中学2年の時のことです。

文化祭の出し物について話すためにクラスで係になった人が休日に集まることになりました。
係は、僕を入れて男子2人、女子3人の計5人でした。
たまたま女子のKさんの家が他に誰もいないからとそこで集まることになりました。
集合時間の直前にものすごい大雨が降り出してしまい、傘を持っていなかった僕は、Kさんの家に着くまでにびしょ濡れになってしまいました。
もう女子3人は早めに着いていたのですが、もう一人の男子は雨だから来ないという連絡があったんです。
室内に入ろうにもびしょ濡れなので、上着とジーンズを玄関で脱いで入りました。
気心知れた女子たちだったので、恥ずかしさも少なかったのですが、それで終わらなかったのです。

Kさんが「びしょ濡れのままだと座れないんじゃないの。」と言い出して、
Hさんも「ねえ、濡れたトランクスも脱いで乾かせば。」って言い出したんです。

タオルでも敷いて座ればいいのですが、濡れたままだと風邪をひきそうでした。
それくらいびしょ濡れだったので、どうしようかと思っていたら、もう一人のYさんが、「脱がしてあげようっか?」って冗談で言い出したのを最後に、KさんもHさんも悪戯心からか同調してきたんです。
女子3人にトランクスを脱がされてしまいました。

腕も押さえつけられたので、当然、チンチンも見られてしまいました。
Kさんが、「わー、けっこうチン毛生えてるんだ。」とか、Yさんも「意外に大きいんだ。」ってニヤニヤしてました。
さらに、Yさんが、「ほらぁ、白いパンツだよ。興奮する?」って脚を広げてスカートの中のパンチラを見せてきました。
他の2人も同じように、パンツを見せてからかうんです。
Kさんは赤と白のチェック、Hさんは白いパンツでした。

必死でチンチンが勃たないように我慢していたら、
Kさんが「魅力が足りないんなら、触ってみよっか。」と他の2人を促したんです。
それで3人ともに触ったり揉んだりされました。
案の定、みんなが見ている前でムクムク勃起!
皆、口を押さえ真っ赤になりながら「やっだー♪」と興奮して喜んでました。

Hさん「私、初めてチンチン触っちゃった。」
Yさん「こんなに大きくなるんだ!」
Kさん「キンタマって柔らかかったんだ。」

・・・とか、いろいろみんな興味津々に笑ってました。
女の子が興味持ってるのを初めて知りました。

その後、タオルを巻いて文化祭の話し合いをしました。
それ以上、からかわれたりはしませんでしたが、とても恥ずかしかったです。
それでも仲のいい女子たちだったのでまだマシでした。

同級生のパンツを近くで見えたのは嬉しかったですが。