もう、時効だから書いてしまいます。

社員旅行で秋保温泉の『グ◯ーング◯ーン』に泊まったとき、宴会で飲みすぎた僕は宴会場を出てロビーのソファーで休んでいました。
そこへ、Iとユキエさんが来てしばらく話し込み、眠くなったので自分の部屋に戻ることにしたのですが、すでにそこはマージャンが始まっていました。
(だめだ、寝られそうにないや・・・)

ドアを閉めると、ユキエさんが「ちょっとだったら、うちらの部屋で寝てけばいいじゃん」と言ってくれたので、他意はなく彼女たちの部屋に行きました。
彼女の同室の人たちは二次会へ繰り出したらしく、誰も戻っておらず、二人きりになりました。

僕は睡魔に襲われ、部屋の隅の布団に崩れるように入り寝入りました。
一眠りして目を覚ますとユキエさんが隣に寝ていました。
そこへ、後輩のKがユウコさんに連れられて部屋に入ってきました。

「S先輩、なにしてるんすか?ユキエさんと二人っきりじゃないすか!」と酔った感じで言うと、ユウコさんも「S君、やらしい!ユキエとしちゃったのぉ?」と騒ぎ出す始末。

僕は少し酔いが覚め始め、ユキエさんも目を覚ましたので4人でビールを飲み始めました。
しばらくすると、冷え性のユウコさんが「足が冷たくなっちゃった」と言って布団に潜り込むと、後輩のKが「僕が暖めてあげる」とかいってユウコさんの布団に潜り込み足を絡めあっている様子。
ユキエさんも「わたしも足が冷たいの」というので布団の中で足を絡めあいました。

ふと気づくとユウコさんの息づかいがおかしい。
Kは布団の中にもぐりこんでなにやらヤラシイことをしている様子。

「あっ!やめて。そこはだめ。あっ!もっと・・強くして・・」とユウコの声。

触発されたのは僕だけではありませんでした。
ユキエさんは布団の中で僕に背を向けて寝たふりをしてましたが、浴衣を捲りあげ、お尻を僕のほうに突き出す格好をしていました。
僕は、勃起したペニスをブリーフから出し、ユキエさんの太ももに挟むように押し付けました。
ユキエさんは無言でしたが、しばらくするとパンティーを片手でお尻が出るまで下げたのでペニスを一旦離しお尻に近い方に挟み直しました。

挿入するつもりはなかったのですが、ユウコさんが「K君、だめぇ!直に入れちゃいやぁ」と声を出したそのとき、ユキエさんの股間が生暖かくなりペニスがよく滑るようになりました。
ユキエさんのお尻が微妙に動き、ペニスの向きが変わったと思ったとき、クリッとした感じがしてペニスの先端全体が暖かいベールで包まれた感じが・・・。
本能的に腰が前後に動き、ユキエさんのお尻もそれに合わせるように動きました。

ヌルヌル、ザラザラという不思議な感触を楽しむうちに急激に快感が高まり、ドックンドックンドックンドックン・・・。

この旅行を契機に4人でよく飲みにいくようになり、飲みにいくと必ず2組でラブホに入りセックスを楽しみました。
今になって考えると不思議ですが、相手を交換することはなく終わりました。

後輩のKとユウコさんは避妊に気を使っていたにも関わらず妊娠し、いわゆる『できちゃった婚』をしましたが、僕とユキエさんはいつも直に交わっていたにも関わらず妊娠することなく、後輩が結婚した後もしばらくセックスを楽しみました。
僕が海外勤務をしている間にユキエさんは一回りも年の離れた実業家に嫁ぎ、離れ離れになってしまいました。
その後、いろんな女性と性器を交えましたがユキエさんよりいい性器に出会っていません。
未だに独身なのはそのせいもあるかもしれません。

後輩のKとユウコさんの間にできた女の子も今年の春、高校を卒業ということになり東京に出てくるそうです。