妻と不妊治療に行ったときのこと・・・。

「◯◯さん、これに精液とってください」と筒状のプラスチック容器を渡されました。
トイレへ行きましたが、緊張と雰囲気でとれません。

「すいません、緊張しちゃって・・・」

30歳過ぎの体格のいい美人看護婦が、

「困ったわね~、とれるといいんだけど。こちらへ、どうぞ~」

そこは外来の隅のほうにありました。
長いすがあり、カーテンで覆われてます。
そこは、静かです。

「いすに座って、パンツ脱いでください」

ズボン・パンツを膝まで下ろします。
その時です、私は自分の目を疑いました。
看護婦は私に近づき、白衣の前のホックを外し前を開きました。
大きな真っ白いブラジャーをしています。
そして背中に手を回しブラホックを外しました。
ブラジャーを上にずらします。

「すげ~」

90センチはあるでしょう、見事な巨乳が現れました。
小声でいいます。

「さわっていいのよ」

「ほんとにいいんですか」
「ええ、いいわよ~」

元気のなかった息子がむくむくと起きてきました。
容器をあてます。
看護婦が息子をしごきます。
シュッ、シュッ、シュッ・・・。

「うっ」

・・・。

「とれたわ~、よかった」

「すいませんでした」
「ううん、いいのよ~」

看護婦はおっぱいをしまいました。
精液を検査室に持っていきました。