私は、仕事が終わって飲みに行くときにはいつも自宅に帰ってから出るのですが、あの日はなんか帰るのが面倒でスーツ姿のまま行きました。
腹も減っていたし、とりあえずよくいく居酒屋へ急ぎました。

車を止め、中へ入って行くと混んでいて座るところと探すとカウンターの端の方から2つ目が1人分だけ空いています。
そこへ座ると隣の席のジャージ姿の若い女の子(後から20歳とわかる。)が、「あっ!」と小さい声をあげこちらを見ました。
その子に「ここまずかったかな?誰か座ってるの?」と聞くと、「友達が来るはずなんだけど来ないから座ってもいいですよ、どうぞ!」と言ってくれました。
・・・で、それからしばらくその子をそれをきっかけにいろいろ話していました。

そのときはまさかあんなことになろうとは思わず、まぁこの子の飲み代くらいおごってあげてもいいか位に思っていたのです。

30分もたったでしょうか、
彼女が「おにいさん、実は私をナンパするつもりでここに座ったんでしょう?」

すこし酔いのまわった彼女(ナナちゃん)は笑いかけてきました。

私は「俺、おっぱい星人だからナナちゃんみたいな大きくない子に声かけないよ。」と、こちらも笑いながらいうと「私の友達は大きいよ。ここに来るはずの子なんだ。そんなにおにいさんがおっぱいが大きい子が好きなら呼ぼうか?」。

私は二つ返事で「うん!呼んで」。
ナナはジャージのポッケから携帯を取り出すとかけました。

「ちょっとマユミなにやってんのよ。今ね、ほなみにいるから来てよ。」

少しすると私の隣のオヤジ2人づれが席をたちました。
それから15分くらいでマユミちゃんが来ました。
ナナちゃんの言葉に嘘はなく、マユミちゃんもジャージでしたが、十分に大きいのはわかります。

「こういう巨乳を後ろからズコズコやったら気持ちいいんだよなあ。」と勝手なことを考えてました。

私を挟んで二人の20歳娘といろいろHな話も入れながらそれから1時間くらい飲みました。
ナナちゃんが、「おにいさん、うちらのアパートねえ、けっこうここから近いけど、うちのアパート来て飲む?」と聞いてきたので「うん、行く行く」。
飲み代を払い、途中のコンビニ兼酒屋でビールとウィスキーやつまみをかい、ナナちゃんたちのアパートへ向かいました。

7~8分も歩くとつきました。
部屋は6畳二間でそこをしきってあるふすまをとって12畳にしてある部屋です。
そこでまた、3人で飲み始めました。
ナナちゃんが私のとなりに座り、マユミちゃんは向かいに座りました。

ナナちゃんが「ねーねー、酔っちゃった。おにいさん、よりかかっていい?」といって寄りかかってきました。
目が合うと「私ね、酔うとキス魔のなの。」そういってナナちゃんはキスしてきました。
こうなるとこちらも止まりません。
舌をいれ、ディープキス。
つい、手はおっぱいへ。
小さいみたいけど結構あるじゃん・・・とか思っていると、マユミちゃんが都合悪そうに「私、シャワー浴びてくるね。」と言ってバスルームに消えました。

マユミちゃんもいなくってナナちゃんは股間をさすって来ます。
ついに押し倒しジャージを脱がせ、生乳首を指でころがしてやります。

「ああああ~~ん」

もうナナちゃんは声が出ます。

「聞こえちゃうよ、マユミちゃんに」
「いいの、もういいから、もっと!」ということで更にエスカレート。

ジャージの下を脱がせ彼女の股間へ手を伸ばすとぐちょぐちょです。
指をいれてあげるともっと大きな声であえぎます。
きっとマユミちゃんには聞こえてるでしょう。

彼女が私を脱がせにかかります。
上着、ネクタイ、Yシャツそしてズボン。
どんどんはぎ取られます。
もう、チンポはぴんぴん。
トランクスは綿なのでぱんぱんにテントを張っています。
彼女はゆっくりおろすとそこへチンポがぼろんと出ました。
彼女は宝物でもみつけたような目つきでめが輝いていました。
何も言わず、カポ。
チョポカポチュポ。
若いけど壺を心得たシャブリ方です。
すごい気持ちいい。

