僕の幼なじみのユウ君は日本人とイギリス人のハーフで、すごいハンサムなんです。
目は二重まぶたでパッチリしていてまつ毛も長くて鼻も高くて、小学校の頃から女子にはモテモテでした。
この前もユウ君の友達のマサキ君の部屋で、ユウ君と僕とマサキ君の男三人と、女の子三人で乱パをやっちゃいました。
もうハメまくりの顔射しまくりでした。

最初はズボンとスカートだけ脱いでチンボとマンコ丸出しでやってたんですけど、やってるうちに熱くなってきて上のシャツも脱いで、男の子も女の子も裸にソックスを履いたままのマヌケな格好になってオマンコしまくりました。
やってる時は無我夢中だったんですけど、後でその時に回していたビデオやデジカメや携帯のカメラの画像を見たらホントにマヌケな姿で恥ずかしくなりました。

ユウ君は「けっこうエロイじゃん、このカッコ」とか言って喜んでいました。

僕は女の子三人とは初対面だったので、いきなり顔射はマズイかなぁと思いながらピストンしてたんだけど、横を見るとマサキ君がチンボをしごいて「うぉーっ!顔面シャワー!顔面シャワー!」と叫んで女の子に顔射をしていたので、僕も安心して顔射することにしました。
マサキ君が顔射した時に女の子の鼻の穴に精子が入ったので、僕も遠慮なく相手の女の子の鼻の穴にめがけて顔射してやりました。
女の子の鼻の下を精子で真っ白にできて僕は満足して、デジカメでそのアホヅラを撮ってやりました。

僕とマサキ君の顔射を見ていたユウ君はすごく興奮したみたいで「よーし、そんなら俺も鼻の穴だっ!」と叫んで、チンボをマンコから抜いて、ものすごい勢いでものすごい量のザーメンを顔射しました。
ユウ君の精子はズボボボーッ!て感じで女の子の鼻の穴に飛び込んでいきました。
僕とマサキ君は思わず「うわーっ!スゲエーッ!スゲエーッ!」と歓声を上げてしまいました。
他の女の子二人もユウ君の精子の多さにビックリしていました。

顔射が終わると女の子が「ううーっ!」と呻いて泣きそうになっていたので、ユウ君は「オーウ、モロに鼻の穴に入ってしまいましたァ。アイムソーリー、福田ソーリー」とおどけて、チュートリアル徳井のインチキ外人のような片言日本語でしゃべって女の子を笑わせていました。

僕は「福田ソーリーはいらないよ、ユウ君」と心の中で突っ込んだけど、口には出せませんでした。

それから女の子三人と一発ずつやって1ラウンド目が終了すると、女の子達が「鼻が精子くさーい」と言い出したので、少し休憩を取りました。
僕とユウ君は素っ裸にソックスを履いたままのマヌケな格好で、二人で肩を組んでチンボをブラブラさせて「青春アミーゴ」を熱唱しました。
女の子達にはバカウケで、さらに盛り上がって2ラウンド目に突入しました。

俺達はいつも二人で一つだった・・・。

心からそう思える親友が僕には居るのです。