同い年の私の彼(31)は、自分の教室を持ってピアノの先生をしています。

生徒も多く、穏やかで何より手が綺麗な彼氏です。
一年前の年明けの高校の同窓会がきっかけでお付き合いに発展しました。
しかし仕事柄、休日が重ならない私たちは夜に逢うことが多いもののエッチはまだ・・・の関係でした。

先日のホワイトデーも全レッスンが終わるのをのんびり近くのカフェで待っていると、18時すぎに電話が来て・・・。

彼「終わった。今どこにいる?迎えにいく」

私「近くにいるよ。じゃあ私そっち(教室)行くよ」

彼「おいで。待ってる」

教室の入っているビルに着き、電話コールをしようとすると後ろから耳元で・・・。

彼「遅い」

下まで降りて待っててくれたよう。

教室に行き、一緒にグランドピアノを拭きながら何気ない会話してると、彼が無言で隣に来ていきなり私のほっぺにキス。

おでこにキス。
まぶたにキス。

驚く私に焦らすように唇と唇を重ねる。

私「こんなところでキスは・・・」

彼「なに?」

私「・・・いいの?」

彼「いや、いけないことだね」

私「・・・ドキドキした」

彼「うん俺も(笑)」

私「でも嫌いじゃないな。このドキドキ」

彼「もっとする?」

彼は立ち上がり、歩きだす。

私「え・・・もっと?」

彼「もっと激しいの」

照明が落ち、やや暗がりになる。

やや暗がりの中、彼が保護者見学用の大きめのソファに座り、手をぽんぽんしながら・・・。

彼「おいで」

私が座るなり押し倒してキス。
普段の穏やかな彼とは違い、だんだんと激しいディープキス。
胸を優しく触るその綺麗な指。
私の反応を見ながら舐め、またピアノを弾くような指使いで絶妙に乳首をタッチ。

次はその指でアソコを・・・?と想像したら、さらに濡れるのが分かった。

すると気づいたのか、スカートの中に手が伸びて下着をタッチ。

彼「濡れてるね」

私「・・・」

彼「ほら」

下着の上から音がなるようにタッチ。

彼「どんな音?」

私「クチュクチュ・・・ピアノだと・・・どの音?」

彼「シのフラット」

私「(笑)」

彼「・・・可愛いね」

下着を剥いで2本の指を交互にクリにタッチ。
あまりの上手さに私が声を発すると、次はクリの上の付け根部分を優しく押すようにタッチ。
5秒くらいで頭真っ白になってしまった。
でも余韻に浸る暇なく何度も何度も。

気づいたらアソコに指が。
ゆっくりピストン。

彼「いい音だ・・・」

この彼の言葉に頭がおかしくなりそうだった。
彼がアソコから指を抜くと、その愛液のついた指を自分の大きく上向きになったアレに擦りつけ・・・。

彼「ダメだもう我慢できない・・・」

私「・・・いいよ来て」

彼「・・・うん・・・」

子供っぽくなる彼。
少しして彼のものが中に入ってきた。
ちゃんとゴム付けてくれていた。

教室中にいけない音が響く。
二人の体が揺れソファがぎしぎし言って壊れそうなくらい激しかった。
彼はピストンしながら普段見ない切ないまなざしで・・・。

彼「・・・実は高校ん時、ずっと片想い・・・してた」

彼「あいつ(元彼の名前)と付き合ってるって知って諦めたんだよ」

彼「あいつともこんなことやったの」

彼「もう俺のだ」

防音と聞いて我慢せずにたくさん喘いでしまった。
彼がイクと私の愛汁も太ももに滴るのが分かった。

程なくして、もう1ラウンド突入・・・。

次の日、この教室を彼の生徒が使ったと思うと・・・。
ソファもそのまま・・・。

つい最近ですが。
でも今も冷めあらず、ホワイトデーの初エッチは思い出すだけでドキドキします。