1、2分もフェラしていて彼女が舌でえらの周りをすーっとなめてくれていたときです。
後ろのほうでガチャという戸の音がしました。
バスタオルを巻いたマユミちゃんがちょっと呆然!という感じで立ちつくしていました。
気づいているはずのナナちゃんはかまわずチンポシャブリに一生懸命です。
私はマユミちゃんを手招きしました。
彼女がゆっくり歩いてきました。
ナナちゃんはかまわずフェラしています。
マユミちゃんをそばに座らせ立ち膝にさせ、少し股を開かせ、手を差し入れるともう、ぐっちょぐちょでした。
きっと彼女は、私とナナちゃんの“じゃれあい”をおかずにバスルームでオナっていたに違いありません。

キスしながら、指でオマンコを開き、濡れたクリの皮むいてこすこすしてあげました。
ううーーん!とマユミちゃんが感じて動いたために巻いたバスタオルがはらりと落ちました。
ぼろっというかぷるんというかそんな感じでその巨大なバストが出現しました。
気がついた時には私はその巨大な乳にむしゃぶりついていました。

マユミちゃんに「おおきいねー。何カップ?」と聞くと「Gカップ、112cm」と教えてくれました。
そのGカップと112という数字に更に興奮しました。

そうだ、せっかくだからWフェラしてもらおうと「マユミちゃんもふぇらしてよ。」というと彼女も股間へ頭を向けました。
ナナちゃんとマユミちゃんのWフェラです。
ナナちゃんが袋と竿を、マユミちゃんがかり首周りをなめてくれています。
ああ念願のWフェラだあ・・・と、私は感動していました。
ナナちゃんのフェラは本当にうまく気持ちいいのですが、マユミちゃんはそれより一生懸命ってかんじでそれがまたいいんです。
2つの違う味の快感が私を襲います。

Wフェラに感動していると興奮してチンポがぴくぴくと動きます。
マユミちゃんが「おにいさん、もう出そう?」と聞くので、まだまだと言いたいところだけど、「二人ともうまいからもうでそうだよ。」というと「あたし男の人がだすとこまだみたことないんだ。このままして出して見せてよ。」といいます。
ナナちゃんが「いいこと思いついた!」というが早いかそのまま、立ち上がると押入をあけると袋とバスタオルをもってきました。

「お兄さん、ちょっとお尻あげて!」という私の下にバスタオルをしきました。

そして「じゃーん、これは何でしょう?」とローションの瓶を取り出しました。
ナナちゃん、いいもの持ってるね・・・と、袋の中を覗くとバイブやらレズ用の二股バイブ、アナル用バイブなんかが入っていました。

「こいつら、スゲーエロ女だ。」と思いました。

ナナちゃんがチンポにローションを塗り、しごくといったんしぼんだチンポはまた、その冷たさとぬるぬる感に感じてまた反り返ってきます。
マユミちゃんがイク頃になったら言ってねと微笑みながら加えます。
ナナちゃんは睾丸をくわえながら、舌で竿をなめてきます。
くぅー気持ちいい。
最高だ!幸せな気持ちになるなあ。
そのうち、おしりの穴がむずむずします。
ナナちゃんがアナルを攻めているのです。
これも気持ちいい。
快感が倍になった感じがします。

「どう、おにいさん気持ちいい?」
「うん気持ちいいよ。もっとやって」

ナナちゃんはにっこり微笑みながら、私のアナルに指をすこし入れて、出し入れします。

くぅーーーー気持ちいいいいい。

「マユミちゃん、もうすぐでそうだよ。もっとはやくちゅぱちゅぱして」

そういうとフィニッシュを感じたのかマユミちゃんはちゅぱちゅぱを早めます。
ナナちゃんは今度は舌をアナルの中に入れてきました。
1、2分したでしょうか、もはや我慢の限界です。

「でそうだよ。」というとマユミちゃんは口を離し、しごきます。

ピュウピュッピューーーーーー!!

思いっきり放出しました。
マユミちゃんはチンポの口からでるところを見たかったのか顔を近づけすぎて、精子が顔や髪にかかりました。

「かわいい!!まだぴくぴくしてる。」と言って、テッシュでふいてくれました。

3人で一服するとナナちゃんが「ねー、おにいさん、一緒にシャワー浴びよ。」と誘うのでマユミちゃんを残してバスルームへ行きました。
バスルームへいくとナナちゃんが体を洗ってくれました。
泡をながすと急に私の前にひざまずき、ぱくっとくわえ、ねぶりだしました。

