくそうして海にユラユラと漂っていたなぁ。
俺はその二度と味わえないような甘ったるいシチュエーションに酔いしれていたわけ。
まぁそれで実際俺的には充分だった。
それにこの体勢だと、俺の発情の証も水中に隠れてて丁度良いのだ。

「はふぅぅぅ・・・・きもちいいねぇ・・・海久しぶり」と祥子ちゃん。うっとりしていなさる。
(くつろぎなせぇ、タンとくつろぎなせぇ。どんな大きな波が襲ってこようとも拙者が守ってみせまずそ)

祥子ちゃん無防備にボートにうつ伏せになりながらうっとりしておられる。
小一時間ぐらいそうしてたんじゃないかな?いいかげん俺も辛くなってきた。

「あの・・・俺ちょっと疲れてきちゃったんだけど・・・乗せてもらってもいい?」と恐る恐る聞いてみる。
「あぁごめん、ごめんね。うん、いいよ」と祥子ちゃん。

許可してくださった。
前に移動し俺が後ろに跨ると、意外とボートはかなり小さく感じる。
小さな波でもバランスをとるのが意外と難しいのだ。

「キャァ!」とか言いながら今にも横回転しそうなボートにしがみつく祥子ちゃん。

どうやら二人乗りは厳しいらしい。
図らずも俺は祥子ちゃんの後ろから、覆いかぶさるような体勢になってしまった・・・!

ぷにぃ・・・

超やっこい肉の感触が俺の胸から下腹部に伝わっていく・・・。
とにかく完全に密着状態だ・・・。

俺は祥子ちゃんに拒否反応を示されないよう「あ!船が見える・・・」とか言って気を逸らしたりしてたなあ。
アホみたく。
船が見えたから何だよって俺なら突っ込むね。
海なんだからそりゃ船ぐらいあるだろうって。
清楚な祥子ちゃんは突っ込まなかったけどね。
俺とは血統が違うからね。

「ええ?どれ?と祥子ちゃん」と祥子ちゃん素直に俺の指の方向を目を細めて見ている。
「あれあれ、見えないの?」と俺。
「うぅん、あたしコンタクト外してきちゃったから分からないや」とか言ってましたよ。

ふぅぅ、どうやらHな感じにはならないで済んだ。

しかし、俺はと言えば、超Hな感じにならざるを得ないわけです。
だって俺の若々しくも逞しい腹筋の下には女体のぷにぷにした気持ちいいお肉があるわけですよ?
興奮しないわけないじゃないですか?そうでしょう?
理性に反して俺の本能は祥子ちゃんを味わいたくてしょうがないのです。
いけないこととは分かりつつ少しずつ少しずつ・・・。
祥子ちゃんが拒否しない事をいいことに俺の体を祥子ちゃんの上に、のし掛からせていきました。
もぅどうなってもいいや、とか思ってました。

だって我慢できないんだもん。
しょうがないじゃん・・・とか思ってました。

そして・・・とうとう祥子ちゃんのその部分に、図々しくも俺の発情の証を添えてみちゃったりしたのです・・・。
でも祥子ちゃん、何も言わず黙ってたんだ、マジで。
俺の高まりに気付いてるのだろうか?図々しい俺は、もっと強くそこに俺のを押し付けていった。

「ぅぅ・・・た、高橋君?」と振り返る祥子ちゃん。
「なに?」としらばっくれる俺。
「あ・・・あたってるんだけど・・・何か・・・」と祥子ちゃん。
「何が?」とまだしらばっくれる俺。
「なにって・・・えっと・・・」と返答に困る祥子ちゃん。
「祥子ちゃん・・・お、おれ・・・おれ・・・」と言いながら辛抱たまらなくなった俺は、祥子ちゃんの顔に近付いていきました。
「えぇ?や・・・わ・・私そういうつもりじゃ・・・あの・・んぐ」と言い終わる途中で俺は強引に抱きすくめキスしてしまった。
「うぅん・・・ぅぅ・・・ぁぅ」と唇を奪われ、小さく声を漏らす祥子ちゃん。

俺はバナナボートごと祥子ちゃんを強く抱きしめ、体を密着させていった。(セックスしたい!セックスしたいぃぃぃ祥子ちゃんと一つになりたいぃぃ)
もう俺の脳内はそればっかりだった。
祥子ちゃん息が苦しくなったのか、一瞬、口を大きく開けたところで、すかさず舌を潜り込ませる俺。

