俺が初めてお持ち帰りしたのは24歳の時。

デパート勤務の時、あるメーカーの女の子に色々声をかけたり、話したりできるようになったある日・・・。

「今度飲みに行かない」と誘ったら、「いいよ」の返事。

二人の休み前に予定をあわせて居酒屋へ。

「甘いから飲みやすいよ」とメロンフィズや甘めのカクテルを・・・。

彼女も酔いが回ったみたいで、少しウトウト。

「大丈夫?」
「うん、少し酔ったみたい」
「じゃぁもうそろそろ帰ろうか」
「うん」

店を出て、一緒に歩いている時。

「俺のマンションそこなんだけど寄って行かない?」

ふらふらしてたので肩を抱いて歩きながら言うと「うん」と小さく頷く。

そのままマンションへ。
部屋に入り、ソファへ横たわる。

水を彼女に上げて飲ませると・・・。

「ごめんなさい、ありがとう」
「大丈夫?」
「うん、大丈夫」

ソファに二人並んで座って肩を抱くと、首を俺の肩に乗せて目をつぶっている。
ゆっくり唇を近づけ重ねる。
彼女はじっとしたままでいる。
俺は彼女を抱き寄せギュッと抱きしめた。

彼女の小さな唇の中に舌を滑り込ませる。
すると彼女も舌を絡ませきた。
そのままソファで重なり合い、彼女の服を脱がせ、ブラを外そうとすると、両手で胸を隠しながら・・・。

「私、初めてなの」

ドキッ!

少し沈黙の後・・・。

「いい?」

小さく頷く彼女。

胸を隠した両手をゆっくり下ろしながらブラを外す。
するとブラから形のよい乳房が弾き出る。
仰向けで寝ているのに胸が形良く出てる。
乳房を口にふくみ、舌で乳首を転がす。

目をつぶったままの彼女。
スカートのホックを外し脱がせる。
パンストに手をかけゆっくり脱がせる。
腰を浮かせショーツも脱がせる。
乳房をしゃぶりながら、右手で彼女の秘部を弄る。
少し湿っている。

指を浅く出し入れすると、クチュクチュと音を立てて蜜が溢れ出てきた。

充分濡れたマンコにゆっくりと一物を挿入。
足に力が入る彼女・・・。

「大丈夫、力抜いて、痛くないから」

ゆっくり挿入、痛い顔をしながらも我慢してる彼女。
一気に奥まで突き刺すと・・・。

「い、痛い」
「大丈夫、最初だけだから」

ピストン運動、するとチンポが何かぬるぬるになった感じ。
見ると、鮮血。

解ってたことだけど、ソファに血が・・・。
まぁ水で拭けばある程度取れるだろうし、跡が残れば、彼女の思い出みたいになって、それはそれで良いかと思いながら・・・。

「ちょっと待ってて」と言って、タオルとティッシュを持って行き、あそこを拭いて、タオルを体に巻いて一緒にお風呂に入り、体を洗ってあげた。

お風呂を出て、一緒にベッドに入り2回戦。

「まだ少し痛い」と言いながらも、さっきよりは、痛くないみたいだった。