僕は一度でいいから我が妻が他の男に抱かれることをいつも想像していた。

結婚当初は考えもつかないことであったが、子供ができ成長しマンネリ化した頃からいつの間にかそう考えるようになっていた。
しかし妻は厳粛な家庭で育ったせいか、貞淑で堅物でテレビなどで見る不倫や浮気などはまるで別世界のように考えていた。
35歳になると身体の線は少し崩れてきたが、女の魅力はますます磨きがかかってきたと思う。
髪はセミロングヘアで顔は童顔だが綺麗だ。
背は163センチと普通で決して太っていない。
同僚や友人は美人で色気があり羨ましいと妬む。

そんな妻を誰かに抱かしてみたいという考えは異常であり、変態かも知れない。
でも実際に妻の仕草を見ているとそう思ってしまうのだ。
これが愛の究極というのは大げさな考えなのだろうか。

僕が仕事の関係で都内へ出張することとなった、支店長会議だ。
妻のそのことを告げると珍しく一緒に行きたいと言う、久しぶりに東京へ行きたいと言い出した。
子供は親に見てもらい、何年か振りに妻と二人きりで出かけることとなった。
僕は心の底で考えていたことを実行に移してみたくなり色々と考えぬいた。
そこで思いついたのは出張ホストなるものが東京に存在することを知ったのだ。
電話をして事情を説明し、僕の気持ちを理解してくれた店の方は運良く良心的で、こんなアイデアを教えてくれたのだ。

「まずホストということではなくマッサージを呼ぶということで部屋に入れ、奥さんの出方を試してみてはどうか」と。

たまたま性感マッサージの修行をしている男性がいるとのことで、綿密な打ち合わせをしてついついOKをしてしまった。

想像から現実へ・・・。
僕はその日から毎日悩み続けた。
お願いしたものの、イザとなれば出来るはずなどないと自分に言い聞かせた。
何も知らない妻は東京で何処へ遊びに行くか、何処へ買い物へ行くかと楽しみにしていたのだ。

そしてとうとう、その日が来た。
予約しておいた有名ホテルへ着いたのは夕刻、部屋は奮発しスイートルームを取っておいた。
二人で豪華な夕食をして妻にはワインを何杯も飲ませると大喜びであったが、僕はこれから起こるとんでもない事態を想像すると一向に酔えなかった。

そしていよいよ、打ち合わせ通りの計画を実行することとなった。
僕たちは部屋に戻りくつろいでいた。
そして、妻に風呂に入るようすすめた。
何も知らない妻は言うとおりにシャワー室へ入っていった。
定刻通り部屋の電話が鳴った。
打ち合わせ通りだ。

僕は湯船につかっている妻へこう告げた。

「マッサージを呼んでおいたけど急に明日の支店長会議へ出席する同僚と合うことになったので君が僕の変わりに揉んでもらうように」と。

そして終わったら地下にあるバーにいるから来るようにとつけ加えた。

妻は安心して「ええ、いいわよ」と返事してきた。
きっとマッサージというから老年のおばさんか、おじさんと思ったことなのだろう。
僕は妻を残して部屋を出ようとした、これから起こることを期待して。
本当に妻はその男に抱かれるのだろうか、あり得ない、いやわからない、もう今更後悔しても仕方ない。
そう決心して部屋を出ようとしたとき、スイートルームだけに部屋は二部屋の続きとなっており、ベッドのある寝室の隣りの奥の窓際のカーテンが厚く垂れ下がっていたのを目にした。

ひょっとしてここに隠れていたら分からないかも知れない・・・と。

部屋を出るつもりが僕はその薄暗い隣室のカーテンの裏へ隠れてしまった。

(とんでもないことをしようとしている・・・。)

