目が覚めた。
何処で寝てるんだろうと思い、動くと人に当たった。

(え!?誰!?)
色々と心配になり横を見ると彼女だったのでホッとした。
飲んでる途中に寒くなったので布団に入り、そのまま寝てしまったようだ。

(先輩に聞いたら、起きるから、起きるからと返事はするが、何回やっても全然起きないのでそのままにして、自分は部屋に戻った。と言った。)

彼女の方に寝返り、寝顔を見ながら、

(部屋に戻った方がいいかな?それともここで寝てようかな?)

そう考えていたが、昨日の光景が頭に浮かび、だんだんムラムラして来た。
彼女に手を伸ばし胸を揉んでみた。

起きない。

普段ならすぐに目を覚ましてしまうのに。
お酒のせいだろうか、何回揉んでも起きない。
浴衣の中に手を入れ、直接乳首をコリコリしても、パンツに手を入れワレメを指でなぞっても、ちょっと体を動かしただけで起きない!
(このままエッチしても起きないんじゃ?)と思ったが、他の3人が気になるのでやめておいた。
部屋に戻ろうと浴衣を羽織り、帯とパンツを探すが見当たらない。

座っていたあたりを探しても無い。
明かりを点ければ見つかるかも知れないが、皆を起こしても悪いので薄暗い明かり中を探した。
4人が寝てる布団の間を探して、S木さんのところに来た時、「何してるの?」と急に声を掛けられた。

「パンツと帯が見つからないんです」

S木さんは起き上がり、

「パンツ?見なかったなー。朝探せばいいんじゃない?」

部屋に戻ろうと思っていたが、諦めてここで寝ることにした。
その前にとりあえず外でタバコを吸おうと思い、丹前を着て廊下と部屋の間の障子を開けると、

「タバコ吸うの?私も吸っていい?」

そう言ってS木さんは丹前を羽織りついて来た。
廊下の障子を閉め、

「外寒いですよ」
「うん、大丈夫」

(まあ、本人がそう言うならいいか。)

そう思いながら外に出る障子を開けると、まだ空は真っ暗だった。

「今何時くらいですかね?」

そう聞くと、「ちょっと待ってて」と、言ってそっと部屋に入り携帯を持って来た。

「4時40分。ほら見て!」

携帯を差し出し、待受画面を見せられた。

「・・・いつの間に!?」

そこには、アップで撮られた俺の見栄剥きしたチンコがあった・・・。

「私じゃないよ。Tちゃんだよ。押さえられてる時撮った(笑)」

全然気が付かなかった・・・。

「K君が寝ちゃってから、私達にメール送って来たよ」

・・・T部!!
後で消去しないと。

「S木さんも消して下さいよ!」
「いいじゃん。勿体ないよー(笑)」

この人には言っても無駄そうなので、そっとサッシを開け、外に出た。

「やっぱり寒いねー」
「それよりS木さん、タバコ吸いましたっけ?」
「今は吸ってないけど、22まで吸ってた。久しぶりに吸いたくなちゃった。ちょうだい」

S木さんにタバコを渡し、火を点けてやり、自分も吸った。

「あー、クラクラする」

久しぶりのタバコじゃそうだろう。

突然、

「さっき私、見ちゃったんだー。Eちゃんにいたずらしてるの」

ドキ!

「起きてたなら言って下さいよ」

そういう場面を見られるのはかなり恥ずかしい。

「私の所に来た時、いたずらされちゃうのかと思ったー」

(ちょっとはそう考えましたが・・・。)

タバコも吸い終わったので中に入った。
廊下のソファーに座り、

「携帯貸して下さい」とお願いすると、S木さんは俺の隣に座り、「消されちゃうから、ヤだー」思った通りの答え。

あんな画像を誰かに見られても嫌だし、だいたい旦那に見られたらどうするつもりなのだろう。

「貸して下さいよ」

そう言って、ふざけて取り上げようとすると、「きゃ!」静まり返っている部屋に、高い声が響いた。
しばらく様子を伺ってみたが、部屋の中で誰かが起きた様子はない。

「大きい声出さないで下さいよ」

注意すると、
「K君が悪いんでしょー」と、言うので、
「じゃあ、見てますから自分で消して下さいよ」
「ダメー」

本当に何を言っても無駄そう・・・。
また、取り上げてやろうと携帯に手を出す。

「ヤめてよー」

今度は大きい声を出さなかった。
携帯を持つ手を振り上げて俺に取られないようにする。
俺は中腰になり取り上げようとする。
S木さんは手を振り回す。

笑いながら、「もうー、やめてよー」と言うが、俺はやめない。

「見えてる!見えてる!」

最初は浴衣を片手で押さえていたが、ムキになって忘れていた。

「別に構いませんよ!」

待受になってるくらいなのだから、本当に構わなかった。
S木さんが携帯を両手でギュッと胸に押し付ける。
ふと考えた。

(どうしよう!?)

