23時過ぎ、西船橋南口からの帰宅途中、道端にしゃがみ込んだコを発見。

これは・・・と思い、声をかけるも無反応。
目の前にはマンションの非常階段・・・と言っても誰でも出入りできるタイプ。
話し掛けながら素早く階段に連れていき、所持品をゴソゴソ。
免許証から名前はユリちゃん20歳と判明、住民票を移してないのか住所は福岡県だった。
服装は黒ハイソにワンピに短めのトレンチコート。

開いた胸元から手を入れると暖かい谷間でお出迎え。
コートを下に敷いてスカートを捲ると薄いピンクの下着、上もお揃いだ。
人通りこそ無いが時間に余裕は無い。
歴戦の先輩に報告するため、肉欲を満たすため、行動に移る。
階段の明かりを頼りに写メを撮りながらハイソ以外を脱がした。
ブラはDカップだ。
こう寒いと濡れるとも思えないので大量のツバで優しくアソコをこねる。
自分のにも塗り付け挿入。
この裂き入れる感じが興奮を煽る。
10回も出し入れするとスムーズになってきた。

(くっ、気持ちいい・・・。)

真っ白な裸体を眺めながらたわわなおっぱいを揉みしだき寄せる。

(マジでたまんねぇ。)

依然意識はあやふやで、「ンッ!」とか「ハァッ!」とかしか言わない。
限界が近づき、ヒザが擦れるのも構わず高速ピストンし、一番奥で中出し・・・。
免許証を濡れた陰毛に張り付け、中から溢れ出るザーメンを彼女の携帯でも撮り、恐らく彼氏であろう履歴者に送信し電源を切る。

今日は揉めたんだろーな。
ざまぁねーぜ。