初めて女性を知りました。

23年間、彼女のいない私生活を送っていましたが・・・。
この日、僕の誕生日に母さんから一生思い出に残る誕生日プレゼントを頂きました。
面倒なので簡単にお話します、ごめんなさい^^;

居酒屋で母さんと食事を済まして帰宅しました。
午後8時過ぎです。
ここは、3LDKの一室で母さんの部屋です。
ドアを開けるとベッドの上に母さんが下着姿で寝ています。
ドアを閉めると部屋が真っ暗になり、僕は手探りでベッドに近づき座りました。

母さんが、下着を脱ぎます。
しばらく沈黙がありました。
僕は、焦りと緊張で動く事が出来ません。
母さんが僕の手を取って乳房を揉み始めました。
僕は、されるがままにしています。
5分程してから、その手を母さんは自分の陰毛に導きました。

柔らかい母さんの陰毛が暗闇でも見えます。
母さんが僕の手首を持つと股の間に入れました。
僕は反射的に指を伸ばすと、そこは濡れていました。
初めておまんこに触れて・・・感激のあまり言葉がありません。

僕が、おまんこの穴を探そうと焦りながら指を突き立てると・・・。
母さんがまた手首を掴んでお尻の方に導きました。
僕は初めておまんこの穴はお尻に近い所にあるのを知りました。

母さんが足を開げてくれたので、直ぐに人差し指がおまんこの穴に入りました。
僕は拙い知識を振り絞り、指を動かしました。
この時、母さんの顔を見る余裕がはじめて出来ました。

母さんは苦悶の表情です。
激しく指をおまんこに出し入れすると・・・。
母さんは腰を持ち上げ、僕の手首を握り止めました。
僕はその場で着ている物を脱ぎ始めましたが、パンツは母さんに脱がされて・・・。

僕は勃起したチンポを母さんに見られて赤面した覚えが・・。

いつの間にか母さんは、コンドームを持っていてチンポに装着してくれました。
お互いに終始無言でした。
母さんが、足を開げて待っています。
僕は母さんに近づき、チンポをおまんこに入れようとしました。
穴の位置が判らなくなり、焦りました。

母さんが、指でチンポを摘むとおまんこを押し当てて来ました。
ヌルっとした感じでおまんこに入りました。
あっけない感じでした。
僕はもっと窮屈な感じでいましたので、何か物足りない・・。

僕は両足を抱えて腰を動かしました。
母さんは、両手で顔を隠しています。
射精感が訪れて来ません。

「う・・・う・・・」

母さんから声が聞こえ始めました。
僕は壊れた機械のように、ただ激しく腰を叩き付けているだけです。

「駄目!・・・」

母さんが身を捩ると、おまんこからチンポが抜けました。
母さんはコンドームを外すと、手で僕のチンポを握り擦り始めました。

「母さん僕・・・」

言葉の終わらない内に射精してしまいました。
僕がはじめて女性の身体を覚えた、思い出の誕生日です。

この後は、明るくして母さんの身体を隅々まで観察してSEXを楽しみました。

僕は、お盆に帰るので、その夜が楽しみでいます。