妻が犯されるのを見てしまいました。

ここに妻のことを書き込むことになるとは思ってもいなかった。
しかし興奮して見てしまった自分が居て、かといってまさか知り合いにはき出せる話の訳もなく、ここに書いておくことにしました。
思い出しながらなので、思わず多少の誇張はあるかもしれませんが。

結婚数年目になる私の妻、里沙(仮名)27歳は、美人と言われもしますが、どちらかというと可愛い系の顔立ちだと思います。
私の同僚などに妻を紹介する機会があると、胸が大きめなこともあり、女房はエロい体だな、などとからかわれることもあります。

しかし夜の生活は普通の夫婦より少なかったことは否めません。
私は妻の清楚な雰囲気が気に入っていましたが、妻はセックスには奥手で、フェラなどはほとんどすることはありませんでした。

私の方も、会社の女子社員を何度か抱いてしまい、さらにいわゆる大会社なので忙しく、帰りが遅いため特に最近は妻との行為はほとんど無し。
しっかり稼いでいるから少しくらいはいいだろうという思い上がりがあった。
しかし夫婦仲はとてもよく、妻は不倫をしてまでエッチを求めるような女ではなく、大きな問題はなかった。
昨日までは・・・。

貞操で性格の良い妻ですが、今から思えばやはり少しずつはオンナの欲求が溜まっていたのかもしれない・・・。

元日は新年会ということで上司の自宅に招かれており、上司の誘いは断れないので家を出ました。

しかしこの話は妻へのウソで、実際は会社の女の子とまた会う約束だった。
といっても、その子が急に年末年始に実家に帰ることになり、この約束はもうキャンセルになっていた。

つまり、家を出てもすることは無かった。

しかし、妻に上司の新年会が急に中止になったと言うのも変だと思い、下手なウソをつくよりはと、そのまま家を出たのだった。
しばらく街に出て適当に時間を潰していたが、なにしろ正装なので、面倒で帰ることにした。
まだ夕方にもなっておらず早すぎるが、適当な理由を考えながら帰った。

驚いたのは家の前に着いたときだった。
私の家は一戸建てで、横着して庭の方から入ることも多い。
その庭に入ろうと塀の扉を開けたときだった。
リビングのソファに妻と、その横に男が座っているのが見えた。

とっさに扉を閉め、身を引いてしまった。
何でもない場面のように思われる方もいるかもしれないが、私が驚いたのは、妻はふだん家に男を入れるようなことは決してしなかったからだった。
しかし、よく覗いてみると人の良さそうなその男は、大矢さんという近所の人だった。
何か挨拶に品物でも持ってきたのだろうことは、机の上の包みで分かった。

おかしいのは、もうひとつの包みが開けられており、そこから取り出したであろう、高級そうなワインを2つのグラスに注ぎ、しきりに妻に勧めて飲んでいる。
胸騒ぎがした。

もともと、何かにつけておすそわけなどを持ってきてくださる方だった。
しかし、特に家が隣というわけでもない。
私の妻に対する親切ではないのかと、うすうすは感じていた男だった。
妻の表情から察するに、招き入れたのではないことは明らかだった。
さらに男はワインを勧めて話をしているが、妻が困って愛想笑いをしているのが、私からは一目で分かる。
この男は妻が迷惑しているのにも気づかないのかと思った瞬間、この男が妻を狙っていると思い至り、何とも言えない感覚に襲われた。

すでにワインは半分ほどに減っている。
男も飲んでいるとはいえ、酒に強いわけではない妻も結構飲まされているに違いなかった。
人の良さそうな男だけに、妻はまさか狙われているとは思っていないのかも知れない。

ふと私は塀にへばりついて扉から中を覗く自分に気づき、周りを気にした。
自分の家なのだから問題ないのだが、幸い誰にも見られていなかった。

私はすぐさま玄関にまわった。
押し入って男を帰らせることもできたはずだが、なぜか自分が見つかってはならない気がした。
私は細心の注意を払い、音を立てないようにカギを開け家に入った。
会話がはっきり聞こえるようになった。
他愛もない世間話が聞こえてきて、ほっとしたような、しかしどこかで拍子抜けしたような気もした。

