私が小学6年の夏休みに、父方の祖母が亡くなりました。

祖父母の家は田舎で、店なども少ない所でした。
なので、長女家族(叔母家族)、長男家族(うち)、次女家族(伯母家族)、全てが祖父母宅に数日間宿泊しました。
叔母には、私の2つ上の長男Hと、私と同い年の長女Rが居ます。

Rは性への関心があったらしく、二人きりになったときに「ねぇ、A(私)ってさぁ、大人になったら男の人とエッチしたいと思う?気持ち良いらしいけどさぁ、ほんとなのかなぁ~?」と聞いてきました。
私は当時、(エッチってなにをするんだろ?何が気持ち良いんだろ?)程度の関心しかなかったので、「はあ・・・?」と答えておきました。

それから一年後、夏休みにまた皆が集まりました。

Hはもう中学3年。
ムラムラする年頃です。
おまけに、Hは昔から少し悪戯好きでした。
ちょっとSっ気があったのかもしれません。

ある日、私はHに少し歯向かってしまいました。
私の弟はいつもHの味方です。
Hと弟は布団の中に隠れた私にコチョコチョをしてきました。

私は必死に敷き布団と掛け布団の隙間を塞ごうとしましたが、首や脇をくすぐられていて力が入りません。

「きゃはははははははは!!!やめてって!こちょばいいっ!!はは!!!ちょ、マジや、きゃははっ、めて!!」

どれだけ言っても聞きません。

その時です。
Hの長い手が、私の胸を擦りました。

「・・・!?」

すると、擦る→揉むと変化しました。

(おかしい・・・わざと?)

そう思いながらも、弟による首への刺激が強く、「ひゃあっ」という声は「きゃはははははは!!!」としか出ませんでした。
それを聞いたHは、「喜んどるやん」と言い、私の乳首を摘みました。
更に手はアソコに・・・。

腰掛けを擦られ、アソコを(服の上から)触られ・・・。
その後、コチョコチョ攻撃が終わり、Hのお触りも終わりました。

あれからもうすぐ一年。
私は、Hと会うたびに“次は犯されるのでは”という恐怖が頭をよぎります。

でも、案外犯されてもいいかも♪