口が渇き心臓が早鐘を打つ。
妻がシャワー室から出てきて鼻歌を歌っている。
僕が隠れていることなど考えもなくいるのだ。

息を殺してジッとしていることが苦しかった。
でも今更出ていくわけにはいかず隠れていることがバレないことを祈った。

しばらくして部屋のドアがノックされた。
いよいよだ。
妻は濡れた髪を頭に巻きバスローブを着てドアの前に立った。

「マッサージです」という声を聞いておくびもなくドアを開けた。

そこに立っていたのは妻の想像する年老いたマッサージ師ではなく同年代のスラリとした男だった。
妻は動揺していた。
バスローブの襟元に手をあて狼狽していた。

「あのお・・・本当にマッサージ・・・の方ですか」と後ずさりすると、男は穏やかに「ええ、そうです。ご安心ください」と妻を安心させようと丁寧に挨拶をした。

「予約を受けていたもので・・・。もし、私でまずいのであれば帰りますが」

その言葉に妻は逆らえないと思ったのか、

「主人が受ける予定でしたの、でも急用ができて・・代わりにわたしがするように言われてます」
「分かりました」と男は完全に部屋の中に入ってきた。

もうそこは男と女だけとなってしまった。

二人は隣のベッドのある方へ歩いていった。
身動きも出来ないほど身体を硬直していた僕は見つからなかったことに安堵した。

「それじゃあ、横になってください。それとバスタオルを一枚、お借りします」

男の事務的な口調が聞こえた。

「はい、いいですよ」

それからしばらく無言の時間がたった。
隣りで何をしているのか分からない。

「ああ、気持ちいい」

妻の声が聞こえた。

「凝っていないようで凝っているものなんですよ」

どうやら普通のマッサージのようだった、安心した。
だが、この男は確かに性感マーサージの修行中と聞いたが・・・。

「上向きになってください」

そう声が聞こえた時・・・

「あう・・・何を・・するの、止めて・・・お願い」

妻の驚いた声がした。

「待って・・何にをするの」

いよいよ男が行動に出たのだ、それを聞いた僕は全身に震えが走った。
とんでもないことを計画したことを後悔した。

「奥さん、静かに、静かにしてください」

低い男の声が妻をなだめている。

「あう・・・」

妻の泣き声とも聞こえるような呻きがますます僕を震わせた。

一体、何をしているのだ。
カーテンの裏から飛び出していきたい衝動にかられた。
そして妻の声がしなくなった、まさか殺されているのでは・・・。
そう思うといても立ってもいられなくなりカーテンの裏から這いだして仕切のない隣室の壁つたいを忍び足で近寄って見た。

なんとベッドの上では妻が男に組み伏されて涙を流していたのだ。
イヤイヤと顔をふり必死の抵抗をしていた。
だが男は諦めずに妻の顔を追いかけキスをしようとしてる。
無言の戦いが繰り広げられていた。

やがてキスを諦めた男は妻の首筋から抵抗ではだけたバスローブから覗く乳房に舌を這わせた。
妻の一番感じる性感体だ。

「あん、いや・・・」

妻は男との抵抗に疲れたのか、それとも感じてきたのか、前ほどは抵抗をせずに男にされるがままになっていた。

「ねえ、おねがい・・それ以上はやめて欲しいの」

幾分、声も冷静になってきていた。
男はうん、うんと頷いて妻を安心させた瞬間だった。

妻の唇を奪ったのだ。

一瞬のスキをつかれ奪われた妻の唇は、男の顔の下でイヤイヤ抵抗を見せていたが、次第にそのキスを受け入れ始めたのだ。

「あう・・・」

微かな呻き声を上げると抵抗を止めて二人は長いキスを続けたのだ。
始めてあった男とこんなに長いキスをするなんて、一体妻は・・・。
時おり男が顔を上げるとその顔を妻が追いかけキスを求めたのだ。
妻の頭を男の腕が支え、妻の腕は男の首に巻かれ、まるで恋人のように二人は激しいデイープキスを求め合っていた。

男の手が妻のバスローブを解いた時、

「・・・お願い・・暗くして・・」

妻の甘い声がした。
覚悟したのか、それとも男のテクニックに魅入られたのか。

その光景は信じられないものだった。
あり得ない、あってはならないことが僕の目の前で行われようとしていた。
全て僕自身が仕組んだことにせよ、こうも簡単に貞淑であったはずの妻が初めて会った男に抱かれようとしていることに。

部屋から部屋へ移る壁にそってまるでスパイのようにして覗き込む僕は一体何をしているのだろうか?
そう思いながらも見たい好奇心と見つかってはとんでもないことになる不安が入り交じっていた。
喉はカラカラに乾き、足下から微かな震えが伝わってくる。

男の性感マッサージというのは一体何がそうなのか。
これでは半ば強姦ではないか、そんな怒りを抑えながら固唾を飲んで覗き続けた。

男は妻の言うとおりベッドランプの光を落とした。
薄ぼんやりと暗くなった部屋ではこれから何が起こるのだろうか。
妻が仰向けになり男を待ち受けていた、男は観念した姿の妻を見て衣服を脱ぎ始めた。
まるで二◯代のような若々しい肉体がそこにあった。

妻を抱き寄せ舌を丁寧に丁寧に首筋から豊満な乳房へ這わせていく。
そして、男の右手は妻の太ももをまるで羽毛のように撫でている。
バスローブの前が割れてパンティだけの姿が見えた。
妻は足の付け根を恥ずかしそうによじり微かな抵抗を見せていた。
男の手が妻の腰の壺のような場所を見つけて押しつける。