私はそろそろと身をかがめて廊下を進んだ。
しかしある程度までくると、向こうからも見えてしまう恐れがあるかもしれない。
ぎりぎりの所で動けないまま躊躇していた。

「新年会はそろそろ終わるころでしょうかねぇ」

耳をそばだてていると、男が妻にそう聞き出した。

「うーん、分からないです。夕飯までには帰ってくると言ってたんですけど」
「そうですかぁ」

私は聞くだけの状態にしびれを切らし、意を決してじりじりと進み、廊下からリビングへ入る所にあるキッチンの入り口へ体をつける。
キッチンの向こうにリビングが見えるが、キッチン台の上に置いてある、細長い歯が生い茂る観葉植物が、一応の障害物になってくれる。
私はそこからそっと覗いた。

男はさっき外から覗いたときより明らかに妻に寄って座っている。
ワインもさらに少し減ったようだった。

「さ、注ぎますよ」
「あ、あの、もう結構ですよ?」

男は妻のグラスにワインを注ぐのに乗じて、いっそう体を寄せた。

すでにぴったりと横に座っている。
もう男が妻を狙っているのは明らかだった。

「もう・・・今日はたくさん飲みましたので・・・今日はありがとうございました」

妻は男を帰らせようと話をむけているようだった。

「いえ、こちらこそ奥さんと話せて楽しかったですよ。でも奥さんちょっと酔ってるみたいだし、このまま一人にするのは心配ですよ」
「い、いえ大丈夫です」

「でも顔が赤くなってますよ・・・」

男はそう言いながら妻の頬に手を当てた。

次の瞬間、グッと顔を引き寄せると唇を奪った。
ハッと妻が息をのんだ。

「ヤッ、何っするんですか!」

妻は素早く顔を背けた。

しかしすでに男は妻を抱くように腕を回し、胸をゆっくりと揉み始めていた。

「キャァッヤッ」

妻は男を突き放そうとするが、半分覆い被さるようにする男をおしのけることはできない。
男は顔を背けた妻の首筋に舌を這わせていた。

「ヤメてください!」
「奥さん、大声出して近所に聞こえたらどうするんです?男を連れこんでるところを見られたいんですか?」
「あなたが、勝手に入って・・・」
「ハタから見たらどっちでも一緒ですよ」
「やめて・・・やめてください」

妻はなおも体を左右に動かして逃れようとしているが、男は丁寧に首筋、うなじに舌を這わせていく。

「やめてください・・・お願いですから」
「すぐに気持ちよくなるよ」
「イヤッ」

男の手がゆったりと胸を揉みしだいていく。

「夫が・・・帰ってきますから」

私はハッと気づいた。
しかし、あえて止めようという気が起こらなかった。

『スマン。こっちで夕食もいただくことになった。今日は遅くなる』というメールを打っている自分がいた。

テーブルの上の妻の携帯が鳴ると、男はそれをとり、ニヤリと画面を見せた。

「遅くなるそうですよ」
「やめてください・・・」

男の手がまた優しく胸を揉み出した。
男はうなじから首筋へと顔を動かす。
その間も手に包まれた両胸はゆっくりと揉まれていく。
男の手が、柔らかな感触を楽しむかのように胸全体を揉む。
ゆったりと優しく胸を包み込んでいく。
男を押しのけようとする里沙の息が、かすかに色づいてきていた。
男は手に強弱をつけて胸を揉みしだいていく。
優しくふれたかと思うと、少し強めに胸が揉み込まれる。
男の舌が妻の耳を舐めた。

その瞬間、妻の体が「っッ・・・」とかすかに反応した。

「可愛いよ、奥さん」

男は優しく耳元でそう息を吹きかけ、舌先が耳を舐め上げた。

妻の口からかすかな吐息がもれた。
さらに逆に耳も舐め、また戻ってくる。
男は、妻は耳が感じると見ぬいたのか、的確に性感帯を責めていく。
胸にあてられた手は緩急をつけて動き続ける。

