18歳になったばかりの今年のGW。
中学からずっと通ってた塾の先生に犯されました。

先生は子持ちの中年。
私は、肌がきれいってよくいわれるけど、背は低いし、幼児体型、これで18歳?って悲しくなる。
周りからはまじめな優等生って思われてると思う(髪を染めたことがまだない)けど、大人からは、性格がひねくれてるって言われることが多い。
この4年の間、いつ先生を男として好きなったのか、正直分からないけど、そんな私を、初めて理解して、心から受け入れてくれたのが先生だった。

一番苦手だった科目が、気づけば先生のおかげで一番の得意科目になった。
今年のGW、個別で補講してやるっていわれて、なんだかいつになくどきどきして、制服じゃなく、お気に入りの私服で行ってしまった。
2時間勉強して休憩してたら、先生が突然、「M(私の名前)は処女か?」って聞いてきた。
普段下ネタとか言わない人だったから、正直引いた。

「なんなん?何のつもりでそんなこときくん?」

ちょっと怒気を含んで言ったのに、先生は平然とした顔で、

「お前も18やろ、俺の知らん間に誰かとやってたら嫌やなあと思って」
「・・・先生、何言うてんの?頭大丈夫?」

内心どきどきして来てたけど、出来るだけ冷たく、そういった。
ごめんごめん、変なこというて・・・って、笑ってくれるのかと思ったら、先生真顔で、「どうなんや?やったことあるんか?」って。
私もつい、まじめに答えてしまった。

「彼氏とかぜんぜん出来てへんの、先生知ってるやん。誰とすんのよ」

そしたら、すごくほっとした顔で、「先生の頭、あんまり、大丈夫ちゃうな」って言いながら、斜め後から抱きすくめられた。

えっーーーーー!!!!!

男とまともに付き合った事さえなかった私は、とっさにどうしていいかも分からないでいると、首筋に先生の唇が這わされてきた。
電流みたいなくすぐったさが、全身に走る。

「・・・いやっ・・せんせいやめて・・・」

それだけ言うのがやっとで、声が出せない。
あごを斜め後ろに向けられ、そのまま、キスされた。

もちろん、生まれて初めてのキス。
ちろちろって舌が差し入れられてくる。
スゴイ、全身に痺れが走る!

キスって、こんなに感じるものなの?

私の力が抜けていくと、先生はそのまま唇を首筋から鎖骨、そして、胸ボタンをはず時ながら、胸へ・・・。

「・・・せんせい、あかんよ、そんなん、あかんよ・・・」

私なりに精一杯抵抗しようとするのだけれど、とにかく力が抜けて、ことばにならない。

私のたいして大きくもない胸が、先生の目にさらされてしまった。

「すっごいきれいや・・・Mの胸、最高や」って先生言ってくれた。
「・・・ホンマ?小さいよ・・・」っていったら、
「俺はこれくらいが一番好きや」って言って、舌と唇で乳首を・・・。

すっごい、感じた。

「・・・いやっもうダメ」って感じで、大きな声を出してしまった。

セックスのシーンで、女が声を出しているのを見て、内心「ホントにィ?あんな声出るぅ?」って思ってたけど、実際、胸をなめられただけで、私はスゴイ声を出していた。
自分の声にびっくりした。
まさしく、セックスのときの、女の人の声を出している自分。

「M、M、お前がどうしても好きや。どうしても好きや」

先生が夢中でいいながら、私のスカートをめくり上げ、パンツを脱がす。

「ダメやって、先生、あかんって・・・」

口で言うのが精一杯で、とうとう、あそこが先生に見られた。
ものすごい、恥ずかしさ。

「いや!先生、見んといて!」って頼んでも、先生は、私の足を持ってゆっくり開かせる。

ひざを折り曲げる格好で、私のあそこは、先生に見られている。

「ああ・・M・・・」

先生が血走った目で、私のあそこを見てる。
実は、先生に、あそこを舐められることを想像してマスターベーションをしたことがあった私は、先生の息があそこにかかったとたん、ものすごくエッチな気分に、完全に支配されてしまった。

「・・・先生、汚いかも知れへんよ・・・いいの?」
「いいのって、・・・舐めて欲しいんか?」

私は、うなずいてしまった。
先生の舌が、私のあそこをいじる。

クリトリスを優しく優しく舐められる。
全身が、あそこを中心に熱く熱くなって、熔けて行きそう。
もう、自分がどうなっているのか、わけが分からなくなってた。
ずいぶん長く、先生は私のあそこを舐めてくれていたと思う。
自分でも後で信じられない。

「先生、お願い、入れて、お願い」って、言ってしまった。

「M、M・・・」って私の名前を言いながら、先生のモノが私の中に入ってきた。

一瞬、激痛が走る。

「痛い!」っていうと、
「力抜いて。もう、お前は俺のモンやぞ」って先生が言った。

ゆっくりゆっくり先生が動くと、また、さっきの舐められてるときの熱さが、体の芯から沸き起こってきた。

「いや・・せんせい・・どうしょ・・・きもちいい・・・どうしょ」って、私はわけの分からないことを口走っていた。

どれくらいそうしてたのか、記憶がかなり怪しいけど、先生が、私の中に精子を出したとき、体の芯にものすごく熱いものが広がった。
しばらく先生は私に何度も何度もキスをして、離れず、抱きしめていてくれた。

悔しいけど、好きな男にセックスされるのが、こんなに充実感を与えてくれるなんて、知らなかった。

不倫なのに、犯されているのに、私の体は、ものすごく感じてしまった。