この間の誕生日の日に彼女は残念ながらHダメな日。
申し訳ないと思ってくれたのか、「口でする?」と。
俺は「うん、お願いしてもいい?あともう一つお願いしてもいい?」
彼女「ん・・?どうしたいの?」
俺「イクときに顔にかけたいんだけど・・・だめかな?」

彼女はちょっとふてくされながら
「・・・もう、しょうがないな~。じゃあイクとき言ってね。」といって最後はちょっとにっこり。

俺は心の中でガッツポーズ!

ジュポッジュポッ・・・クチュクチュッ・・・ジュポッ・・・
いつもよりもすごくやさしくフェラしてくれてたまらなかった。

「うぁ・・・すごい気持ちいいよ・・・」
「んっ・・・んっ・・・」
「こっちの手でこうして・・・」と俺は彼女の左手をタマの部分に誘導。

暖かさが伝わってきた。
右手のしごきと左手の刺激、口の生暖かさが俺を昂ぶらせた。

ジュポジュポジュポッ・・・クチュクチュクチュクチュ・・・

「んっんっんっんっ!」

どんどん激しくなってきて俺はついにイキそうになっていた。

「あぁっ・・・あぁっ・・・!そろそろイクよ!う、うわぁぁぁっ!!」

俺はすばやく彼女の口から抜き出し、左手で彼女の額を抑えながら、右手で鼻筋に向けて激しくしごいた。

「うおあぁぁぁぁぁっ!!うぅっ!!うぅっ!!うぅっ!・・・」

ドクン、ドクン、ドクン、と俺の精液が飛び散った。
目をつぶっている彼女のまつげにもかかるほど。
彼女の鼻筋のてっぺんから両頬に流れ落ちる。
左の頬から、ボタッと精液が彼女の左膝に落ちた。
俺は自分のものを彼女の上唇につけて

「口あけて・・・少ししてて・・・」と。
「ん・・・・・・ん・・・・・・ん・・・・・・」

20秒くらいの間、ゆっくりとやさしく俺のものを掃除してくれた。

「すごく気持ちよかったよ、わがまま言ってごめんね。」と顔をティッシュでふく俺。
「大丈夫。それより私うまくできた?気持ちよかった?」と。
「うん、すごいよかったよ。ありがと。」

俺はぎゅっと彼女を抱きしめた。

こんな感じ。これは妄想でもなんでもなく本当の話。