俺が14才(中2)、妹が10才(小4)の時のことです。

両親が共働きなので、その日は家には俺たち兄妹だけでした。

妹が俺の部屋に入って来て「お兄ちゃん、オナニーて何?」と聞きました。
オナニーについて知らなくて、友達にバカにされたらしく、俺は「赤ちゃんを作る精子が溜まったのを、男の人が自分で出すこと」と答えました。

妹は「どうやって?」と聞くので、「オチンチンをしごくんだよ」と答えると、妹は「お兄ちゃんしたことある?」と聞きました。

「あるよ」と答えると、妹は「やって見せて」と言いました。

「いいよ」と言って俺はズボンとパンツを脱ぎました。

まだ俺のチンポは立っておらず、俺は妹にチンポを見せて「これが普通の状態。大きくならないとオナニー出来ないんだ」と言いました。

妹は「どうしたら大きくなるの?」と聞くので、俺は「女の人の裸を見たら大きくなるんだ」と言い、妹に「スカートを捲ってみな」と言いました。

妹は「こう?」と言って、スカートの裾を両手で持ち上げ、白でイチゴ柄のパンツが露わになりました。
俺は妹の足元にしゃがみ、妹の脚を撫でました。

妹は「なんで触るの?」と聞くので、俺は「男は女の人の体に触ると興奮するんだ。ほら、大きくなってきた」と言い、固くなり鎌首をもたげ始めたチンポを妹に見せました。

妹は「オナニー出来る?」と聞くので、俺は「もっと固くならないと」と言い、今度は妹のTシャツを捲り上げ、胸に舌を這わせました。

妹は「くすぐったい」と言ったので、俺は「女の人は男の人に触られてると気持ち良くなるんだ」と言いました。

妹は「固くなった?」と聞くので、俺は「触ってごらん」と言い、妹の手を取ってチンポを握らせました。

妹は「わあ、固くてあったか~い」と言いました。

俺は妹の手に俺の手をあてがったまま「しごいてごらん」と言って、手を前後に動かしました。

そして妹の唇に口づけしたり、妹の手から自分の手を離し、妹の胸をまさぐったり、パンツをずらしてお尻やアソコを撫でました。
そして妹のTシャツを脱がし、上半身裸にして俺の前に跪かせました。
俺は自分でチンポを激しくしごくと、熱いものがこみ上げてきて、白い液が勢いよく飛び出し、妹の顔から胸にかかりました。

妹はびっくりして、しばし呆然としてました。

俺は「これがオナニーで、今出たのが精子が入った精液だよ」と言いました。