俺36才、ユキ25才、ユキは俺の後輩マサアキの彼女。

年末にマサアキが田舎に帰り、大晦日、部屋に一人でいた俺に、ユキがおせち料理を持ってきてくれ、その時にユキに手を出してしまい、その後、マサアキが田舎から帰って来てからも、マサアキに隠れて逢ってはエッチしていた。
ユキとのエッチはどんどんエスカレートして、バイブはもちろん、アナルSEXや縛りもやっていた。
そんなユキに3Pをさせようと、ユキには内緒で後輩のコウジと計画を立てた。

計画はこうだ。
俺が縛って拘束したユキとエッチしている時に、コウジが登場するという段取りで・・・。
まぁ、計画という程の事でもないんだが。

そして3P当日。
コウジを俺の部屋の浴室に待機させ、ユキをいつものように部屋に呼んだ。

ユキは部屋に入るなり、

ユキ「こっちに来る前に、マサアキからメールが来て食事に行こうって・・・」

俺「ふ~ん、でどうしたの」

ユキ「体調悪いから、家で寝てるからって断っちゃた・・・」

俺「俺とエッチしたいから、彼氏の誘い断るなんて、スケベな女だな」

ユキ「だってそんな風にしたのは、俺さんでしょ!」

俺「ユキ、服脱いで」

ユキ「え~」

俺「いいから早く!」

ユキ「うん・・・」

裸になったユキをベッドにうつ伏せにして、縄で後ろ手に縛り、腹の下に枕を入れて尻を高くし、脚を開かせて足首をベッドの足に縛りつけた。
ユキは上半身うつ伏せで、脚を大きく開き、オマンコと尻の穴を晒していた。
ユキのオマンコを指で開くと、トロッと愛液が溢れてきた。

俺「ユキ、オマンコとろとろだぞ!」

ユキ「いや~」

俺「浣腸してきたのか」

ユキ「うん、俺さんが、お尻ですると思ったから・・・」

俺「本当は、ユキがケツの穴でしたいんだろ」

ユキ「違うもんっ」

俺は、尻の穴を指で軽く撫でてから、ベッドの上にあがり、ユキの顔の前で脚を開いて座った。

俺「ユキ、しゃぶってくれ」

ユキ「うん」

ユキは顔を上げると、チンポの裏筋を舐め始めた。
俺は、ベッドサイドにあるオーディオをオンにして音楽を流した。
それを合図に、浴室から裸のコウジがチンポをいきり立たせて出てきた。
俺は手を伸ばし、ユキのオマンコを指で開き、コウジを手招きした。

俺は、そっとユキの後ろに来たコウジに、口パクと手で“ユキのオマンコにチンポを入れろ”と合図して、俺はコウジが入れやすいように、両手の指でオマンコを目いっぱい開いた。
コウジは、いきり立ったチンポを手で押し下げ、ユキのオマンコにチンポを近づけると、一気に挿入した。
ジュブッと音を立て、とろとろになっていたユキのオマンコは何の抵抗もなく、コウジのチンポを根元まで飲み込んだ。

ユキ「えっ、何っ、ちょっ」

俺はユキの頭を手で押さえ、上半身を起こせないようにしながら、ユキの顔にチンポを擦りつけた。
その間もコウジは、ジュブッ、ジュブッと音を立てながら、腰を使っている。

ユキ「えっ、ちょっ、やだっ、やだっ」

俺「ユキ、知らない男のチンポで、ヤられてる気分はどうだ」

ユキ「え~、俺さん何で~、んあっ、やだっ、やああああ~っ」

俺「ユキを、もっと気持ちよくしてやろうと思ってさ」

ユキ「やああああっ~、アッ、アッ、んあっ」

俺は手を伸ばし、コウジのチンポが入っているオマンコに中指を入れ、鉤型に曲げた指を入れたまま、うつ伏せになっているユキの尻を指で持ち上げるようにして前後に揺すった。

ユキ「いやぁぁぁぁぁ~っ、んぐっ、んあっ、いっ、いっ、やめっ~、やあああああ~」

コウジが腰を使うたびに、俺の指で尻の穴の方に引っ張られて、広がったオマンコからは、ジュボッ、ジュブッ、ブシュッ、と愛液と空気が入り込む音が混ざり、いやらしい音を立てていた。

俺「ユキ、オマンコ気持ちいいか」

ユキ「やっ、やっ、うっ、だめっ、あっん、あああ~」

俺は、ユキのオマンコに入れていた指に薬指を足して二本にして、さらに前後に揺すった。

ユキ「ああああ~っ、こっ、こわっ、れっ、ああっ~、いっいっ、くっ、いっ~くっ、いっくっ~」

ユキは、俺の二本の指と、コウジのチンポをオマンコに入れたまま、よだれを垂らしながら、身体を痙攣させて逝ってしまった。

ユキ「はっあっ、はっあっ、はっ、はあ、はあ」

まだ荒い息をついているユキの後ろ手に縛った縄は解かずに、足首の縄だけを解き、コウジをベッドに仰向けに寝かせ、まだ目の焦点の合わない、ユキをベッドの上にあげて、コウジの上に跨がせた。
コウジは、まだいきり立っているチンポを、下からユキのオマンコに突き立てた。

ユキ「ゃあ~っ、あっ、あっ、あっ、あっ」

コウジの突き上げに合わせて、ユキの口からは声が漏れる。
俺はベッドを離れ、引き出しから、ローション、バイブ、ローターを持ってユキの後ろに座り、ローションをユキの尻の穴に、指でほじくるように塗りこみ、指を抜き差ししながら、尻の穴をほぐしていった。

ユキ「あっ、やんっ、いっ、あっあっ、いいっ」

さらに上からローションをユキの尻の穴に垂らし、指を二本に増やし、捻じるように、指を抜き差しした。

ユキ「ひああああっ~、いいっ、やっ、ああっ~、だっ、めっ、いいっ、いいい~っ」

俺は捻じりながらユキの尻の穴から指を抜き、ローターを尻の穴に挿入して、自分のチンポにローションをまぶし、チンポをユキの尻の穴にあてがい、ズブッと亀頭部分を挿入した。

ユキ「あっ、やっ、あああ~」

そのまま徐々に、根元まで挿入する。

ユキ「いっああああああ~、ああっ、あっ、いっ、ああああああ~」

俺がゆっくり腰を使うと、ローションでヌルヌルになったユキの尻の穴から、ズビュ、ブジョ、ブジュ、いやらしい音がする。

ユキ「いいいっ~、やっ~、あああああ~、ああああ~」

コウジが俺の動きに合わせ腰を使う。

ユキ「いやぁ~、だっ、めっ、ああああ~、あああん~っ」

粘膜一枚を隔てて、俺とコウジのチンポが擦れ、ローションまみれでグジュグジュになったユキのオマンコと尻の穴から、ブジュッ、ジュブッ、ジュボッと、音が出る。

ユキの尻の穴に入れた、ローターのスイッチを入れる。
ユキの尻の穴から、俺のチンポに、振動が伝わる。

俺とコウジは、ピストンを早くする。

ユキ「いいややああああああ~、あああああ~、いいいいい~、くっ~、いっくっ、いっくっ、いくっ、いくっ、ああああああ~、いっくっぅぅぅぅぅ」

ユキは顔を真っ赤にし、全身をガクガクさせ、オマンコから吹いた潮でコウジの股間をグショグショにして、逝った。

俺とコウジはユキを激しく突き、ユキが逝ったのに合わせ、同時にチンポを根元まで突き入れ、オマンコと尻の穴の奥深くに、ビュウ、ドビュ、ドビュ、ドビュウと何度も射精した。