「っ・・・ッ・・・」

優しく耳に息を吹きかけ、舌を這わせていく。
左右に逃れようとする妻の動きが、どんどん弱まっていた。

男はじっくりと執拗に愛撫を続ける。
不意に男は妻の服を一気にまくりあげた。
そのまま素早くブラを外す。
白い胸がぷるんと出て、乳首があらわになる。

「綺麗な乳首だよ」
「ヤッやめっ・・・ッ・・・っ」

妻の手が胸を隠そうと動くが、耳への刺激とともに動きが弱まる。
男の指が乳首に触れた。

「ッっ・・・」

妻の体がピクッと反応した。

「乳首がこんなに立ってるよ、奥さん。感じてるんじゃないの?」
「ヤッ・・・そんなこと、ないです」

ピンク色の乳首が優しくつままれ、転がされた。
次の瞬間胸全体が揉まれる。
揉み込まれたかと思うと乳首が撫でられるようにこすられ、優しく揉まれる。
妻はうつむいて息を殺した。
抵抗の動きはほとんど無くなっていた。

男の指の間で白い豊乳が柔らかそうに変化する。

「ッ・・・っッ・・・っ・・・」

左右の胸が、揉まれては乳首に刺激を与えられ、男の手に包まれる。
胸から徐々に快感が広がっているようだった。

「ッっ・・・ン・・・んッッ・・・」

妻はうつむいたまま必死に息を殺し、目を閉じた。
耳を舐めていた男の顔が、徐々に下がっていく。
白い首筋を舐め、捲り上げた服を飛び越えると胸のふくらみにキスした。
男の舌はそのまま膨らみを上がっていく。

・・・と、男は乳首の直前で止まった。

そして乳首の周りを一周舐めまわした。
逆のふくらみに口をつけ、円を描いて膨らみを舐め上がったかと思うと、また乳首の直前で止まり、ピンク色の乳首のまわりギリギリを舐める。
胸のすそから男の舌がぐるぐると胸をのぼり、乳首の周りだけを入念に舐め下に戻り、また舌が円を描いて上がり始める。
男は何度も何度も繰り返していく。
まるで胸全体の感覚が頂点の乳首に集められていくようだった。
しかし乳首には決して刺激は与えられなかった。

里沙の息が乱れ始めていた。
男の舌が乳首に近づくたび、妻が上目遣いで男の舌を見つめるようになっていた。
しかしなおも男はじらすように、延々とそれを続けていく。
かすかに里沙の体がもじもじと動く。
里沙の白い胸を男の舌が這い続ける。

男の口が乳首を包み込んだのは突然だった。

「はぁァッ・・・」

その瞬間里沙の体がのけぞり、ついに可愛い喘ぎ声が口から漏れた。

「ぁッ・・・ァ・・・んッ」

里沙の顔は上を向き、声が漏れ始めた。
男は里沙の乳首にねっとりと舌をからめ、味わうように口に含んだ。

「はァぁ・・・っッ・・・んン・・・」

乳首が男の口に包み込まれ、吸われる。

「ァんン・・・んはァ・・・」

里沙の目はとろんとし、快感の表情さえ浮かべ始めていた。
舌先が乳首を転がし、チロチロと嘗め上げる。

「・・・ァっ・・・んン・・・ぁ・・・」

男が顔を上げる。
里沙の潤んだ瞳が見つめ返した。
男が里沙の唇を奪うと、里沙は男の舌を受け入れ、ふたりの舌がいやらしくからみあい始めた。
ディープキスの音が部屋に響く。

