俺、21歳の美容師の見習い4年目。
高校卒業後、上京して美容師を目指したのは純粋な憧れ+女にモテたいから。

自分で言うのもなんだけど、ハッキリ言って女好き。
見た目も性格もロンブーの淳に似てるって言われてる。
まあ、簡単にいうと口が上手くてスケベなサディストってところかな。

今は、セフレが2人いて一人(名前は結衣)はバイセクシャルで対等、二人で色々なプレイを試してる。
もう一人は年上で財布で奴隷(結衣と一緒に苛めてる)に近いかも・・・。
特定の彼女はいない。

まだ見習いだから未だにシャンプー係をやってるんだけど、正直、仕事がきつい・・・。
給料安いし、そのくせ大変だし、仕事終わってから夜遅くまで練習、んでもって服に金かかる←まあ、これはいいけど。

どんなにキツくても「いつかは自分の店持つんだぁ!」っていう夢を糧にして頑張っているけど、それ以外にも邪な動機がある。
それは、シャンプー終わった後にお客様の頭をタオルで拭くときなんだけど、いわゆる敏感なコって、耳を拭くときに感じちゃうわけ。
本人はバレないように我慢してるんだろうけど、こっちからはバレバレ。
特に、経験の浅そうなコや清楚なコなんかは、ちょっと強めに刺激してやったりして、その反応を楽しんでる。
だから、自分のタイプの女の子をシャンプーできるときは、いつもチンポ起ちそうなの我慢してるわけ。
けど、まあ、あくまで客と店員だから、さすがの俺も店で口説くわけもいかず、手を出したことは一度もなかったけどね。

そんなある日(一年半くらい前)、俺のめちゃくちタイプの女の子が店に来た。
有名人でテレ朝の大木優紀アナみたいな感じ(地味好きだってよく言われるよ・・・)で、巨乳。
推定プロポーションは155cm、42kg、82-58-??(ヒップ少し大きめ)のアンダー65のDカップくらいかな。

(俺にシャンプーの担当回ってこないかぁ~)なんて、いつもは忙しすぎて考えてないんだけど、この時ばかりは祈ったね。

耳のことも忘れて、このコと話してみたかった。
一目惚れに近いよね。

けど、その日は、ハズレ。
落ち込んで、その後の仕事にも影響しちゃったことを覚えてるよ。

お客様の中には、いわゆる一見さんも多し、彼女もそうなんだろうなって諦めてた。

そしたら、その彼女、もう一回来たわけ。
そして、そのときは見事に担当ゲット!
シャンプーの間は、今までの経験を駆使して(必死さを隠した)必死のトーク。
勿論、客と店員という関係を前提にして結構イイ雰囲気になった。

彼女のプライベートもソコソコ聞きだすことに成功。
聞いた話によると、名前は加奈子ちゃん。
歳は俺とタメ(当時19歳)、東京生まれ東京育ちで、文学部大学生(東京六大学だったよ)で、彼氏あり(サークルの先輩)、サークルは天体観測のサークルだって。
大学生活のこととか、付き合い始めたばかりの彼氏が頼れる男で優しいとか、楽しいそうに話してた。
そこのところは、高卒のコンプレックスもあって、内心ちょっとムカついた。

そして、シャンプー後の耳拭き。
ハッキリ言って、加奈子ちゃんとの話しに夢中になりすぎてたこともあって、そんなのこと忘れてて、普通に耳を拭こうとした。
けど、俺が耳に触れた瞬間、加奈子ちゃんの方がビクって動いて、鏡の中の彼女を見たら、少しアゴが上がって、目を閉じて眉間に少し皺を寄せてた・・・。

明らかに感じてた・・・。

それを見た俺は、いつもの調子に戻って、いつもより長めに耳を拭いた。
その間も、加奈子ちゃんは目を閉じて眉間に皺を寄せて、何かを我慢してるって感じ。
その夜は、奴隷の方を呼び出して、加奈子ちゃんの表情を思い出しながら、めちゃくちゃに責めたね。

