人には言えない私の処女喪失。

学校帰りにいつも通る公園で、いつの間にかホームレスの人と挨拶するようになり、世間話とかするようになった。
いい人で、私も特異な境遇のその人に興味を持った。
色んな面白いこと言ってた。

夏の暑い日、部活の帰りにまた公園に寄ったら、おじさんはビールを飲んでた。

「飲んだことあるか?飲んでみたいか?」と言われると、いけないとは思っていても、飲んでみたくて仕方がなくなってきた。

「おじさんのオゴリだ、俺んとこに買い溜めしてあるからおいで、内緒だぞ」と、言われるがまま興味本意でテントについて行った。

周りに人気のない公園の隅。
三畳くらいの広さで意外としっかりしたテントの中には、生活用品が整頓されてあって、子供の秘密基地みたいで何故かワクワクした。

ビールは苦かった。
飲めずにいると、「これはどうだ」とカップ酒を出された。
苦くはなかったし、飲まないのは悪い気がして飲んだ。
じょじょに酔い、おじさんとの会話は弾んだ。

テントの中は暑かった。

「汗を拭いてやるから脱ぎな」と言われ、酔っていた私は素直に下着以外を脱いだ。

おじさんはタオルで私の肌をポンポンしながら、「きれいだな、べっぴんさんの肌だよ、スタイルいいね」と誉めてきた。

おだてられて満更ではなかった。
私は調子に乗ってエロ話に応じた。

おじさんは物知りだった。
そのうち、セックスの話を聞いていて、「自分はしたことがないからよく分からない」と言うと、「おじさんが教えてやるから」と、私の陰部に触れてきた。
脚を開かされ、指で撫でられ、濡らされた。
意識が朦朧とした。

「処女膜があるとダメなんだよ、今のうちに練習しないとダメだよ、おじさんに任せなさい」

しつこく口説かれた。
判断できなかった私は何となく頷いてしまった。

仰向けになり、脚を開いた私を押さえつけながら、おじさんが私の中に入ってきた。
ゆっくり、何度も、深く。
キスされ、胸を揉みしだかれ、唾液と汗を重ね続けた。

お酒でふっと眠気におち、揺れながら意識が途切れた。
痛みで目が覚めると薄暗い。
時計を見ると二時間くらい経っていた。

おじさんはタバコを吸いながら、「いっぱい練習できてよかったね」と言った。

口の中が苦い。
顔や、胸、腹がべとべとする。
複数の男の精液を浴びていた。

タオルで体を拭き、タライの水の中で膣の中を執拗に指で洗われた。
男の残留物が流れ出た。

家に帰るなりすぐにシャワーを浴び、夕飯も食べないで布団に包まった。
明け方に目が覚めて、鏡で見た。
血が出てる。
完全に破瓜していた。

あのとき何人の男と交わったのか分からない。
生理が来て妊娠はしなかった。

以来、好きな彼が望んでも恐くて生でセックスしてない。