他人の趣味までとやかく言わないけど、ドライブ中、彼女が彼女の友達に用事でケータイしてたらなんか様子がおかしい。

「あ、そうなんだゴメーンお邪魔だったね・・・」

急に黙り込んだので「どうした?」て訊くと、彼女は人差し指を口に当てながら無言でケータイを俺に渡した耳にあてると・・・。
「ハァハァハァハァハァ、イヤン、◯◯君ダメェ・・・ア・・ウンウンウンウンウンウンハァハァ・・」
「後ろ向けよ雌豚、けつ突き出すんだオラァ!」

「ちょ・・何考えてるの、ありえねぇって」
「ゲ・・・オイオイ」
「・・・・」

俺はびっくりして慌てて彼女にケータイを突っ返したけど、彼女はしばらくそれを聞いていて目が潤んできたところで切った。
その後は峠の駐車スペースでご想像通り・・・。

ちょうど彼氏との最中に電話したようだが、彼氏が構わずに続けて、しかも友達はドMだという事が判明したそうだ。

「ヘンタイだね」

そのときはそういってた彼女だが・・・。

そんな彼女と別れて半年位してから、ケータイが鳴って、着信は彼女の番号。
今頃なんだろと思って出ると・・・。

「ハァハァハァハァハァ・・いい、切っちゃダメだよ・・・」
「!?」
「イヤ・・ぁあああ、もっとぉぉお・・最後まで聞いててよぉア、アアアァア」

別れてよかった。