里沙は手を男の首にまわした。
男の手が下に伸び、里沙のスカートに入った。

「だめ・・・これ以上はダメ・・・」

里沙の手が男の手を制した。
男はもう一度里沙に口づけた。
男はスカートをまくると、里沙の美しい脚の内側を撫でまわす。

「下はダメ・・・夫がいる身だから・・・んン・・・」
「全部忘れるくらい気持ちよくしてあげるよ、里沙」

男は再び乳首を舐める。

「はァ・・・ぁッ・・・ダメ・・・」

男の指が里沙のパンティーに触れ、こするように動き始めた。

「アぁ・・・ん・・・ンんン・・・はァん」
「こんなに濡れてシミができてるよ」
「ァん・・・ッぁ・・・イヤ・・・」

里沙は脚を閉じた。

しかし、男は器用に手指を差し入れ、里沙の脚の隙間からパンティーごしに刺激を与える。

「ぁァぁ・・・イヤッ、ダメ・・・んンぁ・・・」
「里沙、脚を開けばもっと気持ちよくなるよ」
「お願い・・・これ以上はだめ・・・ンぁァッ」

しかし里沙の脚は少しずつゆるんで開いていた。

「体はそうは言ってないようだよ」

男は小刻みに指を動かす。
里沙の腰に手を当てると、パンティーを下へずらし、一気に片方の脚を抜けさせた。
里沙の性器があらわになった。

「だめ・・・ぁァ・・・」

里沙の手が男の手を押さえる。
私は、妻として貞操を守ろうとする里沙を見て嬉しかったが、落ちるのも時間の問題に思われた。

「体に正直になってごらん」

男の指がクリに触れたとたん、里沙の手が力なく男の手から離れた。

「ンッ・・・ァっハァ・・・ァァぁっ・・・ァんン」

里沙の性器、クリに、男の指が刺激を与え、里沙に快感を送り込んでいく。
里沙の身体がくねり、オンナの声を漏らす。
男は里沙の脚を折り曲げさせソファの上でM字開脚のようにさせた。
すぐに里沙は顔をうつむけ、脚を閉じる。
男はそのまま里沙の性器にゆっくりと指を入れた。

「ァッ・・・・ンはァぁ・・・」

部屋に里沙の可愛い喘ぎ声とクチュクチュという音が響き始めた。
男の指が里沙の中で動いていく。

「ハぁっ・・・はぁァッ・・・ァんッ・・・ンんンッ」

男の指の動きに合わせるかのように、腰が少しずつ動いている。
里沙は口を開けて、快感に包まれた顔をしていた。

「腰が動いちゃってるよ。もっと気持ちよくなりたくなっちゃったの?」
「っはァぁ、イヤぁ」

男は指の動きを止めていく。

「ァぁ・・・ン・・・」

里沙がとっさに男を見た。

「イヤなの?じゃぁ指ぬこっか」

指が少しずつ抜かれていく。

「め・・・」

里沙の腰が男の指を求めるように出された。

「抜くよ?いいの、里沙?」
「だめ・・・ヤっ抜かないで・・・」

そう言いながら、里沙は切ない表情で男を見つめた。
ふたりの唇がゆっくりと重なる。

里沙が自分から舌を出し、男の舌にからめた。
ねっとりとディープキスを求め合いながら、男の指はまた里沙を気持ちよくしていく。
脚が開き、M字開脚の格好になっていった。

「里沙、我慢しないで声を出してごらん。もっと気持ちよくなるよ」
「ハぁっ・・・はァぁァんンん」
「そう・・・可愛いよ里沙」

二人はまた深く唇を吸いあい、抱き合う。
里沙の喘ぎ声が少し大きくなった。

男は下へ移動していく。
里沙の身体を這い、へそを嘗め、ヘアーへ近づいていった。
男の顔が近づくと、里沙は自分から脚を広げたように見えた。
男は里沙の舐めらかな脚に舌を這わせ、そして股に顔をうずめた。

「里沙のここすごく綺麗だよ」
「恥ずかしぃ・・・」

里沙が男の手を握った。
二人が手をつなぐ。
男の舌が里沙を味わい出した。
クリを刺激し、奥まで舌を入れる。

「ハあッあァっん」
「里沙、どんな感じか言ってごらん」
「んハぁっんン」
「言ってごらん?」
「ぁン・・・きもちぃぃ・・・ッ・・・です」
「思いっきり乱れていいんだよ」
「ァア・・・ぁんきもちぃ」

エッチに奥手の妻が気持ちいいなどと言いながらあえぐ様子に驚き、私は我に返った。
酒のせいだと思いたかった。
しかし、里沙は完全に快感の渦におぼれているようだった。
一通りクンニを終えると男は里沙から離れ、ソファに座った。

