俺が高校1年の時の話。

学年が一つ上で、普通に「お前きめえww市ねwww」とか言い合う仲の奴がいた。
そいつとは中学から一緒で、結構男勝りっていうか気が強めだったから、女の子って言うのもなんだかむず痒い感じがして嫌なんだが。
高1の時の俺はとりあえず穴があったら入りたい、少しでもヤれる可能性がある奴にはガンガンいってた。
というのも、どちらかというと大人しい系で目立たないキャラだった俺には「ヤらせて下さい☆」なんて言える相手は居なかった。
そう、そいつを除いては。

きっかけは俺のドストレートなメールだった。

「ヤらせてよ(ニッコリの絵文字)」

するとこんなメールが帰ってきた。

「付き合ってない人とはヤらない!」

コレに多少の光を見た俺は、ヤれるならば構わん!という事で「ヤらせてくれたら付き合ってあげるよ(笑)」みたいな最低な冗談をふっかけた。

今思っても最低。
発情期にも程があるだろ、と今になって思う。
今も大して変わんないけど。

返事は意外にあっさり帰ってきた。

「じゃあいいよ(笑)」

俺ガッツポーズ。
冗談かと思ったが、何度も確認してマジだと確信。

次の休みに俺のうちに来る事になった。

当日。
携帯片手にチンコびんびんだった俺は、マジで?マジでヤれるの俺?と夢のような気持ちだった。

ケータイが鳴る。
ひゃっほぉおう!家出たのかな!?とメールを開くと「今日留守番しなきゃいけなくなっちゃった(笑)ごめんね、家に居ないと」みたいな内容。

チンコがへし折られた気分だった。
・・・が、どうしてもヤりたかった俺は直ぐにこう返した。

「あ、いいよ俺行くから」

すると、

「マジ?(笑)まあ来るならきなよ(笑)」と返信が。

俺はすぐさま家を飛び出した。

バスに乗って数十分、そいつんちに到着。
玄関から顔を覗かせて、「マジで来たの?wまあ入っていいよw」と言ってくれたので、とりあえず家に上がらせていただいた。

なんか弟のGBASPとか置いてあって、すげえーとか言って自分を落ち着かせてからこう切り出した。

「え、つーかマジでヤっていいの?w」

すると、

「だからいいっていってんじゃんw」

でも実際ヘタレな俺はなかなか行動に移せず、しばらくして、そいつの部屋に案内された。
二人でソファに座る。

(ああ、俺今からヤるんだな)と思いながら、「え?wマジ?wヤるよ?wホントにいいの?w」と聞く。

「しつこいんだけどwいいよって言ってるじゃんw」

こんなことをちょっと言い合ってる間に、アレルギー性鼻炎だった俺はティッシュが欲しくなってきた。

「あ、ごめん、ティッシュもらっていい?」と言うと、そいつは身を乗り出してティッシュに手を伸ばす。

そのとき俺の中で何かが吹っ切れた。

身を乗り出してるそいつの胸に手を伸ばし、とりあえず揉みまくった。
するとそいつは動きが止まり、俯き加減に。

「や、やるよ?」と言うと、「もうやってんじゃん・・・」と。

もう完全にスイッチオン。
後ろから抱き寄せて、男の夢、オッパイというものをこれでもかと弄り倒した。
服を脱がし、Cあるという調度良い大きさの胸に恐る恐る吸い付く。
そして揉む。

相手は顔を手で隠しながら、確実に息を荒くしていた。
そしてついに、秘密の花園に手を伸ばす。
意外にフニフニしていてびっくりした。

パンツの上から少しマッサージするように触ったあと、ついに最後の一枚を剥ぐ。

そして少し引いた。
き、汚らしい・・・。

でも、なんだこれは・・・なにかそそられる。

入れたい!

そして自分も裸になる。
息子さんスタンバイ。

いざ!!と思ったら、穴の位置が分からなくて、「そこ・・違うw痛いよw」と言われる。

「ごめん」と再度チャレンジ!

あ、入る!!で、でもなんか痛いな・・・。
少し我慢して、全部挿入。

ん~??なんつーかあんまり気持ちよくない。
とりあえず動いてみる。

動いていると、だんだんぬるぬるしてきた。
あ~、結構気持ちいいかも・・・。
ソレと同時に、そいつが必死に声を我慢しているのがわかった。
可愛いじゃないか。

でも入れながら胸を揉んだり、というのが出来なかった。
足を持っていないと、うまい具合に入らない。

そして、知らぬ間に行く寸前になっていた。

「あーやばい、ごめん、どこに出したらいい?」と聞くと、「どこでも・・・」と言うのでイク寸前に抜き、お腹に出した。

いつの間にか息切れしていて、気持ちよさとかそういうのは印象に残って居なかった。

その後お互いに直ぐ服を着て、「弟帰ってくるから早く帰らないとまずいよw」ということだったので直ぐに帰宅した。

何故か、ものすっごい後悔してたのをよく覚えてる。
ゴムなしだったのは危なかったな、と今になって反省。

いい勉強になりました。