「うまい!ほんとにうまいよなあこの子、若いのに。」
そう思っていると、
「ねーもういれて。さっきから我慢してるんだから。」
そういうと、くるっと後ろを向き、風呂桶に手をつきお尻をぐいっとつきだしました。

わたしはぐっとその中へつきいれると
「あああああ、いい、太いよ。これ思ったより太い、いいいい。もっともっと」とあえぎます。
そういわれちゃうとこっちも俄然はりきります。

ずこずこ、ばすんばすん。

ナナちゃんの大きめのお尻をどつく音がバスルーム中に響きます。

「ああああ、イキそう。イキそう。」
「いいよ、行っていいよ。ほらほら」

私はリズムをさらに早めました。

「あああああああ、イク!いく!いく!イッちゃうううううううーーー!」

1度くらいいったところで私の攻めが終わるわけはありません。

「ほら、またイキな、ナナちゃん。ほらほら」
「あああ、またイク、いく、いっっくうううううううう。」
「まだまだ、ほらもう一度」

さらに早くせめます。

「あああんんん、もうだめもう、あああああんんんん!」
「おにいさん、飲ませて、ねえ出すとき飲ませてええええ」

もうそろそろ限界です。

「ナナちゃん、いくよおれもそろそろイクよ。」

そう言うとナナちゃんはチュウポンと音をさせながらチンポを抜き、くるっと向き直ってひざまずき、チンポをすごいスピードでしごきました。
しごいて3秒くらいにはどくどくとさっきよりは量は少ないもののけっこう精液が出ました。
ナナちゃんはそれをごっくんと飲み干すとまだチンポについている残り汁をきれいになめてくれました。
ナナちゃんを立たせると抱きしめ思いっきりディープキスしました。
ナナちゃんは、私の気持ちを感じたのか、続きはあがってからねとまたにっこりと微笑みました。
その後、またチンポをきれいにせっけんで洗ってくれ、ふろからあがりました。
向こうの部屋からはブーーンというモーター音が聞こえます。
マユミちゃんがさっきのバイブでオナっているに違いありません。

ナナちゃんが「おにいさん、マユミにもしてあげて・・・。」と耳元で言います。

そして口にシーっ指をあてこっそり向こうへいこうと手招きします。
私とナナちゃんはそっと音を立てないように向こうの部屋へ向かいました。

部屋へ入っていくとベッドでマユミちゃんが4つんばいになってオマンコに双頭バイブを出し入れしてあえいでいます。
私たちはそうっと近づくと感じているのか全然気がつきません。
ナナちゃんが、双頭バイブを持ちグッとつっこみました。

「あああ~ん」
「ナナぁ、もう!」

そう言いながらも嫌がりません。
きっとこの子はMっけがあるなと直感的にそう思った私は
「マユミちゃん、もうチンポ欲しくってたまらないの?」
そう聞くと、
「うん、おにいさん入れて」
「なにを入れて欲しいかわからないなあ。ちゃんと言ってごらん。」

ナナちゃんは相変わらず、マユミちゃんをバイブで串刺しにしてせめています。

「マユミ、チンポ欲しかったらいつもみたいにちゃんとハメ乞いしないと私がしちゃうよ。」と、ナナちゃん。
「マユミのオマンコにチンポをいれて下さい。」と、マユミちゃん。

やはりこの子はMなんだな。
しかもこの子を普段調教してるのはナナちゃんだ。
この子たちはSMレズなんだ。

「じゃあチンポが欲しいなら、まずはしゃぶりなよ。」

そう言ってマユミちゃんの前にチンポを差し出すとさっきより激しくなめてきます。
あっというまに私のチンポは堅くなりました。
入れようとマユミちゃんの後ろに回ろうとするとナナちゃんが「まだじらしてあげて」と耳うちします。

「マユミ、おにいさんにいつもアレをしてあげなさいよ。」

ナナちゃんは私をベッドのヘリに座らせました。
マユミちゃんはその巨大な胸にローションをたらし、私のチンポを包み込み上下させ始めました。
ぬるぬるで気持ちいい。
パイずりで気持ちいいのは久しぶりです。

「どう、気持ちい~い?」

ナナちゃんが聞きます。
バイブを強くしました。

「ああああ~んん」マユミちゃんがあえぎます。
「ほらほらマユミ、感じてないでちゃんとパイずりして」といじわるにいいます。

それに感じるらしく、マユミちゃんは実にいいあえぎ顔です。
そろそろハメたくなってきました。
マユミちゃんをベッドにあげ、4つんばいにさせると一気にバックから挿入します。

「ああああああ~ん」マユミちゃんは実にいい声で啼きます。
「気持ちいいか?ほらほら、もっとつくよ」

そのままつくと、きゅっ、きゅっと締めてきます。
こりゃそろそろ限界にきたな?