このままやめたら、しばらく待受でからかわれるだろう。
携帯を取り上げるとなると胸を触ってしまう。

(どう思われようと構うか!)と一瞬で決断し、携帯に手を伸ばす。

柔らかい感触に目的を忘れてしまいそうになるが、辛うじて抑える。
ジタバタするのでS木さんの浴衣も乱れ、両足も出ている。
それでも携帯を離さない。
取り上げた!と思った瞬間、弾みで携帯が飛んだ。
ソファーの上に落ちた携帯の上に、S木さんは素早く座った。
怯むことなく横からお尻の下に手を入れる。
体重をかけそれを阻もうする。

背中を押し、腰を浮かせようとしてもダメ。
両手を両側から入れて持ち上げようとしてもダメ。

(もう、アレをするしかないな。)と強行手段!

浴衣の中に手を入れ、直接胸を揉んでやった。
S木さんは無言でいる。
乳首を摘んでも無言。
浴衣の胸元を開き両手で揉む。

もう俺の負けです・・・。

チンコはすでに勃起してる。
昨日からの欲求不満を解消するように、揉んでしまいました・・・。
すると、S木さんは俺の顔を持ち上げ、突然キス。
立ち上がって抱き合い、舌を絡め合う激しいキス。
帯を解き、丹前と浴衣を脱がし、俺も脱いだ。

ソファーに座らせて、耳から首、胸、お腹、腿と舐め回す。
すべすべして、若い女性とはまた違う、柔らかい肌。
本当に感触がいい。

実は、高校1年の時、初Hしたのはバイト先の9歳年上の女性社員だった。
その後すぐ、同じ高校の3年生と付き合った。
大学でも先輩と付き合いました。
潜在的に年上が好きなんです。
弱いんです・・・。
その後はずっと、年下と付き合って来たが・・・。

「私も舐めていい?」と言って、俺を立ち上がらせ、チンコを握り、先っぽを舐めた。
手で扱きながらカリ、裏側を舐め、パクッとくわえた。

音をさせずに舐めている。
俺もS木さんも無言。
舌を絡み付けたり、奥までくわえて前後させたり、口を離して手で扱いたりしてくる。
順序というかタイミングというか、俺のして欲しいことにぴったりと嵌まる。

(これがS木さんのフェラか・・・。)

頭の中に、笑顔のS木さん、馬鹿なことを言い合ってふざけ合うS木さん、甘えた顔をしてるS木さん、仕事をしている時の真面目な顔をしているS木さん、日常の色々なS木さんの顔が駆け巡った。

(そのS木さんに舐めて貰ってる・・・。)

そして今、俺のをフェラするS木さんの顔・・・。
薄明かりの中で見えるその光景は、とても現実だとは思えなかった。

(気持ちいい・・・。S木さんとエッチしたい・・・。)

込み上げて来る射精感を堪えながら、フェラを止めてもらい、パンツを脱がそうかと迷う。
考えているうちに我慢出来なくなり、

「・・・出ちゃう!」

S木さんはフェラを止め、

「いいよ」

そう言って、またくわえた。
さっきよりもスピードを上げ、S木さんの唇がカリの部分を行ったり来たりしている。

(うー・・・。気持ちイイ・・・。ハアー、・・・出る!)

「う!」

思わず声が出てしまい、S木さんの口の中に大放出!
何度も、ビクン!ビクン!となり、口の中に出し続けた。
射精も終わり口を離したS木さんは、そのままゴクンと飲んだ。

その時俺は、S木さんなら飲んでくれるだろうなと思っていたものの、実際に飲んでくれたのを目にすると、とても嬉しい。

(彼女は最初のうち何回か飲んでくれただけで、今は絶対に飲まない・・・。)

「いっぱい出たねー」と言って笑い、また綺麗に舐めてくれた。

S木さんを抱き起こし、しっかりと抱きしめ、キスをしようとすると、「まずいよ(笑)」そう言って、唇を逸らす。

何回しようとしても逸らす。

「もー、しつこい!」

見つめ合ってお互いに笑ってしまった。

「うー、寒いね」

その言葉で2人とも浴衣を着た。

(さて、どうしよう!?このまま知らん顔して彼女の隣で寝るか?)

