飲んだ勢いもあったんだが、おなじサークルのアヤとやりました。

バカ話しをしてて、どんな状況になっても、俺はお前とはやらないって話してたんだけど、「絶対に?」と言われて「絶対」って答えたんだがTシャツを脱いでおっぱいを見せられて、ヤバいと思ったんだが、グッと我慢してたら、下まで脱ぎはじめて、マジかよって!焦ってたら、本当に全裸になりやがった。
「これでも?」って言われ「平気だよ」って冷静なふりをして言ったら、「ふ~ん」っていってベッドに行き腰をおろした。

アヤは腰をおろすと、たばこに火をつけて俺の方に向きをかえた。
ちょっと間をおいて、ゆっくりと脚を開きはじめた。
部屋は明るくしてたので、開いた脚の奥のマンコが丸見え!
「おいおい」と言いつつ、もちろん目は釘付けだったのだが、さらに、アヤはおっぱいを手もちあげたり腰を動かしたりして・・・。

「ねぇやばいんでしょ?」
「いや・・・ちょっとだけ」
「うそ、じゃあ見せてよ」

もちろんすでにチンコはビンビンで、「ほんとはもう大きくなってるんじゃない、大丈夫なら見せてよ」と言われ、俺もパンツを脱いでチンコを見せた。

まさかアヤとこんなことになるとは思ってもなかったので、この状況にかなり興奮してたみたいで、パンツを脱いだら、ヤバいくらい勃っていた。

「やっぱり勃ってるじゃ~ん」と顔を近くによせてきた時、チンコがちょうどビクッと動いた。
「すご~い、アハハ」

笑うアヤのおっぱいを触ろうとしたら、横を向き
「ダメ。だって絶対にしないんでしょ?」
「いや、やりたくなった」
「だめだよ絶対っていったんだから」
「でも、こんなに勃っちゃったから、やらないとダメじゃん」
「出したいの?」
「うん。出さないと痛くなるもん」
「・・・・・・じゃあ見せてあげるから。それで一人で出せるでしょ」

驚いたし、セックスがしたいんだよ!って思ったんだが、ベッドに向き合って座った。
「じゃあ・・・いいよ見て」と言って、アヤは、おっぱいを揉みはじめた、ふっくらした体だけに、大きめのおっぱいで、柔らかそうだ。
少し恥ずかしそうに声を抑えている。
勃起した乳首をいじりながらもう片方の手を下にもっていき、触りはじめた。
女のオナニーみるのは始めてだったし自分のを見せるもの始めてなので最初はぼんやりしてたのだが、アヤがマンコを触りだして、あえぎ声が漏れはじめ、マンコはもうすでにビチヨビチョなのを見てたまらず俺もチンコをしごきだした。

「気持ちいい?」
「うん。アヤのあそこすごいね」
「おちんちんも凄いことになってるよ」
「オマンコもっと見せて」
「こう?」

手で広げて腰をつきだすアヤ。

「クリトリスも凄く見えてるよ。四つん這いで、後ろからも見せて」
「恥ずかしいよ」

四つん這いになって、クリを指でこするアヤ。
アナルまでビチョビチョだ。

「指も入れて」
「アンッ、アアッ」

恥ずかしさも忘れて、大きい喘ぎ声になり、俺もしごきまくっていた。

「アン・・・気持ちいいよぉ」
「どこが気持ちいいの?」
「おまんこ」
「俺もやばいよチンチン、出そう」

いよいよやばくなり「最後だけ口でして」と、アヤの口にチンコを入れた。
アヤもそのままフェラチオしてくれ、69の体勢でになり、マンコに入ってるアヤの指と一緒にマンコを舐めた。
そのまま、激しく腰をふり、射精した。

精子を一滴のこらず出されるように、しごきながら吸われた。
俺はまだマンコで動き続けるアヤの指と、マンコとアナルを見ていた。
アヤはそのままオナニーをしていた。
さっきよりも興奮しているよで、激しく指を入れている。