それから、加奈子ちゃんはうちの店の常連になって、その後、もう一回シャンプーする機会があったし(そのときも耳で楽しませてもらったよ)、シャンプーの担当じゃなくても、挨拶してもらえるようになった。
正直、加奈子ちゃんとやりてぇ~って思ったけど、あくまで客と店員だし、お店以外では接点ないから、店で口説くわけにも行かず、ずっと奴隷で我慢してた。

そんな俺に千載一遇のチャンスが巡ってきた。
休みの日にバイでセフレの結衣とデートしてたら、なんと向こうから男と一緒に加奈子ちゃんが歩いてくる。

「加奈子ちゃん!」って声をかけたら、向こうも気づいて、「Sさん!」って言って、立ち止まって、ちょっと世間話。

彼氏とデートだとか、お互いの連れの紹介とかして、なんか夕方だったし、一緒に飯でも食おうかってことになった。
飯食いながら、加奈子ちゃんの彼氏とも話ししたんだけど、俺からすると頼れる男って言うより草食系の弱っちい男に見えた。
身長こそ、180cmくらいあるけど、痩せ型だし、色白だし。
まあ、なんか博学みたいだけど(有名国立大学だってよ、サークルもその大学のサークルなんだって)、加奈子ちゃんには、そういうのが頼もしく見えるのかね、俺には理解できん。
まあ、そいつが居たのもあって、その日はメールアドレスの交換さえできなかったんだけど、なんと結衣が番号を交換してた。

バイの結衣も加奈子ちゃんのことがかなり気に入ったらしく(こいつも基本サディストだからね)、二人で一緒にやっちゃおうかって話になった。

幸い、都合の良いことに加奈子ちゃんは俺たちが付き合ってると思っているらしく、結衣が「S(俺)と加奈ちゃんと私(結衣)の3人で、飲みに行かない?」って誘ったら、全く警戒せずに二つ返事で誘いに乗ってきた。

俺たちは、俺の家の近くにある居酒屋の完全個室を予約した。
問題は、加奈子ちゃんが、彼氏を連れてくるかどうか。

「3人で飲もう!」って誘ってものの、彼氏を連れてくる可能性は十分ある。

そして当日、加奈子ちゃんは一人、紺のリクルートスーツで現れた。
就職活動の帰りだそうだ。

飲み始めると、出るわ出るわ加奈子ちゃんの愚痴。
最近、ストレスが溜まっていたのか、勧めなくても自分からの飲むし、意外とお酒も強いみたい。

色白の頬を赤く染めながら、「彼氏、就職してから、相手してくれないくて・・・」とか、「私も就活で忙しくて」とか。

「出版社狙ってるけど、今のままでは厳しいとか」に始まり、「結局、私って能力ないんですよ」とか、言い出した。

ちょっと面倒臭いけど、テンションは落ちずに、むしろいつもより高いし、まあキチンと持ち前の爽やかさも残してて、「Sさんは、自分の夢をしっかり持って、それに対して努力してて、尊敬できるし、私も頑張らなきゃ!」とか言ってくれるので、結構可愛かったりする。

そして、さらにテンションを上げるべく、ゲームを切り出してみた。
どんなゲームかというと、コインゲームで、2つの中身が見えない袋(イエスとノーの2種類)と、3人がそれぞれ100円玉を用意し、一人が質問を出し、その質問に対してイエスならばイエスの袋に、ノーならばノーの袋に、3人それぞれが順番に100円玉を握った手を入れ、百円玉を袋に残すというゲーム。

例えば、「キスしたことない人」って言う。
イエスに200円、ノーに100円入ってたら、キスしたことない人が一人いるってこと。

ちなみに、俺と結衣はグル。

最初は、恋愛系の「小学生で彼氏がいた」とか「告白されるよりも、するほうが多い」とかだったけど、そのうち上がっていくテンションとともにエロにシフト。
このゲームで、興味深かったのは、「生が好き」って質問に対して、イエスに300円入っていたこと、あと「どちらかというとM」って質問では、イエスに100円。
(俺と結衣はSだから)。
このときの、加奈子ちゃんの表情は、欲情を誘ったね。
酔いで火照った頬を更に紅くして恥ずかしがってた。