現実に戻され悩む。
パンツと帯は諦め部屋に帰りました・・・。
しかし、部屋の鍵が開いてない!

(オートロックなので当たり前。)

もちろん鍵なんて持って無い・・・。

(この時間に起こしたら絶対怒られるよな・・・。)

そう思い、

(戻るしかないか・・・。)

トボトボと女性陣の部屋に戻りました。
中に聞こえるか聞こえないの音でノックすると、幸いすぐにS木さんが出て来てくれた。

「K君?」と、ドア越に聞いてきたので、
「そうです」

そう答えると開けてくれた。
中に入り、

「K君が行っちゃってから気付いたの・・・。鍵が無いの」
「僕もすっかり忘れてました」

そう返事して浴衣を脱ぎ、彼女の隣に潜った。

(眠れないかな!?)と思っていたが、射精の後のけだるさが残っていて、いつの間にか眠っていた。

「Kちゃん、もう起きないと」

彼女の声がした。

同時に物凄く揺すぶられた。
目を開けると、至近距離に人の顔。
彼女だろうと思ったが、焦点が合うとS木さん!?

「わ!何!?」

慌てて顔を離すと、

「おはよー。チュッ!」とS木さん。

(もちろん、チュッは口で言った。)

回りを見ると、枕元で他の3人が笑っている。
一瞬、S木さんの気がおかしくなったのかと思った。
でも、回りが笑っていたので、冗談だというのが理解出来た。

「早く起きて」

そう言ってS木さんは起き上がり、掛け布団を剥がした。

「わー、やっぱり(笑)」と、大騒ぎ。

俺は最初何のことか解らなかったが、すぐに悟り、手で隠した。
そう、朝立ちです・・・。

(こいつら朝からこれかよ・・・。酔ってたせいじゃないのかよ!?)

この人達の本性を垣間見た気がしました・・・。

起き上がり、

「そんなことより、パンツ見なかった?」と聞くと、
「それで部屋まで帰りなよ(笑)」と、T部!

そうは言ったものの探してくれました。
何故かRちゃんの敷き布団の下からパンツと帯が出て来た。

「私達着替えるんだから、早く部屋に帰ってよー!」

そうS木さんに言われたので戻った。

部屋に戻ると先輩だけ。
あとの2人は社長達とゴルフで、8時に出掛けたらしい。
(この時の時間は8時20分頃)

「お前、結局朝帰りかよ!」

ちょっと羨ましそうに言う先輩。

「鍵が無きゃ、入れませんから」

そう言うと、

「それもそうだな。起こされても起きねーだろーし」

帰りの新幹線の中、

「じゃーん!!」と言って携帯を突き出すT部。

画面を見て、知らない振りをし、

「いつの間に録ったんだよ!」

携帯を取り上げようとすると、一旦手を引っ込め、「これも!じゃーん!!」また突き出した。

画像を見ると、俺が寝ている時の写メ。
見事な包茎の写メ・・・。

「私達が寝る前に盗撮した(笑)皆持ってるんだよねー」

T部が言うと、3人とも笑いをかみ殺すように、こくり。

「皆消してくれよ!」

そう言っても笑ってるだけ。

「お願いします。消して下さい」

頭を下げて丁寧に言うと、「どうしようか!?」と、4人でこそこそ相談。
物凄ーく、嫌な予感・・・。

「まー、2千円のランチで!?」

ふざけた解答。

「何言ってるんだよ!そんなのどうするんだよ!」
「ちょっと話しのネタに(笑)」

確かにネタにはなるだろう、使用前→使用後みたいに・・・(笑)

「解りました・・・」

説得するなんて無理なので条件を呑んだ。
卑猥な写真を録られて、脅される女の子の気持ちが良く解りました・・・。
俺の見ている前で4人に消去させた。

実は、俺のパンツを探している時、4人全員の乳首が見えた。
浴衣はシワシワのグチャグチャだし、朝でそこまで気が回らないのか、胸元ユルユルでも全く気にしないで布団を捲くったりしてた。
全員、警戒心ゼロ。
俺のチンコがさんざんネタにされたご褒美だね。

おしまい!