先月、カオリとしたので報告します。

カオリは38歳の人妻。新婚1年ちょい。
しかし相手は50近いオジンで下半身は使い物にならず、カオリはセックスレスに悩んでいました。
そんなカオリからメールが入り、「会わないか」と・・・。

私は逸る期待を抑えながら待ち合わせ場所へ。
軽く昼食を食べたら、カオリが「休憩しに行こう」と誘うではないですか。

当然OKして近くのホテルへ。
ホテルで風呂に入っていよいよベッドイン。
カオリはキスが大好きで、唇を重ね、少し舌を入れると舌を絡めてきます。

「う、う、う~」

ディーブキスだけで感じるカオリ。
口で口を塞いでいるので声にならない声を出す。
お互い舌を吸ったり、絡めたり、カオリの口のまわりは唾だらけになっている。
逆にそれを喜ぶカオリ。

いよいよ口を離してカオリのFカップの巨乳を堪能する。
カオリは乳も性感帯で、少し揉みしだいただけで、「ア、アン」と声を出し始める。
もちろん、それだけの巨乳なので、パフパフも大丈夫。
思わず谷間に顔をはさみ、カオリの両乳で顔をぱふぱすする。

するとカオリは「◯◯さん、ほんまにおっぱい星人ね」と言う。

もちろん、乳首への愛撫も忘れない。
カオリの乳首は巨乳だけに乳輪は大きいけれど、色は38歳とはとても思えないきれいなピンクの乳首だ。
早速カオリの乳首に口を当てる。

「ア、アン・・・。気持ちいい・・・」

カオリのあえぎ声が漏れる。
更に乳首を軽く吸ったり、噛んだりしてみる。

しばらく乳首をもてあそんでいると、「◯◯さん、あたしのアソコ、洗ったから綺麗やし、舐めて」と自分から言うではないか。
もう我慢できなくなったのだろう。
早速、カオリの股の間に顔をうずめ、少し黒ずんだオマンコを開いてクリトリスを舐め始める。

「ア、アン!ア~、アン、アン」

一気にカオリのあえぎ声が大きくなる。
クリトリスを少しめくって少し吸ってみる。

「ああ、◯◯さん、気持ちいい!ア~ン」

カオリは我慢できずに私の頭を抱える。
そしてついにクリトリスを舐めてから、穴の中も舐めてやろうとビラビラを開くと、もうカオリのオマンコは濡れ濡れで、オマンコの穴の中は凄く糸を引いていた。

「◯◯さん、入れて・・・」

当然、私のチンポは準備オッケー。
いよいよカオリのオマンコに私のチンポをあてがう。

カオリは「久しぶりだから、穴閉じてて入らないかも・・・」と言う。

しかし、私は「大丈夫」と言ってチンポをオマンコにあてがい、いよいよ挿入。
ヌルっとした感触が私のチンポに。
私のチンポは簡単にカオリのオマンコに入った。

「アン、久しぶりの感触」

早速ピストンを早める。

「ア、ア~ン、気持ちいい!アン、アン」

カオリは私の背中を掴む。
久々のチンポの感触を楽しんでいる。

しばらく突いた後、私は「カオリ、四つん這いになって」とお願いした。
カオリは即座に四つん這いになった。
そしてヒクヒクするカオリのアナルを見ながら再び挿入。

突くと同時にカオリの巨乳を揉みしだく。

「アン、アン、もっと突いて!」

さすがに私も限界が近づいたが、カオリのオマンコをもっと楽しみたいので一旦抜いた。
そして私は仰向きになった。

「カオリ、上に乗って。俺が突くから」

カオリはマグロだけに、女性上位は嫌いなタチ。
仕方なく、カオリは私の上に乗った。

「じゃ、入れたら突くから」

私はチンポをカオリのオマンコにあてがおうとチンポを握ろうとした。
その時、カオリはセックスが止まったのがよほど我慢出来なかったのか、突然私のチンポを握り、カオリのオマンコにあてがうといきなり自分から入れてきた。
更に、カオリの積極的な行動に驚いて何も出来ない私に、カオリは何と、自分から腰を振り始めた。

あのマグロのカオリが・・・。

素早く腰を振るカオリはもう私の意志など関係なかった。
とにかく自分が動いてでも気持ちよくなりたかったのだろう。
それが逆に私の限界を早めた。

「カオリ、イク・・・」
「◯◯さん、いいよ、イッて。アン、アン!」

カオリの腰の動きについに我慢出来ず、私はカオリのオマンコの中に自分の分身を解き放った。

「アン、アン、ア~・・・」

カオリは余韻を楽しんだ後、「◯◯さん、エッチ久しぶりやったから燃えたわ」と言った。
よほどセックスレスが我慢出来なかったのだろう。

その後、ホテルを出て別れたが、カオリとは体の相性が最高だ。
カオリもそれが分かっていて私を呼び出すのだ。
もし、相手がセックスレスでなければ私はおいしい思いは出来ないだろう。

セックスレスの人妻は後腐れないので最高だ。