妻は20歳で結婚した。
相手は25歳だったそうだ。

そんな告白を聞いたのは、私が妻と結婚した20年前のことだった。
私も妻もお互いバツイチ同士です。
妻と結婚してそんな告白を聞いたのは、結婚して1年位経った頃だったと思う。

妻は決して美人ではないが、身体は誰が見ても肉感的だと思う。
私が身長175cmあるが、妻も163cmで、胸も87cmのDカップ、お尻は90cmと聞いている。
普段はいつもローライズジーンズを穿いていて、しゃがんだり腰を突き出す仕草をしている時はお尻の割れ目も見える。

セックスが終わった後、妻に前夫とのことを聞くと少しだけだけど色んな話をしてくれた。
お互い若い夫婦だからあたり前だけど、結婚してから朝に夕に彼(前夫)は求めて来たそうだ。
妻はその夫が初めての男性だった。

最初は夫に脱がされながらの行為だったそうだが、日が経つにつれ、セックスの時はお互い全裸になって69からワンワンスタイルと、色んな体位で求められていたそうだ。
当然の如く、最初はなんの喜びも気持ちよさもなかった妻も、それに慣れると夫からの挿入もすぐに対応できる準備が出来ていたそうだ。
お風呂も2人きりの生活なのでいつも一緒に入っていたそうだ。
明かりも消さず、お互いの身体は赤々と点いた明かりの下で行われていたとのこと。

彼は次第にエスカレートして、夫の前でネットで買ったバイブを妻に渡し、目の前で挿入させてオナニーをする妻を見ていたこともあるという。
四つん這いにさせて後ろからアナルを舐められたり、吸われたことも再々あったという。
あの大きなお尻を突き出してぱくりと開けた秘部が陰毛の間から覗く様子もしっかり見られたことだろう。

今、私はそのことを聞いて以来、させてもらっているが、その時はいつもこのアナルを突き出した秘部を舐めながら、いつもその時のことを想像しながらしている。

20歳の頃の妻の身体、今はもう40歳を過ぎた妻だけど。