「ああ・・・だめ、そこ」と聞き慣れた声が部屋に響く。

脚が微かに開く。
まだ僕以外の男が進入したことのない秘密の場所へ男の指が入ろうとしていた。

「だめ、そこ、変になりそう・・」と哀願に近い嘆き声だ。

男の中指が妻の脚もとが緩んだ瞬間を見計らって一気に奥深くまで進入したように見えた。

「うそお・・・そんなあ・・・」

妻の脚がくの字に曲がり、男の進入を簡単に向かい入れたのだ。
その間、男は妻の身体全体を執拗に舐め続けていた。
左手は妻の乳房を揉み身体全体を使って奉仕し続けていたのだ。

次第に妻の嗚咽が高くなっていく。

「もっと、もっと、ああ・・・そこ、そこが・・いいの・・・」

男はまるで勝ち誇ったかのように目を閉じている妻を見下ろし、妻の手を取るとトランクスの高く張り上がった中へ誘導した。

「すごい」と妻は驚嘆した。

男はトランクスをずり下ろし、巨大になった肉棒を妻の口めがけて要求したのだ。
妻は一瞬ためらいを見せた。
そう、初めて会った見知らぬ男のモノなどそう簡単に舐めるはずはない。

(舐めないでくれ!)

その願いも虚しく、自ら積極的にまるで美味しいものを頬ばるように可愛い口の中に収まっていったのだ。

(嘘だ、嘘だろ、あの妻が・・・そんなことを・・・。)

二人は覗き込んでいる僕に気づこうともしない、快楽の世界へ入り込んでいたのだ。
妻の顔が男の股間の下で上下に動く。
その動きに合わせてセミロングヘアの髪がゆさゆさと震える。

なぜそこまで積極的にするんだ。

「奥さん、そこ、そこがいい」

男が顔を上げて呻く。

「ここ?ここがいいの?」

妻の甘い声がする、何ていう女なのだ。

「そう、そう、そこが・・」

男はお返しとばかり妻のパンティを脱がせ淡い陰毛をかきわけ顔を埋めた。
何て言うことだ、シックスナインをして・・・。
妻の大きく開いた脚が僕の壁方向に向く、男の頭が妻の奥底を舐め始めた。

「ああん、あ、あ、あ、あ」と男の巨大棒をくわえながら妻が呻く。

なぜ、いきなりなのにこうなるのだ。

飛び出して行って二人を殴りつけたい心境だった。
でも、すべては僕が仕組んだことであり、惨めな結果は見え見えだった。

それにしても妻の大胆さには驚かされた。

積極的なのだ。
男に身体を開き言うなりになっている。
男が陰部を舌先で舐め上げると妻はくわえていた肉棒を吐き出して呻く。

「ああう、すごい、すごく、いい」

男が向きを変え唾液で濡れた妻の唇を再び奪う。
そして、しつこいほどのキスが続く。
その間男の中指が妻の中に押し入り暴れ回る。

「あうう・・あう・・ん・ん」と、快楽に身を委ねた妻の顔が苦しそうな表情ををしたいや、苦しんでいるのではない、悦んでいる顔なのだ。
「ねえ、もう我慢できない、い、れ、て・・・」

と男にせがむ。
男は妻を後ろ向きにさせ真っ白なお尻を上げさせた。
妻は顔を枕に押しつけ男が入ってくることを待っているのだ。

「あう・・・ああ・・・」

か細い嗚咽が聞こえた。

男が濡れそぼった妻の肉穴へ一気の挿入をしたのだ。

「う、う、う、う・・。あ、あ、あ、あ」

と男の律動に合わせて妻は声を上げる。
ピタピタという妻のお尻を男の肉棒がぶつかり合う音が部屋中に響く。
男が動きを止めた。

「お願い、止めないで、そこ、そこすごく気持ちいいの」

と妻から腰をひねり男のモノを求める。
男は意地悪く妻の求める肉棒を引き抜いたのだ。

「ええ、どうして」

そう振り向く妻を今度は上向きにさせ騎乗位の姿勢をとった。
妻は素直に男の上に跨り自分から男のモノを支えて深々と挿入させたのだ。

「わあ、すごく奥まで・・・」

妻は男の肉棒の長さを確かめるようにして奥まで入れると腰を上下に振り始めたのだ。

「あう、あん、あん、あん」と男の両手を握りしめ激しく腰を使い始めた。

「だめだ。奥さん、そんなにすると出ちゃう・・・」

男が始めて口を聞いた。

「いいの、出して、大丈夫だから出してえ・・・」

ふざけるな、デキてしまったらどうするんだ。
そんな僕の不安をよそに妻は崩れるようにして男の胸に倒れたのだ。

「ああう、いくう・・・一緒にいってえ・・・」