例の年増さんですが、ゴックンをするようになりました。

冷静な時にゴックンの話をしたら当然のように拒否。

で、プレイ中。
しかも、1時間近くピストンで相手の腰が砕けそうになっている頃に再度、ゴックンの話をしたら必死に拒否。
そこで、フィニッシュが近いことを告げ、再度ゴックンのお話。

それでも快感の渦の中で必死に拒否。

では、顔射に切り替えると話をすると、当然ながら拒否。

で、鬼畜かもしれませんが、顔射とゴックンのどちらかを選ばせる。

貞淑な彼女は、顔射の屈辱よりもゴックンを選択。

自尊心など、優しく打ち砕けば少しずつ心を許すもの。
軽いストックホルム症候群ってやつですね。

はい。
当然のように1射は顔に、2射はお口にねじ込んで大量発射。

顔射とゴックンの両方を達成。

しかも、年増ちゃんはスペルマをティッシュに吐き出すかと思ったら、言いつけを守りゴックン。

凄いね~。

大抵の世の中の事には慣れっこなので、何でも出来ちゃうのですね。

昨日も別の年増の彼女から生理前で体が疼くとのメールが。

そろそろ若い子が食べたい~!