このゲームでわかった加奈子ちゃんの情報は・・・。

「彼氏のHに満足してない」
「初体験は中学のとき」
「彼氏以外の人とHをしたことがある」
「二股をかけられたことがある」
「Hのテクに自信がない」
「好きになったら、尽くすタイプ」
「経験人数は3人以内」

結構意外な答えもあったが、野外、おもちゃ、露出、SM、レズなどの変態セックスの経験はなかった。

宴もかなり盛り上がったところで、先ず俺がトイレに立った。

ここからが、結衣の出番。
加奈子ちゃんは結衣がバイであることを知らず、完全な無警戒。
そこで、先ずは結衣がさらにオープンな下ネタで加奈子ちゃんの官能の扉をノックする。
ここからは、結衣に聞いた話を元に想像しながら書くよ。

結衣「加奈子ちゃんの性感帯どこ?」

加奈子「どこかなあ?」

結衣「耳でしょ?」

加奈子「ええっ!なんでわかるんですか?」

結衣「あいつ言ってたよ。耳拭くときに加奈子ちゃん感じてるみたいって」

加奈子「うっそ~、恥ずかしい」

結衣「彼氏は耳、責めてくれないの?」

加奈子「うん、あんまり」

結衣「彼氏とどんなセックスしてるの?」

加奈子「普通です」

結衣「不満足?」

加奈子「・・・うん、ちょっと・・・」

結衣「加奈ちゃんから、彼氏を気持ち良くしてあげれば、彼氏も色々してくれるんじゃないの?」

加奈子「そうかな?」

結衣「そうだよ。私が色々教えてあげよっか?」

加奈子「ええ~~~」

結衣「じゃあ、キスからね」

加奈子「ちょ・・・んっ」

というわけで、元々加奈子ちゃんの右隣に座ってた結衣は、強引に加奈子ちゃんの唇を奪っちゃったわけ。
最初は戸惑いから抵抗できなかった加奈子ちゃんも、そのうち気持ちよくなって抵抗できなくなっちゃったみたい。

唇塞がれて「んんっ」って言いながら、イヤイヤって感じで顔を横に振ってたらしいけど、弱々しくて、とても左手だけで加奈ちゃんを抱き寄せる結衣さえ突き放せないような抵抗。

結衣は調子に乗って、右手を加奈子ちゃんのリクルートスーツのタイトスカートのスリットからスカートの中に侵入させ、マンコを刺激。
加奈子ちゃん思わずビクついて「んんっ」って声が漏れたらしい。
加奈子ちゃんも左手で結衣の右手を押さえたけど、動きは抑えることができず、段々身体の力が抜けて、結衣に押し倒された。

倒した後は、結衣の首筋攻撃に加奈子ちゃんは声を我慢するのに必死で、マンコは完全無防備状態。
結衣は、加奈子ちゃんのパンスト破り、さらにパンツの裾から一気に指を侵入。
加奈子ちゃんは、声を我慢するのに必死でされるがまま。

結衣の高速指ピストンが始まると声も我慢できなくなって、思わず「あぅっ!」って、それからはリクルートスーツの袖を自分で噛んで我慢してた。

これぐらいから、俺も部屋の前まで戻ってきて、ちょいちょい部屋の中を覗いて終わるの待ってたんだけど、リクルートスーツの袖噛んでる加奈子ちゃんの姿はエロかったね。
こういう表向き清楚なコって、レズってるところ見られるほうが恥なんだろうね。
まあ、俺たちにとっては好都合だし、苛め甲斐があるけど。

結衣の高速指ピストンはまだ続く。
加奈子ちゃんは、右手の袖を噛んでて、左手は結衣の手を押さえるのやめてたんだけど、再び結衣の肩辺りを掴んで、段々その握力が強くなってきたと思ったら、加奈子ちゃんの身体がビクンッビクンッ!って2、3回跳ねた。
どうやら逝っちゃったみたい。

それからしばらくして俺も部屋に戻ったんだけど、加奈子ちゃんのテンションは一気に下がって、ずっと俯きっぱなしだった。

さて、ここからが困った。
予定ではエロエロになった加奈子ちゃんを俺の部屋に連れ込んじゃうはずだったんだけど、このテンションだと今にも帰りそうな感じ。
やっぱ、経験の浅い加奈子ちゃんには、レズはきつかったみたい・・・。
エロ話にもほとんど反応なし。
話しかけた時に、無理に見せる笑顔が俺たちの加虐心を煽るけど、それもこっちのフィールドに引き込まないと消化不良に終わってしまう。
こっちは、レズって逝っちゃった加奈子ちゃんのあの悩ましげな官能の表情を見て、チンチンがビンビンなのに・・・。

