最近、長時間録音できるICレコーダーを手に入れたので、日曜日に寝室に仕掛けておくことを思いつきました。

母には友人と遊びに行き、夜は映画を見に行くと言って外出しました。
ベッドの脇にテイッシュボックスがあるので、そこに仕掛けて長時間録音できるようにして。

朝、外出したんですが、レコーダーには昼過ぎ頃に男が訪ねてきた様子と、セックスの様子が録られていました。
昼から母と寝室に入ってエッチなことをする様子でした。

ドアの開閉の音と足音、それから服を脱ぐ音に続いて・・・

「R子さん、ここでするのは、久しぶりだね」
「そうね。Sくん、この前はホテルだったけど家もいいよね」

「うんうん、でも、ちょっとスリルが・・あはは」
「大丈夫よ、うちの子は9時までは帰らないわよ」

「そうなんあだ~、じゃぁ、いっぱい楽しめるね」
「そうね。いっぱいしよっかぁ、うふふ」

ベッドに二人が乗る音がして、キスをしているのか舐め合うような音がしていました。

「あぁ~ん、いいのぉ~」

ピチャピチャという音が聞こえてきました。

「いっぱい濡れてるよ、R子さん」
「やぁ~ん」

「俺のも舐めてよ」

シュポシュポという音と、

「すごいわね。いつも大きいよね。先しか舐められないわ」
「う~ん」

そのうち会話が無くなって、色々な音がしていました。

「もう、入れてSくん。我慢できなわぁ~」
「俺も・・」

「でも、今日は危ないの。付けてくれる?」
「大丈夫ですよ、R子さん。俺、なかなか出ないし、外に出せるよ」

「そぉ~じゃぁ、気を付けてね」
「うん」

「あぁ~」
「おぉぉ~、あぁ~ん、すごい・・深いわ」

男が腰を打ちすえている音なのかリズムよく続いています。

「あっ、あっ、あっ・・・はぁ~」
「おぅ・・」

喘ぎ声と叫び声ばかりが再生されています。

最後はどうなるのか・・・。
さらにレコーダーは、二人の喘ぎ声を再生しています。

「あぁ~ん、だめ、いや・・」
「R子さん、俺もうだめだぁ。出そう・・」

「だめよ。中に出しちゃだめ~」
「ううん、俺本気なんだよ。R子さんが好きだから。できてもいいから」

「だめだめ、そんなこと絶対だめだから」

もうすぐ果てそうになる男が中に出すことを要求しているので、母も必死で止めようとしていました。

「おねがい、抜いて~」

男は黙って腰を打ちつけているようだった。
そのうち母のなんとも言えない快感を表した呻き声と、男の叫び声が重なった時・・・。

「おぉ~おっ、おっ」
「はぁ~ん、あぁん、いやぁ~ん」

とうとう本当に中に出したようだった・・・。