「まだいってないの」
「いいよ見ててあげるよ」
「凄く恥ずかしい。でも気持ちいいんだもん」

激しくオナニーをするアヤを身ながらエロい事をアヤに言いまくってた。
そのたびにアヤも興奮してあえいだ。

「どこを見られての?」
「おまんこ」
「エロいマンコだね、他のヤツにも見せまくってるんだろ?」
「してないよぉ」
「まん汁がちんちん欲しいって溢れてるよ」
「だってでちゃうんだもん」
「頼んだら入れてあげるよ」
「入れて」
「ちゃんと誰のどこに入れて欲しいのか言って」
「・・・アヤのおまんこにおちんちん入れて」

1回目の射精から30分も経っていなかったが、本気で感じているアヤと、シーツまでビチョビチョにして、まだ自分の指を喰わえているマンコと、だらしなく開かれた脚、腰が動くたびに見えるアナル、なにより「おちんちんを入れて」と言わせた優越感で、気がついたらすでに勃起していた。
すぐにでもぶち込みたい衝動を抑えて

「最初からやる気だったんだろ?」
「ちがうもん、◯◯がちんちん勃たせたからじゃん」
「アヤだって、マンコビチョビチョじゃん」
「・・・だってなんか感じちゃったんだもん」
「自分がおマンコみせてきたんだぜ」

アヤが何か言おうとした時、チンコをアヤの口に持っていき、頭をつかんで、しゃぶらせた。

アヤは一瞬、俺の顔を見てから、ゆっくり首を前後に動かし始めた。
右手を添えてゆっくりと動かしながら、チンポの先を舌で舐めている。
やべえ、うまいなこいつ。
アヤは徐々にさおに舌を絡ませながら、左手で玉を優しく撫ではじめた。
右手でしごかれているちんぽは、手の動きが止まるたびに先走り汁を出し、ピクピクと反応していた。
その汁を先端に撫で付けながら、玉を口に含み舌で転がしはじめた。

「気持ちいい?」
「ああ、いいよ」

アヤは真面目な顔で聞き、一瞬、間をおいて、そのままの表情で一気にちんぽを奥までくわえた。

一気にくわえたまま、激しく首を動かしながら、ベッドに俺を押し倒した。
さっきは俺がペースを握ったようにおもったが、あまりの気持ちのよさにすっかりと負けて、アヤのフェラする顔を見ていた。
唾液でちんぽをビヨビチョにして、音をチュパチュパだしながら激しくフェラチオをされる。
まじで気持ちいい。
ちんぽをくわえている顔を見ていると、何故か、俺こいつに惚れそうだなぁって思った。
それと、いいように攻められているのが、不思議と気持ちよくなっていた。

「もっとしゃぶって」
「ちんちん気持ちいい?」
「気持ちいい」
「かわいいよ、ピクピクするもん」
「アヤのマンコ舐めたい」
「舐めたい?」
「うん」
「お願いしてみて」
「アヤのおマンコ舐めさせてください」

アヤはゆっくり後ろを向き、俺の顔を跨いで腰を降ろした。
近くでみるアヤのマンコは薄い陰毛で、色はややくすんでいるが、綺麗で、厚めで小振りなビラビラが大きく開いて、マン汁でグチョグチョになっていた。
驚いたのがクリトリスで、今まで見た中でも、比べようがないほど大きく、完全に勃起していた。
アヤはフェラチオを始めていたが、俺はアヤのマンコにかなり興奮していて、すこしの間じっと見ていた。
マンコにこれだけ興奮したのも久しぶりだった。
気を取り直して、アヤのマンコに舌をのばした。
ビラビラは見た目の厚みからは想像できないほど柔らかく、唇で挟むと、プニプニとしていた。
そしてクリトリスは硬く勃起して、その大きさだから、吸ってるとゆう感じが今まで吸ったクリトリスと全然違い、夢中で吸い付いた。

夢中でしゃぶっていると、アヤは急にフェラを止めた。
少しの間、ちんぽを手でしごきながら、「あんっ、ああん」とよがっていた。
そして急に身体を起こし、マンコを顔におしつけてきた。
顔におしつけたマンコを前後にゆっくり動かし、さらに大きな声であえぎだした。
顔はあっとゆう間にマン汁でビチョビチョになり、クリトリスが口や鼻にこすりつけられた。
舐めているとゆうよりは、舐めさせられている状態で、必死になって舌を出していた。
そして、また身体を倒しちんぽを握りしごきだした。
今度はゆっくりしごきながらだが、急に脚を広げられた。