ここで終わったら、たまったもんじゃない。
もうここは、泣き落とししかない。

というわけで、もう一度結衣に活躍してもらうことにした。
加奈子ちゃんがトイレに立つと、結衣がついて行く。

ここからも、結衣に聞いた話を元に想像しながら書くよ。

結衣がトイレに入ったら、加奈子ちゃん個室で泣いていたそうだ。
閉まっている個室は1つだったので(多分、女子個室が1つなんだと思う、見られないから知らんけど)、そこに加奈子ちゃんが入っていることは間違いないが、ノックをしても、呼びかけても反応なし。
ここから結衣の説得(芝居)が始まる。

結衣「加奈ちゃん、大丈夫?」

加奈子「・・・」

結衣「加奈ちゃん、さっきはごめんね。ビックリしたよね」

加奈子「・・・」

結衣「もうわかってると思うけど、私レズなんだ」

加奈子「・・・」

結衣「嫌だよね、レズなんか。そうだよね、今まで女の友達できたことないし・・・(大嘘)」

加奈子「・・・」

結衣「加奈ちゃん、優しいから調子に乗りすぎちゃった・・・ホントにごめんなさい」

加奈子「・・・」

結衣「加奈ちゃんとなら、友達になれるかな~って思ったのに、いつもこうなるってわかってるのに、自業自得だね。・・・ホントにゴメン・・・(嘘泣)」

加奈子「・・・」

結衣「せっかくの飲み会、台無しにしちゃってゴメン。私、帰るから、S(俺)と一緒に飲み会続けて・・・(嘘泣続)」

加奈子「ちょっと待って!」

結衣「・・・」

加奈子「こういうの初めてだったから、ちょっとビックリしちゃって・・・」

結衣「ゴメン・・・加奈ちゃん、拒否しないから、大丈夫なのかなって思っちゃって・・・怖くて何も言えないだけだったんだよね・・・わたし、そんなこともわかんない馬鹿でゴメンね」

加奈子「私こそゴメン。こういうのって偏見だよね」

結衣「そんなことないよ。そういうの慣れてるし、もっと酷い目に遭ってるし(遭わせてるのはお前だよ)、加奈ちゃんに甘えちゃってゴメンね」

加奈子「ゴメンなさい。私、そういう趣味なくて・・・友達としてなら大丈夫なんだけど」

結衣「まだ、友達になってくれるの」

加奈子「うん、けど、さっきのことは忘れて、お願い」

結衣「うん、わかった。さっきは本当にゴメンね」

みたいな会話だったらしい。

結局、なんとか飲み直しに持ち込めたけど、家に連れ込むにはちょっと厳しい状況。
そこで、使った作戦がDVD作戦。
よくナンパで使う手ね。

レンタルビデオ屋で「そのDVD、俺の部屋で一緒に観ようよ」って、ありえないと思うけど、意外とゲット率は高い。

下ネタは止めて、好きな映画の話に持ち込み、じゃあ、今晩2~3本の映画を俺の家でオールナイトで3人で観ようぜ!みたいな話にしたら、何とかOKがでた。
ホント、文章に書くと簡単だけど、ここまで来るのに大変だったよ。

家に着いたのが、10時半くらい。
途中ツタヤによって、DVD借りた。
何を借りたかなんてどうでもいい。
とりあえず、お酒も買って、家に入ったら、DVDそっちのけで、飲み直しを始めた。

話は、再び下の方向へ。
けど、加奈子ちゃんは、レズのせいで、結構引き気味。
そんなとき、結衣がとんでもないことを言いやがった。

「あのねえ、Sってホモなんだよ~」
「私ら、ホモとレズの変態友達同士なんだ~」

(おいおい!ちょっと待てよ。)って感じ。

けど、このままじゃ、帰られるし、一か八かで乗ってみた。

「色々、お互い大変だけど、いつも、こうやって飲みながら、慰めあってるよな」みたいなこと言っちゃったりして、さらに、ありもしない恋愛話とか苦労話を二人で言い合ってみた。

