僕が小2の頃、いとこの中学生のおねぇさんに“お医者さんごっこ”と称して身体中を触られたりして、最終的にちんちんを見られた。

もうギンギンに勃起して最高に気持ち良かったが、射精は無いまま終わってしまったのが非常に残念だった。
その後、僕は中学生になり、おねぇさんは二十歳になった。
僕は一人っ子で、おねぇさんは五人兄弟なのを良いことに良く遊びに行っては泊まっていた。

ある日、遊んでてそのままこたつで寝てしまい、夜中に目が覚めたらそのおねぇさんが隣に寝ているのに気が付いてしまった。
その瞬間、昔のことを思い出して勃起してしまった。
勿論、我慢出来るはずもなく、イタズラしまくってゼンズリしてこの日は終了。

こういうのを何回か繰り返しているうちに、イタズラ中におねぇさんが起きていることに気付いてしまった。
起きているのに嫌がらないと言うことは受け入れてくれているのかなと思った僕は、とうとう最後の行為に及んでみたくなった。

いつものようにおっぱいを舐めまくり、マンコも舐めまくり、パンツを脱いで挿入してみたらあまりにも気持ち良くて半分くらい入れたところで逝ってしまった。
当然、生中出しである。

そのあと、トイレで後処理をしていると、少し機嫌の悪いおねぇさんに「早く寝ろ!」と言われたのを覚えている。

僕はその後、数ヶ月間は妊娠していないか心配で心配で心配でしょうがなかった。
おねぇさんに聞く訳にもいかず日々は過ぎていったが、大丈夫だったようだ。

大人になった今、考えてみると物凄く濡れていたし拒否もしなかったし、五人も兄弟が居る中でいつも二人きりになっていたのを考えると、おねぇさんも多少の期待があったのかなと思えます。

あれから二十数年経った今、おねぇさんは離婚して独り身になったので、この話のことを謝りがてらまたおねぇさんの躰を貪りに行こうと計画中です。