小学生の頃、放課後はよく鍵っコの同級生O君の家に行って遊んでいました。

5年生になってエッチなことばかり想像してた癖に、オナニーの仕方を知らなかった僕は、プロレスごっこの要領でO君の顔の上に跨って抑え込んでる時になんだか妙な気持ちになり、オチンチンが勃起しちゃったのです。
思い切って半ズボンをずらして、O君の目の前にまだ皮の剥けきっていないオチンチンを突き出してしまったのです。
彼は最初驚きと戸惑いの要り混じった表情で僕の顔を見ていましたが、頭を引き寄せて唇に亀頭をくっつけてしまうと、黙ってペロペロと舐め始めてくれました。

初めての粘膜と唾液の感触が余りに気持ち良くて、思わず僕も彼のズボンを脱がしてオチンチンを触ってみると、ちゃんとピンピンに勃っていて綺麗なピンク色の尿道口から透明の液体が溢れていました。
口に含んで舌を動かすとしょっぱいオツユがどんどん出てきて、僕は余計にドキドキして、教わった訳でもない69の型で、お互いのオチンチンを舐め合いました。

中学に入っても放課後の秘密は続きました。