これが、加奈子ちゃんには効いたみたい。
真面目で優しいから、涙節に弱いんだね。
段々、心を開き始めて、加奈子ちゃんから恋愛話とかし始めた(このときには、すでにDVDは無視)。

そのうち、上手く下の方向にシフトして、色んなこと聞き出しちゃったよ。

経験人数は3人。
一人目は、高校のとき、好きな人とだけど、加奈子ちゃんの片思いで、付き合ってなかったらしい。
要するに、やり逃げされたわけだ。

二人目は、バイトの先輩で、これも片思い。
飲み会の後に呼び出されて、やられたらしい。
加奈子ちゃんは、途中まで付き合ってると思ったらしいけど、二股をかけられていたわけ。
要するにその男にとっては、セフレだったわけね。
都合のいいときに呼び出されてたみたいだ。
その男のときにセックスの快感と逝くことを覚えたらしい。
けど、逝くって言っても、1回のHで多くて2回くらいだって。
俺と結衣からしたら、そんなのHのうちに入んないよ。

そして、今の彼氏。
これが人はいいけど、Hは下手糞。
彼とのHでは、逝けないとか。
だいたい、そこまで聞いたところで、終電も終わったし、俺も結衣も我慢できなくなってきた。

というわけで、二人で加奈子ちゃんを押し倒した。
勿論、暴れて、大声出されるとやばいから、(喘ぎ声とかだったら、隣に聞こえても気にしないけどね)、柔軟体操ごっこに持ち込んで、前屈したところで、右手首と右足首、左手首と左足首を手錠でガチャリ!
手足の聞かない達磨状態になったところで、素早く猿轡を装着。
これで、完璧。

加奈子ちゃんは、「う~~う~~~」言ってるけど、気にしない。

リクルートスーツに左右の手首と足首を手錠で繋がれた大木アナを想像してみて。
そそるでしょ。
とりあえず、記念撮影。
この手錠の使い方のいいところは、手足の自由を奪いながら、足を開くことも出来る。
バックでも正常位でも犯せるわけね。
ストッキングは破っちゃいます。
このストッキング破ってるときの、加奈子ちゃんの顔。
泣きながら、必死で叫ぶけど、可哀想に、「う~~~う~~~~」言ってるだけで声にならない。
ブラウスのボタンも全部外して、パンツも鋏で切って外してあげた。

俺「加奈子ちゃん、居酒屋では、すごい逝きっぷりだったね~」

このときの加奈子ちゃんの表情を描写する文章力がなくてスマン。
ビックリして、目を見開いて、何で知ってるの!って感じの顔。

とりあえず、ベッドに乗っけて、俺が後ろから膝の後ろ抱えて、オシッコの体勢にする。
(この手錠の使い方だと、この体勢の持っていくのがすごく楽)

このとき、ブラウスのボタンは全部外れてオッパイ丸出し、タイトスカートは腹まで捲って、マンコ丸出し。
肌の色は透き通るくらい白くて、キレイ。
ちょっと足を結衣に持ってもらって、おっぱいを試食。
オッパイの形は最高。
弾力もいい感じ。

激しく揉みまくってやると、身悶えながら逃れようと必死に動く。
けど、乳首ひねると、一瞬ビクンって感じちゃうわけ。
しゃぶりついて、噛んでやったら、「うんっ」って声まで出てた。
面白いから、結衣とそんな感じで、しばらく弄ぶ。

さて、ここらからが本番。

先攻は結衣。
先ずは、クンニで責める。
後ろから持ってると、「う~う~」言いながらも、時々ピクって、感じちゃってるのが分かる。
結衣が「加奈ちゃん、マンコ、ビチョビチョだよ」って言うと、必死で顔を横に振って否定するんだけど、再びクンニすると、我慢してるんだろうけど、やっぱりピクって感じちゃってる。