そして玉からじょじょに下へ舌を這わせアナルをゆっくり舐めはじめた。
今まで付き合った女にはアナルを舐められたことがなかった。
もちろん風俗ではあるのだが、いきなりだし、恥ずかしいんだけど気持ちよすぎて、声まで出た。

「おおっやばいよ、まじで気持ちいい」
「おしりの穴丸見えだよ、ここもピクピクしてるよ」

アナル舐めと言葉の攻めで、頭がボーッとなり腰が女みたいに、くねくねと動く。

「もっとして欲しい?」
「うん・・・・・・オオっ」アヤは指でアナルを触りだした。

やばい、まじでやばすぎる。
ちんぽをしごきながら、アナルも指で刺激され、恥ずかしさと快感でもう訳が分からない状態になった。
すると、止まった指がすっとアナルに入れられた。

「うわっ」

しごかれていたちんぽから精子が飛んだ。

「あ~出ちゃったよ」
「いや、全部じゃないよ。でももうやばいよ」

指は抜かれたが、しごくのは止めないので、もう限界だった。

「マンコに入れたい」
「どうして?まだがんばれるでしょ?」
「もう限界。マンコで出したい」
「じゃあ、ちゃんと私がさっき言わされたように頼んで」
「・・・アヤのマンコにちんちんを入れさせて下さい」
「じゃあ、いいよ。でもそのままジッとしてて」

そう言うと、またマンコを顔におしつけ

「入れてあげる」

そのまま下に行き、後ろを向いたままの状態で、ちんぽを握るとマンコにこすりつけ始め腰をおろし挿入した。
ズッポリ入れて、ゆっくり腰を上下に動かしはじめた。

「入ってるの見えるでしょ?」
「うん、アヤのマンコに入ってるよ」

アヤは見せつけるように、ゆっくり腰をうごかした。
アヤのマンコは柔らかくて、なにより濡れ方が半端じゃなく、丸見えのマンコとチンポに糸をひきながら垂れているマン汁がエロかった。

「アヤのマンコ凄すぎだよ、マン汁だらけだよ」
「あんっあんっ興奮するんでしょ?」

後ろ向きで顔は見えないけどアヤもかなり興奮しているのが分かった。

もう1回出してるのに、限界に近かった。
玉を触られながらマンコに出し入れするちんぽを見て何度も我慢した。
するとアヤは身体を倒しお尻お突き出して、激しく腰を前後に動かし始めた。
前の体勢以上にマンコに入るチンポがあらわになり、アナルまでハッキリ見える。
脚にはオッパイがゆさゆさと当たり、玉にはビチャビチャになったビラビラとクリトリスがこすりつけられた。

「凄いよ、マジ凄い。アヤのマンコ丸見えで、アナルも見えてる」
「どこが気持ちいい?言って。どこに入れてるか言って。」
「ちんちんが溶けるぐらい気持ちいい。アヤのマンコに俺のチンチンが入ってるよ」

マン汁が玉をつたわって俺のアナルにまで垂れはじめた。
チンポや陰毛はグチョグチョで、腰をうごかすたびに音をたてた。

もう限界だった。

「アヤ、もうダメ。出ちゃうよ」
「あんっああっ。もう出ちゃうの?さっきも出したのにぃ。あああっん。いいよ出して。んん~っ。私ので出したいんでしょ?」
「アヤのマンコでイカせてください」
「いいよ、いって。でも外に出して」
「イクよ、ああっ出る!アヤのマンコとマン汁大好きだよぉ。マンコマンコマンコマンコマンコ愛してるよ」
「出して!お尻にかけてもいいよ。あ~っ」

チンポを抜いた瞬間凄い勢いで射精した。
精子はアヤのお尻の割れ目にかかった。
射精したばかりのチンポにアヤがてを伸ばした。
2、3度しごくと残りを射精した。

精子の垂れてきたマンコをアヤは顔におしつけてきた。