Nくんが退院して少し経ってからのことです。

入院中にもらったお見舞い金が結構残っているので、どこかに泊まりに行こうということになりました。
Nくんは温泉と言い、私は横浜がいいと意見が合わなかったので、ジャンケンで決めることにし、3回勝負の結果、私が勝ったので、夜景のキレイな横浜のホテルを予約することにしました。
彼氏とシティホテルに泊まるなんて初めてだったので、私はオシャレにかなりの気合いを入れました。
洋服はもちろん、下着も、少ないお小遣いをはたいて、輸入下着のショップに行って購入したりしました。

そして当日、普段はどちらかの家から2人揃って出掛けることが多かったのですが、その日は外で待ち合わせて、食事をしてからホテルに行こうということになりました。
いつもよりメイクも念入りにし、約束の時間に待ち合わせ場所に行くと、Nくんはすでに来ていて、私を見るなり、「・・・なんかA、いつもとちがうな・・・」と、かなりびっくりした様子でした。

「だって、気合い入れたもん」

私が冗談っぽくですが、正直に言うと、Nくんは私の肩をぐっと引き寄せ、「可愛いな。すげぇ可愛いよ」と周りに人がいるのに、抱きしめるようにしました。

私はすごく恥ずかしくて、「ちょっと・・・こんな街中で何するの」と、Nくんの腕から逃れるようにしました。

Nくんは私が照れるのがおかしいらしく、ときどき街中で抱きしめてきたり、キスしようとしたりしたのです。
ただでさえ目立つタイプのNくんにそんなことをされると、私は嬉しさより恥ずかしさが勝ってしまっていました。

Nくんはフレンチのレストランを予約しておいてくれました。
半分個室のようなところだったので、リラックスしてかなりワインが進みました。
普段はあまり酔ったことのない私が気分良くなって、よくしゃべるのがおかしかったのか、Nくんは私を見てずっと笑っていました。

レストランを出て、少し山下公園を歩いたのですが、私は結構酔いが回って、ふわふわとした感じで気持ちよくなっていました。
少し足元がふらついていました。
Nくんはそんな私の腕をとるように歩いていましたが、おかしそうにずっと笑っていました。
彼もかなり酔っていたのでしょうね。

途中でタクシーをつかまえて、ホテルへ行きました。
部屋に入り、客室係が帰ると、私はベッドにダイブしました。

「すごい広いね~」

ベッドの上で足をばたつかせてはしゃいでいました。
Nくんは、横に座って、相変わらずおかしそうに私を見ています。

「楽しい?」
「うん。すっごい楽しいよぉ。だってこういうところに二人で泊まるの初めてだもん。ものすごい嬉しい」
「そぉかぁ。それなら良かった」
「Nくん連れてきてくれてありがとう」

私は起き上がってNくんの首に抱きついて言い、彼の唇に軽くキスしました。

「せっかくだから、一緒にお風呂に入ろっか」

唇が離れたあと、私が言うと、Nくんは、少し驚いたみたいでした。

「・・・おまえ、酔うと性格変わるな」
「え?そう?」
「だって、普段、オレが一緒に風呂入ろうって言っても、狭いからとか、明るいからとか言って嫌がるじゃん」
「・・・たまにはいいじゃん。ねっ。お湯入れてくるね」

私はバスルームに行きました。

バスルームはかなり広くて、シャワーブースも付いていました。
私は、バスタブにお湯を入れると、部屋に戻り、「お湯が溜まる間に、カラダ洗ってあげるよ」と、Nくんの手を引っぱりました。

ベッドに服を脱ぎ捨てるようにして、私たちは一緒にシャワーブースに入りました。
さすがに二人では狭かったのですが、私はシャワーをNくんにかけると、ボディーソープを手にとり、カラダ洗いはじめました。
お尻を撫でるようにしてみたり、背中を洗うときは、抱きついて胸を押し付けたりしていると、Nくんの股間のモノがだんだん硬くなっていくのが感じられました。
私はまたボディーソープを手にとると、今度はNくんのを優しく握り、洗いました。

手を軽く、動かしていると、Nくんが、「Aの手・・・それ洗ってるんじゃないよな・・・。だめだよそんなにしたら・・・」と言います。

「ううん。洗ってるんだよ」

私はシャワーを持ち、Nくんのカラダを流しました。

「はい、終わり。今度はNくんが洗ってくれる?」

私が言うと、Nくんはボディーソープを手にとり、私のカラダにつけました。
はじめは、胸を円を描くように触ってきました。
親指で乳首を弾かれたりすると、それだけで呼吸が荒くなってくるのが自分でもわかります。

「Aってほんと、酒が入ると感度があがるよな」

Nくんの手は、脇腹、お尻とだんだん下りていき、私の足の間にスルッと入ってしまいました。

「あっ・・・んっ」

思わず声が出てしまいました。

「すごいよA、もうぬるぬるしてるよ」

Nくんの指は敏感な突起をそっと指で捏ねています。

「やぁっ・・・!だめぇ・・・」

私はカラダをよじって、Nくんの指から逃れようとしましたが、指の動きは、さらに激しくなりました。

「気持ちいいの?」

指を動かしながら聞かれても、私はうんと頷くことしかできませんでした。

口からは「あんっ・・・あっ・・・んっ、くっ・・・」と声が漏れ続けます。

下半身から力が抜けてしまったようで、私はNくんにしがみつき、カラダを支えていました。
不意に、Nくんは私に壁に手をつかせると、後ろから一気に挿入してきました。

「んんっっっ・・・!」

狭いのであまり動かすことが出来ないので、Nくんの感触がよくわかります。
入れたまま、胸を激しく揉まれると、私はそれだけでイってしまいそうでした。

ほんとはそのままして欲しかったけれど、バスタブを見るともう溢れそうだったので、私は「お湯いっぱいになっちゃった」と彼から離れ、シャワーブースを出ました。