同じ大学で知り合った真面目な女の子と付き合い始め、ようやくセックスまでこぎつけた。

ある日、仲間同士で飲みに行った。
彼女も一緒に飲みに行き、程よく酔っ払い僕のアパートへ。
二人とも結構酔っ払っていてアパートに着くなり当然の如く二人でベッドに倒れこむ。
いつものようにセックスし始めた。
いつもの流れで正常位でインサート。

そこで彼女「ああん・・いい・・きもちいい・・」と普段言わない言葉を。

そこでまずビックリ。
その後、なぜか彼女が上になった。

いつも上に乗るのを嫌がる彼女、不思議に思いつつも、彼女がチンチンをあてがい自分で入れた。

「え!」と思っていると、彼女自分で腰を前後に動かし始めた。

いつもは恥ずかしがって上になんか乗らないのに、自分で腰を動かすなんて・・と思いつつも、酔ってるからかと思った。
いつもと違う彼女の乱れっぷりに興奮した。

でもその後もっとビックリした出来事が!

彼女、腰を振りながら「ああん・・あん・・いい・・◯◯くん・・」と僕と違う名前を呼んだ。

僕はびっくりして声も出なかった。

真面目と思っていた彼女が腰を振ったのもビックリだが、まさか他の男の名前を呼ばれるとは・・・。
そのままセックスを続け、再び正常位。
彼女いつもとは比べられないほどビショビショに濡れていた。
彼女はいつもより喘いだ。

「ねぇ・・後ろからして・・・」

「えっ!」

聞き返すと・・・

「後ろから・・挿れて・・」

正常位しか許さなかった彼女が、バックからしてくれだなんて・・・さっきもビックリしたが、またビックリ。
言われる通り後ろから入れると思うように入らず、上だ下だと言われ、やっとインサート。
後ろからおっぱいをモミモミ。
後ろから首を曲げさせキスをすると彼女の舌の絡め方がまた凄い。
いつもと違う。

再び正常位に戻り、もういきそうだと言うと「強くね!強く突いて!」と、強く突けと強要。

言われた通りに激しく突き、ゴムの中で射精。
いく時にグッと突いたら彼女、僕のお尻をグーッと両手で押した。
さらに深く入れて欲しかったのだろう。

真面目と思っていた彼女、いくら酔っていたとは言え、別の男の名前を呼ぶなんて・・・。
そして、あの乱れっぷり。
きっとアルコールが程よく回りエッチなスイッチが入ったんだろう。
それでも僕は彼女が好きだから付き合い続けた。

その後のセックスはいつも通りのセックス(ちょっと激しくなったかな)。
何日かして僕は思い切って別の男の名前を呼んだ事を聞いてみた。
やはりモヤモヤしていたから。

すると彼女「えーあたしそんな事言った?あははは知らないよ。気にしないで」と笑い飛ばした。

まぁ、別にいいか。今が良ければ。

でも僕の他に彼氏がいたりして・・・。
ああ!オレって気が弱いからなぁ!