「準備できたよ」って結衣が言うので、攻守交替。

言うの忘れてたけど、俺の自慢はデカチン。
加奈子ちゃんの目の前に持って行ってあげたら、必死で目を瞑って、顔を横に振って「う~~う~~~」って言ってた。
どうやら、このサイズは初めてで怖いみたい。
ホントは、フェラさせたいけど、猿轡してるし、後のお楽しみ。
とりあえず、結衣に頭を抑えてもらって、先っぽを加奈子ちゃんの顔に擦り付けて、本気汁を塗ってあげた。

こっからは、結構乱暴に行く。
加奈子ちゃんは、ベッドで仰向け。
手錠はそのままで、結衣が膝を開いてる。
あんまり使ってないんだろうね。
加奈子ちゃんのきれいな色したオマンコがパックリ上向いてる状態。
そのオマンコに俺のデカチンを強引にぶち込んでいく。
やっぱり、結構中がキツイが、構わず体重をかけて押し込んでいく。
何とか、カリは収まった。

加奈子ちゃんは涙ぼろぼろ流して必死で「う~う~」言いながら、身体揺すって逃れようとするけど、結衣と俺の体重で押さえ込む。
かなり痛いんだろうね。

ここから俺は強引にストロークを開始!
大きくストロークするんだけど、普通にやると抜けちゃうから、加奈子ちゃんのお尻ごと持ち上げて、叩きつける感じ。
叩きつける度に悲鳴に近い「う~~~」が加奈子ちゃんの口から飛び出してくる。
けど、そんなの無視して全部収まるまで、叩きつける。
チンポが収まったら、ちょっと休憩。

この時点で、加奈子ちゃんは抵抗を諦めて「う~う~」泣いてるだけ。

しつこいけど、想像してね。
テレ朝の大木アナ似だから。

ちょっと休んで、ここからは高速ピストン開始。
痛がろうがお構いなしに、パンパン激しく音を鳴らしながら、突きまくる。
加奈子ちゃん「う~う~」泣き続ける。

ここから、いつもは2パターンに分かれる。
ずっと痛くてなき続けちゃう女と、感じ始めちゃう女。
加奈子ちゃんの場合、10分過ぎると、「う~う~」泣いていたのが、「うっうっ」って、俺のピストンと同じリズムになってきた。
つまり、感じ始めちゃったわけ。
こうなったらこっちのもん。

俺も勢いづいて更に突きまくると加奈子ちゃんの声も段々大きくなる。
途中、さっきみたいに尻ごと持ち上げて、叩きつけると「う~ん」ってさっきとは違う甘い感じの声。

そのまま、大きく更に高速ピストンで突きまくると「うっうっ」の声がどんどん繋がってきて、「う~~~~~う~~~~~~う~~~~」みたいになって、ビク~~ンって弓反りになって、思いっきり逝っちゃった。

けど、これじゃ終わらない。
俺、自分でも凄いと思うんだけど、この時点でまだまだ余力あり。
加奈子ちゃんが逝ってしまおうが、引き続き、ガンガン突きまくり。
逝った直後は肩で息しながら、「う~~、う~~~」って言ってるんだけど、それがまたどんどん間隔が短くなってきて、「うっうっ」て言い始めて、また逝っちゃう。
それでもやめないでいると、今度は、逝ってからと次に逝くまでの間隔が短くなってくる。
この辺で猿轡を結衣が外す。

「あっ~あっ~だめ~~~もうダメっ~~あっあつあっあつあ~~~~~~」って逝っちゃう始末。

「お願いお願い、もうダメお願いああ~~~ああ~~~」
「もうやめて、お願い、おかしくなっちゃうぅ~~~~~」
「いくいく逝っちゃうもういや、もう願い。だめぇぇぇええええ~~~」

・・・とかって言われちゃったら、もっと激しくしたくなっちゃうよね。

けど、さすがに俺もそろそろ限界。
仕上げに手錠外して、マングリ返しにして、加奈子ちゃんの足を肩に担いで、完全に上を向いた加奈子ちゃんのマンコにデカチンを垂直に激しく高速で叩き込む。
加奈子ちゃんは声出なくなって、口パクパクの状態。
その口めがけて、思いっきりザーメンぶっかけてやった。

加奈子ちゃんは、逝きすぎて失神してた。