「イキたいの?イキたかったらイカせて下さいって言わないとイカせないよ。」
「ああああぁ~ん、イヤ、言います。言います。」
「マユミをイカせて下さい。」
「だめだめ、それじゃ。ちゃんとエロマゾのマユミをイカせて下さいじゃないとだめだよ。」
「エロマゾのマユミをイカせてください。」
「ようしじゃあイカせてやるよ。ほらほら」
・・・と、リズムを速めさらにきつく突いてやると
「ああああああぁああぁ、イキます、イキます、イッく~~ーーー!」とイキました。
「ほらほらまだまだ、まだまだ」

そう言って私は責めをやめません。

「ああああぁまたイク、イク、イッくーーー!」
「まだまだ、ほらほらもっとイキな。」

巨大な胸をぶらぶら揺らしながらお尻をわし掴みにしてバックからがんがん突くのはほんとに気持ちのいいもんです。
そのとき、お尻に冷たい感触が・・・・。
ナナちゃんでした。
ナナちゃんがローションを私の肛門に塗り、また指で責めてきたのです。
後ろを向くとナナちゃんはまたにやっと笑いました。
左手はアナルを右手は睾丸をそして舌は、出し入れしている竿をなめています。
気持ちいい。
やっぱ3Pは最高だなあ。
このままではイッてしまう。
正常位に変えました。
そして、より深く挿入するためにマユミちゃんの両足を上へあげ、私のチンポを深々と挿入します。

「ああああ、あたってるあたってる・・・・イックーー!」

そのときもナナちゃんは竿をなめてくれていました。
もうそろそろこっちも限界です。

「マユミ、どこに出して欲しい?」
「外だったらどこでもおにいさんの好きにしてーーー。」
「じゃ顔にイクよ。」

さらにピッチを速めます。
出る!と思った瞬間にずぼっと抜き、顔面シャワーをきめました。
マユミちゃんの髪や眉毛、鼻、口元にかかりました。
出してふっと息をすうとナナちゃんが、「マユミ、ちゃんと残り汁もなめてあげて」マユミちゃんは精液を手で拭い口に運ぶとなめまくっていましたが、ちゃんと残り汁も舌できれいしてくれました。

3人でベッドに川の字になって寝ながら一服しながら
「こんないい子たちとは是非もう一度あいたいな。」と思った私は
「ねぇ、こうして酒のんだり、Hしてまた遊ぼうよ。」というとナナちゃんが
「う~ん、おにいさんのことはうちはすんごく気にいったんだけどねえ。マユミは?」
「うちもおにいさんのこと好きだよ。」
「でもね、うちらあさって東京にいくんだ。」
「えっ!?」
「うちらね、今はプーなんだけど東京に働きにいくことにしたんだよ。」
「東京で働くところあるの?」
「うん、はなせば長くなるけど、前はスナックで働いてたんだけどそこにきたお客さんで東京でヘルスの経営してるひとがいたの。その人を頼って風俗するんだ。」
「風俗?」
「そう、スナックで働いてたって結局、こんな田舎のスナックなんて対して金にならないし、東京の風俗なら月70万~100万ぐらいいけるっていうから。」
「すむところは?」
「ヘルスの寮っていうか、アパートみたいなところがあるの。月5万だけどうちら二人で住むから2万5千円だしね。」
・・・と、いうことで彼女たちとは1回こっきりのつき合いになってしまいました。

この後は、双頭バイブを使ったレズショーを見せてもらったり、マユミちゃんに強制オナニーさせ、ナナちゃんと二人で責めまくってアナル調教したりと結局朝まで楽しみました。
仕事なのでそろそろ帰るねといって服を着始めたら、マユミちゃんはくうくうと軽くいびきをかきながら寝始めました。

玄関先へナナちゃんがきて私に抱きつき、
「たまにはこっち帰ってくるからそのときは会ってよ。このアパートは違う友達が住んでると思うけどうちらがいれば白いソアラがあるからわかるよ。」
「ああ、またあえればいいなあ」
そう言ってナナちゃんを抱き寄せぶちゅっじゅるじゅるとディープキスをして分かれました。

部屋を出るともう太陽がさんさんとさしていて異様に黄色に見えました。