「里沙、おいで」

里沙はとろんとした表情を浮かべ、もういつもの里沙とは完全に違う表情をしていた。
里沙は自分から男の股の間に座った。

「俺のも気持ちよくしてくれ」

里沙はその赤黒く光ってそそりたつモノを愛おしそうに見つめ、躊躇無く白い手で握った。

「すごいおおきぃ・・・」

確かに私のものより明らかに大きいモノだった・・・。

「旦那のよりいいだろ?」
「こんなのはじめてです・・・」

里沙は自らその大きなモノを大事そうに咥えこんだ。
里沙の舌が男のモノに触れ、頭を動かし始める。
男が優しく里沙の頭を撫でると、里沙も上目遣いで見つめ返した。

「きもちいですか?」
「あぁ。里沙にフェラしてもらえるなんて最高だよ。もっと教えてあげるよ」

そう言うと男は里沙の親指を咥え、舐め始める。
里沙もその通りに夢中で舐めはじめた。

「あぁぁ・・・里沙すごくいいよ・・・」

私にはほとんどしたことのない里沙が、おいしそうに男のモノをしゃぶっている。
しばらくすると男は体勢を変え、ふたりはシックスナインになった。
里沙はふたたび喘ぎだした。
色っぽい声をあげながら男のモノを夢中で頬張る里沙。
快感で理性が飛んでしまったのかもしれないと思った。
男が起きあがり里沙を抱き、恋人のように顔を近づけ合った。
男は指を少しだけ里沙の性器に入れ、じらすように動かす。

「ぁ・・・ァ、はァ」

ふたりは小刻みにキスするように唇を舐め合う。

「里沙、もっと気持ちよくなりたい?」

男が甘い声で囁く。
里沙は小さく頷いた。

「ちゃんと口で言わないと分からないよ?もっと気持ちよくなりたいの?」
「ッっ・・・はぃ・・・」

消え入るような声で、しかし里沙ははっきりとそう答えた。

「どうして欲しいか分かるよね?ちゃんと里沙が言ってごらん?」

里沙が自ら淫乱な言葉を口にするとは、私には想像できなかった。
しかし里沙は次の瞬間、小さい声ながらも、淫乱な言葉を口にしだしたのだった。

「ほしぃ、です・・・」
「もっとちゃんといって」
「・・・入れて、下さい・・・」
「俺のおちんちんを里沙のおまんこに入れて、って言ってごらん」
「ンんん」

里沙は甘えるような声を出すと、男に抱きつき男に唇を重ねる。

「・・・だめ。ちゃんと言わないとやめちゃうよ?」

男は優しく囁くように言うと、指の動きを速める。

「ァっ・・・んっはぁァ」
「さぁ」
「・・・大矢さんのおちんちん・・・りさに、いれてください・・・」
「里沙のおまんこ、でしょ?」
「りさの・・・おまんこ・・・」