唇に海水が付着してるからなのか、超ショッパかったなぁ。(祥子ぉぉ、超かわいいよ、祥子ぉぉ)
夢うつつで独りよがりなディープキスに没頭する俺。
股間でスリスリと祥子ちゃんおお尻に求愛行為をしていると、祥子ちゃんのビキニの下が少しずつずり落ちているのが分かる。
お尻の直の肉が俺の下腹部にプニプニと当たるのだ。
生暖かい・・・。

「んぅぅ・・・ひぅぅ・・・」

ビクン!ビクン!と小さく反応しながらも祥子ちゃんの舌が、少しずつ反応するようになってきた。
この時のうれしさと言ったらない。
しだいに目もトロンとしてきて、お互いにゆっくりキスを楽しんだ。
ボートの下側に手を回していたのを、ブラの中にゆっくりと潜り込ませていく。
俺達二人の体重に押し潰された彼女の豊満な乳房の感触が、俺の掌一杯に伝わってくる。
そしてコリコリとした乳首特有の感触も・・・。

俺は唇を離し祥子ちゃんの愛しいうなじから、背中にかけてをペロペロ~と舌先で舐めていった。

「あぁん高橋くぅん・・」と思わずブルブル体を震わせ反応する祥子ちゃん。
(こんな清楚な女の子が俺に反応してくれてる!)正直もの凄い興奮状態だ。

「やだぁ・・・誰か見てるぅ・・・み・・・見られたら・・・あたし」

反応しながらもまだ躊躇する祥子ちゃん。

俺はかまわず祥子ちゃんの身を起こし、前に顔をもっていくと乳房に吸い付いた。(祥子ちゃんの・・・オッパイ・・・オッパイ)
もう堪りません。
ハァハァハァハァと熱い吐息を漏らしながら、体をピクピクと反応させる祥子ちゃん。
俺はビキニの下を適当なところまでズリ降ろすと、自分の前を降ろし、漲っりきった高まりを祥子ちゃんのその位置にあてがっていった・・・。
もうさっきみたいにビキニの布きれが二人の間を遮ることはないのだ。

入口に先端を合わせる俺・・・。
祥子ちゃんの荒い呼吸が俺の胸に伝わってくる。
照りつける太陽の日差しが背中に当たって超熱い。
ヌゥゥゥ・・・・っと清楚な祥子ちゃんの中に入っていく俺。

「だ、だ、だめぇ!い、入れちゃ・・・入れ・・・あぁぁぅぅ・・」

すっかり濡れていて俺のチンポは、あっさりと祥子ちゃんの中におさまった。
水温で冷やされてた分だけ祥子ちゃんの膣内が、凄いぬくもって感じられる。(やっぱり処女じゃかったんだ・・チョットガッカリ)
そんな事を思った記憶があります。

「しょ、祥子ちゃん!・・・お・・・俺・・・ずっと祥子ちゃんが好きだった!」と秘めた思いを打ち明ける俺。

俺がへこへこと出し入れを繰り返すと、ボートが揺れてチャプチャプと波が弾けた。

「えぇ・・・でも・・・私彼氏居るしぃ・・・あぁん・・あぁ・・・あん」と悶えながら応える祥子ちゃん。

プニプニプニと下腹部で存分に清楚なお尻を味わう俺。
体を若干おこし繋ぎ目を見ると美味しそうに俺のチンポを祥子ちゃんのマンコが、俺のチンポを咥え込んでいるのが見える。
太陽の光に照らされヌメヌメと粘液が輝いていのが見えた。

「あっ出る・・・・で、るぅ」突然の射精の前兆だった。

好きな子としてる分だけ興奮してたのだろう。

「あっあっあっ中だめぇ・・・なか・・・そとにっ」と祥子ちゃん、体を反り返らせてブルブルと上半身を震わせている。

俺は二回三回とぐるぐるとチンポをかきまわし祥子ちゃんの膣内を味わうと、ヌゥゥゥっと引き抜いていった。
祥子ちゃんは苦しそうに「あぅぅぅぅ・・・」と体を痙攣させて耐えているようだ。
そして祥子ちゃんのお尻の上にドクドクと精液を吐き出していった。
すんごい気持ちがいい。
尿道に残った精液を最後まで吐き出そうと何度も何度も射精感が俺を襲うの。
終わろうとするとビクン!ビクン!とまた痙攣して苦しいぐらいだった。

しばらくお互いぐったりしてたんだけど結局、その後、お互いばつが悪くなってロクに話もせずに別れてしまった。