男は里沙にディープキスをすると、自分のモノを里沙に入り口にあてがった。
ソファの上で男と里沙が重なり合い、正常位で男が少しずつ腰をうずめ出す。

「ンッ・・・ッはァッハァ」

男のモノが入っていくにつれ、里沙の呼吸が荒くなり、男にしがみつくように背中に腕をまわす。

「里沙・・・おぁぁ・・・すごくいいよ、締まる」
「はァっハァっ・・・ぉっきィ」

男はゆっくりと腰を動かし始めた。

「アあァ、っぁんッ、アんっンはァんッ」

里沙の顔が快感で歪み、よがり出した。
男も息を荒くし、突いていく。
里沙の胸が揺れる。
オンナの喘ぎ声が部屋に響き、その合間から男の呼吸が聞こえた。

「アっアぁはァっンッんっァっあァっ」

ふたりが口づけ合う。
里沙は男に抱きつき、男のモノを求めるように両脚を男の腰に巻き付けていた。
里沙は口を半開きにし、我を忘れて快楽に身を任せている。

「里沙、どう?」
「あアっァッきもちイッんァっ」
「旦那のよりいいだろ」
「ァぁあっ、いいッぁっですッァはアぁぁ」

男は腰を巧みに動かし浅く突いたり深く突いたりしていった。

「お尻をこっちに向けてごらん」

男はいったん抜くと、里沙にそういった。
里沙は体を反転させ後ろを向くと、ソファに手をつき、尻を突き出すような体勢をした。
男は里沙の尻を撫でた。

「こんなに突き出しちゃって。早く欲しいの?」
「んンン、ほしぃィ」

里沙はいっそう脚を開き、尻をつきだした。
おまんこを自ら丸見えに突き出す。

「大矢さんン・・・」

里沙は後ろを振り返り、片方の手で男のモノに触れる。

「里沙、おねだりは?」
「・・・おちんちん・・・りさのおまんこにいれてください」

里沙は甘えるような声で言った。
男が一気に挿入した。
その瞬間里沙の口から熱い息が漏れる。
男は里沙の尻をつかむと、腰を振り出した。

「アッ、アッ、あッ、ハァっ、ンッ、アんっ」

リズミカルに突く男にあわせ、快楽を求めるように里沙も自ら腰を動かし、喘ぐ。

「ン、あンっあンっアァ、ハんッあっ」

オンナのよがり声、パンッパンッという音が延々と続いた。
男も上り詰めてきたのか、ふたりはまた正常位になった。
男は激しく動く。

「里沙、イクぞっぉぉ、里沙ッ」
「はアァんッダメっぁんッなかはダメっッ」
「あぁぁ里沙ァッ」

男はさっと腰をひくと、自分のモノを里沙の顔に近づけた。
半開きの里沙の口に先がつけられたと同時に男は射精した。
私とは比べものにならないほどの量が飛び出、里沙の口の中へ、そして鼻や頬まで飛び散った。
里沙は顔を横に向け口の精液を手のひらにたらした。
そのまま放心状態のように方で息をしている。
男は里沙の頭を撫でると、抱きしめた。

「すごくよかったよ、里沙」
「こんなの・・・はじめて・・・」

里沙がつぶやくように言うと、男がキスした。

「夫のよりよかった?」

その瞬間、里沙がハッと我に返ったように、表情が変わったのが私には分かった。

「大矢さん、お願いですこのことはいわないで下さい、お願いしますっ」

里沙の表情がこわばっていた。

「大丈夫、絶対だれにも言わないから。でも、夫のセックスよりよかったんじゃない?」
「・・・はぃ・・・」

里沙はうつむくようにして頷いた。

私自身、その時我に返ったようなもので、我を忘れて見ていた自分と、勃起している自分のモノに気づいた。
しかしその里沙の言葉を聞いて、一気に萎えていくのが分かった。

あの男の味を知ってしまった里沙に不安を感じた。

「里沙のことだから、夫以外とするのは初めてだったの?」
「・・・結婚してからは・・・」

里沙の声が泣きそうになっているのが分かった。

「どうしよう・・・」

と言うと、里沙が顔を覆ってすすり泣き始めた。

「里沙、絶対誰にも言わないから、大丈夫だよ」

男は肩を抱き、優しく声をかけてなぐさめだした。
里沙は男の腕の中で言葉の度に頷いていた。
私は里沙が罪悪感を感じてくれていることに少し安心したが、同時に、男に里沙と呼び捨てにさせたまま抱かれていることに違和感を感じた。

男が立ち上がり、私は一瞬の判断でとっさに身を隠した。
心臓の音が聞こえる思いがした。

「はい」

という男の声がして覗いてみると、ティッシュ箱を里沙に渡しているところだった。
私は出来る限り急いで、そして音をたてないように身をかがめて逃げ出した。
ここで姿を現して、里沙をこれ以上追いつめるのが可哀想だったのと、ふたりの行為をずっとのぞき見していたのがバレるのが嫌な気がしたからでした。

「ありがとう・・・」

という里沙の声を聞きながら廊下を進み、ドアにたどり着きました。
途中、キッと床がなってしまったものの、リビングからはティッシュをさらに抜き取る音が聞こえただけだったので、そのまま忍び足で家を出て、音を殺してカギをかけました。

その日は妻がシャワーを浴びられるように、何時間か、出来る限り時間をあけて帰宅しました。
綺麗に服を着て、髪なども整った姿で、妻がいつも通り出迎えてくれ、なぜかほっとしました。

しかし妻の様子は、普通に振る舞おうとして明らかにいつもと違い、元気がありませんでした。
私は昨日おとといと家にいて気づかないふりをしていましたが、妻はずっと表情が曇り気味でした。
おそらく罪悪感にさいなまれているのだと思います。

私の方こそ浮気してしまったことがあるし、里沙のことですから一度くらいの過ちは許せます。
しかし妻がこれからあの男との関係を続けてしまうのは不安です。
落ち込んだ様子を見ると安心するのですが、あの男とのセックス中の妻を思い出すと、不安になります。

里沙とは昨日セックスしましたが、珍しく自分からフェラしてきたり、無理して普段より喘いでいるように見えました。